» events » Kakitsubata, Nezu museum, Aoyama, Tokyo

Kakitsubata, Nezu museum, Aoyama, Tokyo

燕子花の屏風絵で有名な根津美術館訪れてきました

ただいま「光琳と乾山」を開催中、庭園の燕子花も見頃との前評判を受けて、今なら間に合うか?!の期待をもってのぞんだものの、ちょっと遅かったようです。燕子花畑は健在でしたが、中の3割ほどは、すでにしおれた花になっていて、ちょっと残念な様子。今年2018年に関しては、連休中がいちばんの見頃だったようです。

それでも、庭園内は新緑が勢いよく芽吹いていて、歩いていてたいへん気持ちのいい空間でした。

燕子花の評判がすごいのか、海外からの観光客もかなりの割合あるようで、美術館は屋内も庭園内も、たいへんな人の入りでした。

毎年この時期ならではで公開している燕子花、いい時期に訪れられる次回であるよう、心掛けたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です