Nomizo waterfall, Chiba trip

PhotoGrid_1469628891830阪神交通のツアー「東京発 濃溝の滝と仁右衛門島・小湊鉄道 空・海・列車一生に一度は目にしたい絶景5景めぐり 日帰り」に参加してきました。

最近SNSきっかけで話題になっている濃溝(のうみぞ)の滝に行ってみたかったのが理由で、日帰りで観光ポイントが充実しているっぽいので参加即決。

曇り空ではじまりましたが、じきに太陽が顔を出す瞬間もあり、観光時間には、ちょっと陽射しが入る瞬間もあり、顔色の変わる景観を楽しむことができました。そもそも清水渓流広場という名前の散策路らしく、今の時期は夕方ホタルの飛び交う、なおステキな空間だそうです。歩きやすく遊歩道がめぐらせてあり、源泉かけ流しの千寿の湯も楽しめる(現在改装中)。時間が許せばゆっくり楽しめる空間です。

PhotoGrid_1469629701157ツアー参加のこの日は、バス(42名/台)は東京発2台+松戸発1台の3台が満席とのことでした。これを連日こなしているスーパー人気ツアーとのこと。絶景ポイント5点を一日でまわれて参加費1万円でおつりがくるのは、コスパ観点でありがたいです。なお、3台が全コースをまるかぶりしないように分散してコースをまわる工夫もあるそうで、同じバスのメンバ以外と遇う機会はごく少なくすみました。

そしてかねてから訪れてみたかった鋸山(のこぎりやま)。鋸山そのものは標高330mと、たいした高さではないものの、奈良時代からある関東最古のお寺、乾坤山日本寺という名のお寺だそう。が、現在見どころになっている、日本一の大仏(昭和44年再現)、百尺観音(昭和41年完成)は、比較的最近つくられたものとのこと。歴史はともあれ、実物拝観時のうわっと感は、ハンパないです(シンプルに大きくて、制作の苦労の大きさを感じます)。そして、鋸山で有名な「地獄のぞき」、ようやく体験できました。地獄のぞきポイントは2カ所ありますが、のぞきポイントそのものよりも、そこをサイドから眺められるからこそ、のぞきポイントに立ったときに、身の引き締まる思いがこみ上げるように思いました。

PhotoGrid_1469628434668その他、仁右衛門島散策(手漕ぎボートで上陸)・小湊鉄道乗車(上総山田駅+++++上総牛久駅)・江川海岸で夕方日没鑑賞(海原電線が見どころ、日本のウユニ塩湖?)などあり、お昼は「ウニとサザエめし」弁当もついていて、日帰り旅行の一日をフルに房総満喫できました。

これほどコンテンツ豊かな旅程を単身で実現しようと思うことはないだろうと思われるほどのびっしり度合いながら、いろいろこなした充足感は、ばっちり味わうことができました。正直いそがしかったです。でも、それぞれの観光スポットを単品で思い返すと、しっかり楽しんだな、と思えるだけの事前情報と時間とをアレンジいただけた、たいへんよく練られたツアーだと思いました。

大人気のツアーのようですが、今後もひきつづき開催予定のようです。お時間ゆるせば、ぜひトライしてみてください☆ オススメです。

Time Capsule

800px-EXPO70_TimeCapsule容器に記念品などをしまってある期間眠らせたあとに開封する「タイムカプセル」、Wikipediaによると、コンセプトはメソポタミア文明にさかのぼることができるほど、古くから実施されていたそうですが、タイムカプセルの名前は1939年のニューヨーク博覧会に生まれたのだとか。こちらでつくられたタイムカプセルの開封予定は、5000年後の6949年。途方もない先のことで、世の中がどうなっているやら想像もつきません。

日本でも1970年大阪で開かれた万博の折につくったタイムカプセルが今も大阪城公園に眠っていて、6970年の開封を待っているのだそうです(今日はそちらの写真をWikipediaから拝借しました)。

さて、前置きが長くなりました。先日、私たちが小学校卒業の際につくったタイムカプセルを開封するイベントを開催しました。小学校を卒業後30年近くなります。連絡の取れない同窓生も多数いました。ご実家経由で本人と連絡を取っていただく等、さまざまな方のご協力のおかげで、こじんまりとした人数ながら集まることができました。互いの近況報告を交えつつ、過日の記憶をひもときながら、まさしく、思い出話に花を咲かせというところ、あっという間のひと時でした。

