Meguro Gajoen, Hyakudan Kaidan, Meguro, Tokyo

PhotoGrid_1472106102798目黒雅叙園の百段階段で開催中の展覧会「和のあかり」を訪れてきました。こちらの展示会、今週末8/28までだそうです。ご興味のある方、お急ぎください☆

副題として、「日本の色彩、日本の祭り」と銘打った、イルミネーションを凝らしたアート展です。雅叙園入口に飾られた山口県柳井市の金魚ちょうちんにはじまり、墨絵師 西元祐貴と絵庇護和紙のコラボ、銭湯ペンキ絵師 田中みずき(日本に3人しかいないそうです)、その他、和とあかりをテーマにした作品の数々が、百段階段に配された7つの部屋に飾られていました。

PhotoGrid_1472106360952写真には入れませんでしたが、日本刀の展示ブースがありました。全日本刀匠会による「平成の十本刀」。現代に至ってもなお、刀やその地鉄の美しさを文化として高めたのは日本だけとの説明がありました。その理由の一つは「お守り刀」、神聖な火と水で鍛えられ、磨かれた刀には魔物を打ち砕く力が宿るとされたことによるとのこと。それが武士のあつらえとなり、ファッション性も併せ、文化として育っていったとの由、なかなか興味深いウンチクでした。

そもそもの百段階段は、1935年に建てられたオリジナルから現存する唯一の木造建築とのこと。階段は厚さ約5㎝のケヤキ板、99段で構成されているそうです。階段および7つの部屋の天井や欄間には、当時の著名な画家たちの絢爛豪華な作品がほどこされています。2009年3月に、東京都の有形文化財に指定されたとか。

目黒雅叙園の百段階段以外にも、和のあかりのテーマで全国各地の文化財が展示されていて、しばらく楽しむことができました。

そして広々と水をたたえたお庭へ足を踏み入れると、カエルが歓迎してくれました。夏の最中にして、なかなか意外です。手のひらより少し大きいくらいでしょうか。非日常の経験”増”にしっかり貢献してくれました。ありがたいです。

 

Firework Festival

PhotoGrid_1471756489554今年も、世田谷区たまがわ花火大会川崎市制記念多摩川花火大会を楽しんできました。

午前中は雨、昼過ぎに雨が上がったと思ったらまた夕方に雨、と、いまひとつの天候ながら、花火大会事務局からの開催予定のツイートに励まされ、傘をさしつつ多摩川土手へ向かいました。

花火が上がるころには雨は止み、傘いらずで楽しむことができました☆ 今年も豪華な花火を存分に楽しめたことに感謝です。

 

いつも漠然と楽しむ一方なので、今回は花火の色と音について、調べてみました。色については炎色反応だよね、と感覚的にわかっているものの、何が何色とかてんで記憶の外なので、きれいにまとめたサイトから引用です 花火の色や形や模様の仕組みや作り方、炎色反応を自由研究に!元素によって変わる炎の魅力

紅色 炭酸ストロンチウム
緑色 硝酸バリウム
黄色 シュウ酸ソーダ、炭酸カルシウム
青色 花緑青、酸化銅
銀(白)色 アルミニウム。
金(錦)色 チタン合金。

そして、花火の音もまた「発音剤」といって化学物質でつくられたものだと知りました(三津和化学薬品のサイトに、花火に使う化学物質一覧が載っていました)。火薬の爆発音だけの音ではないとのこと、こっちはなにげにびっくりでした。花火が昇る時のピュ~という音なども花火業界の用語ではと呼ぶそうですが、これも花火の一種ということです。

勉強になりました。

Sony Aquarium 2016

PhotoGrid_1471390928303今年も銀座ソニービルの夏のイベント「Sony Aquarium」を訪れました。

8月28日まで開催しているそうです。無料で気軽に水族館気分を