一般的なタイムカプセルは、地中に埋める(学校の校庭に埋めるのが主流らしい)ようで、湿気等の影響で事故もあるようです。私たちの場合は、屋内保管としていたので、特に困ることなく無事でした。ただ、何人かが何かを吹き込んだと思われるカセットを入れていたあたりに、30年の時間のギャップを痛感。当初は13年後、25歳を想定してモノを納めていたらしいことも発覚。いろいろと感慨深い日になりました。

本件、ご協力いただいた皆さま、そしてご出席くださった皆さまに感謝です。

Yakushima, Kagoshima trip

屋久島を訪れてきました。色味がキレイなので、前回写真を引き継ぎます。PhotoGrid_1468369493176

ツアーの旅程にのっとって、鹿児島港から屋久島宮之浦港まで、のんびりフェリー屋久島2で4時間の旅です。1日1往復だそうです。現在、船内でウミガメの赤ちゃんを飼育公開中、すでにヒトのアタマほどの甲羅に成長していましたが、ちょっと特別な思いができました☆

出港直後は桜島やウミガメを眺めたり、写真を撮ったりと、ワイワイやっていましたが、じきに落ち着くと4時間は長く、読書をするも揺れで気分が悪くなり、若干キツい船旅でした。1日6往復の高速船トッピーも、片道2~3時間だそう、やはり屋久島は近くないようです。ガイドさんの話によれば、新聞の朝刊はフェリーで昼過ぎに到着するので、島内で朝イチに新聞を読む習慣はありえないのだとか。状況を理解してみれば当たり前の話ですが、びっくりしました。お天気の影響でフェリー欠航のケースも多々ある中、最近はもっぱらインターネットを活用するのが日常とか。

PhotoGrid_1468302692210梅雨明け前の屋久島、からっと晴れた空を仰げた時間は短かったものの、傘要らずで過ごすことができました。ほとんど丸に近い形をした屋久島は全国7番目の面積500平米ほどだそうです。島の外周にぐるっと道路が巡っていて、島の中央部に1000~1900m級の切り立った山々が連なっています。中央部の宮之浦岳+西側の西部林道など島の20%強が、1993年日本初の世界遺産として登録されたエリアだそうです。

今回は、ハイキング気分で楽しめるヤクスギランドと紀元杉(バスですぐそばまで行けます)、大川の滝を訪れました。有名な縄文杉を見るためには、片道6時間以上をカクゴしなければならないそうですが、今回のヤクスギランドのコースはほんの30分もの、超初心者向けながら、緑の深さに十二分の感銘を覚えました。

薩摩藩が屋久杉に目をつけて本格的な伐採がはじまったのが江戸時代17世紀のことだそうです。雨風厳しく花崗岩でできている屋久島では、杉の成長がゆっくりしていて、その分樹脂の多いしっかりした材質のため、腐りにくく長生きなのだろうと考えられているそうです。おかげさまで、ちょっとの装備も不要で樹齢1000年級の屋久杉をおがむことができました。感謝と自然への敬意を含め、自分なりにお返しにできることを考えなければと思いました。

屋久島には、ぜひまた、ゆっくり訪れたいと思います。

おまけ情報:屋久島島内のモスバーガーで、屋久島原産の焼酎を購入できます。酒屋さんが始めたモスバーガーみたいです。お土産屋さんでプレミアプライスのついた値段の島内焼酎を見ると、こちらの焼酎ラインアップはとても良心的でついついいろいろ買いたくなっちゃいました。が、今回は、三岳で有名な三岳酒造の屋久島限定ボトル 愛子(愛子岳が由来)を購入してきました。屋久島を訪れる焼酎好きなみなさんには、ぜひモス訪問をお勧めします!

Sengan-en, Kagoshima Trip

PhotoGrid_1468369493176阪神交通社主催の「美しき世界の屋久島 3日間 」に参加してきました。鹿児島県から熊本地震復興応援事業として10,000円の補助金を活用して実現した、39,900円のツアーです。
凝縮された3日間の旅程、世界遺産の屋久島に一泊するだけでなく、もうひとつ「仙巌園」という世界遺産も訪れるおまけ付き的な魅力を覚えて参加即決。

PhotoGrid_1468203312732まずは鹿児島市からスタート。世界遺産の仙巌園とありながら、正しくは世界文化遺産として登録された島津藩の築いた工場群 集成館の一角に、島津家の別邸 仙巌園があったという話らしく。

ただ、観光目線では、仙巌園の方が断然メインです。桜島をのぞむ石灯籠を数多く配した庭園は見事です。ソテツが多くて南国風情がただよいます。そして、御殿の裏山の大きな岩に刻まれた千尋巌(センジンガン)の文字には、ひとしおびっくりでした。訪れたこの日は、庭園と薩摩切子の展示館を歩くだけで時間いっぱいでしたが、近くに島津家の歴史・近代化事業を紹介した資料館や薩摩切子工場もあるようです。

PhotoGrid_1468202218901夜は鹿児島中央駅近くのかごっまふるさと屋台村にて夕飯。

中央駅隣接の駅ビル アミュプラザ鹿児島B1Fの焼酎維新館で紹介してもらった「ぶえんもゆかり」で、たいへん美味しいお刺身をいただきました。お刺身のひと切れひと切れが自己主張しているような立派な刺し盛りでウキウキでした。きびなごが美味しくて、追加をお願いしてしまうほど最高でした!お醤油の甘口は、なかなかなじみを覚えづらいところですが、甘口醤油でも複数ボトル置かれていて感心でした。もう少し焼酎を楽しむならぜひこちらで、と紹介していただいた「のぶ庵」でいくつも並ぶボトルを眺めながら、楽しい時間を過ごしました。

屋台村の中はどちらも、ひとつのお店あたり10席未満程度のこじんまりした空間ながら、個性があって愛されているようでした。

ちょっと長くなったので、屋久島編へ続きます。

Hangesho

PhotoGrid_1467890350677半夏生(はんげしょう)、暦の名前であり、花の名前でもあります。暦の上では、夏至から数えて11日目(もしくはその日から5日間)だそうで、2016年は7月1日がその日でした。二十四節季のひとつで、梅雨の終わりとして定義されているもよお、実質的にはもうちょいですね。※他にもミゾハギなども咲いている空間でした。

半夏生の名前の由来になっている植物が近所に咲いていたので写真におさめました。こちらは和名では「片白草」と呼ばれる毒草だそうで、葉の一部の表だけが白くなるのが特徴だとか。それを、「半分化粧している」とたとえてついた名前「半化粧」が転じて「半夏生」になったと言われているそうです。

半夏生にはタコを食べよ、と昨今聞くようになった由来はいかに?のギモンには、こちらが答えてくれました。

タコの根(吸盤)のはえた足から豊作を祈るという流れと、披露回復に効くタウリンを有している点があげられるのだとか。こちら、関西の流れだそうですが、同時にタコだけでなく、ウドンや鯖も仲間入りだそうで、共通点発見が難しいところです。。

よくある考え方として、夏を前に、あらためて元気出そう!というところなのかもしれません。こう来ると、たいへんわかりやすい。

これから夏本番です、元気出していきましょう☆

Tanabata, 7th of July

PhotoGrid_1467889987267 今日は七夕でした。久しぶりに七夕に晴れたぞ!と意識できた七夕の夜、天の川が見れるかなと空を仰いでも、うーんイマイチな曇った夜空でした。

街中の笹の葉やら七夕飾りは通常通り。たまたま見かけた東京タワーが無点灯のように見えて驚き、ついつい調べてしまいました。今日はライトダウンキャンペーンだそう。ちょっとでも天の川が見えるように夜空に貢献というわけでもなさそうです。

東京タワーは、6月19日(日)の夜、”でんきを消して、スローな夜を。”「100万人のキャンドルナイト」の趣旨に賛同、
また、6月21日(火)夏至の夜と、7月7日(木)七夕の夜は、環境省が推進する「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」に賛同し、
各日20時~22時の2時間限定でライトアップを消灯します

あ東京タワーの足元~中腹の中心部にぼやっと青い筋がみえるのは、この夏の天の川イルミネーションのせいだそうです。そして、近日やってくるだろう梅雨明けには、特別ライトアップが予定されているとか。東京タワーが七色に輝けるようになってから、ずいぶん趣向を凝らすようになってくれて、東京タワーを臨む機会が楽しみになりました。身近ではないものの、機会があれば目にしたい存在です。

さて、七夕は五節句のひとつ。Wikipediaをみると、日本のみならず、アジア圏の国々でも同様に祝われるそうです。オリジナルは中国っぽいですが、その後、各国土着の文化とあいまって、似たようであってちょっと違うローカルただようイベントとなっているようす。おもしろいです。

七夕に笹に短冊をかざる由来についても、ちょうどいいサイトをみつけたのでご紹介。笹(竹)は、根強く、繁殖力も強く、風説歓談にも強い。まっすぐ空に向かって伸びる。そんな性質が好まれて、神聖なものとして扱われていたそう。

七夕の歌♪五色(ごしき)の短冊 わたしが書いた お星さまきらきら 空からみてる♪の五色の短冊は、中国五行説にちなみ「青=木、赤=火、黄=土、白=金、黒=水」~「この世のすべてのモノの根源である」という意味なのだとか。

七夕って祝日でもないので地味ながらも、願掛けするせいか、やはり気になるイベントです。そんな気になりどころの由来等ちょっとクリアになって、ちょっとすっきりした夜でした☆

Balloon flower

PhotoGrid_1467200621376浜離宮庭園桔梗をみかけました。桔梗は秋の七草のひとつ、まだ7月はじまったところだというのに、気の早い咲きっぷりです。

気の早いつながりでお伝えすると、蝉もワシャワシャ鳴き始めています。昼間の庭園は、まるで夏の盛りのようでいて、まだ少し湿度控えめの、心地よい空間です。その他、ムクゲやネジバナ、ヤブミョウガなど、可愛らしい花々を楽しめます。

さて、話を桔梗に戻して、桔梗を調べてみると、6月~9月に咲く花とのこと、特に気が早いわけでもない様子。八重咲きの品種もあるようで、風船型のつぼみもあわせて可憐な姿がたいへん可愛らしく好ましいです。

桔梗の根は古くから漢方に使われ、解熱・鎮痛効果があるとのこと。

そして桔梗の花をかたどった家紋、桔梗紋も有名です。桔梗の木偏を取ると、「吉更」となり、「さらに吉」となることから好まれたのだそう。有名どころでは明智光秀の家紋が桔梗紋だそうです。16世紀から考えれば、日本も多様な変化を遂げてきたはずですが、いまだ桔梗に心を寄せる点が変わりないことに面白さを覚えます。良いものは時代を経ても良い、という平たいコトバで括ってよいものか定かではありませんが。。。

これから暑い日々が続くようです。お身体に無理なく健やかに毎日お過ごしください。

Steak and Hamburg MEAT YAZAWA, Gotanda, Tokyo

PhotoGrid_1467359843306五反田で、最高級A5ランクの黒毛和牛を楽しめるお店「ミート矢澤」でランチをいただいてきました。

行列カクゴの評判どおり、平日1時半にお店の前につくと、20人ほどの方々が列をなしていました。30分ほどなら待てるかな、と、行列に参加。意外と上手にヒトがはけて、期待どおりに2時過ぎ入店がかないました。行列のできる店ならではの心づかいで、待合空間にウォーターサーバーの準備があるのがさすがです。

通された店内は、ステーキハウスっぽい油っぽさがなく、かなり清潔感のただよう、落ち着いた内装です。さすがの人気店、キッチンの中でも(フロアでも)忙しそうに、たくさんのスタッフの方々が動き回っている姿が見えました。

口コミで絶賛されていたミディアムレアのハンバーグに惹かれて、ベーシックなフレッシュハンバーグ1300円(税抜)をオーダー。最初にサラダが出てきたあと、ジュウジュウ音を立てながらアツアツハンバーグが、白いご飯とお味噌汁と一緒に運ばれてきました。大根おろしの混ざったソースにつけていただきます。ほわっと軽い食感ながら、お肉を食べている~って実感を味わえる、ウキウキの時間でした!洋風な見た目にして、最初からお箸がセットされていて、ちょっとびっくりです。次はぜひ、ステーキにチャレンジしてみたいです。

ランチタイムは3時までですが、2時時点で待っているお客さまでオーダーストップしちゃうそうです。ランチタイムにチャレンジする方は要注意です(平日限定かもですが)。

食べログ ミート矢澤

余談ですが、英語では、ハンバーグとハンバーガーに差がないことを知ったとき、衝撃的な驚きを覚えたことを思い出しました。どちらにしてもhamburgerなのだそうで。過去、そんなことを知らないワタシと英語通の夫との意思疎通バトルが展開しました。ハンバーグの語源を探してみると、ドイツのハンブルグが由来なのだそうで。ハンバーグも、よそから連れてきて独自の文化に取り入れる日本らしさのひとつなのでした。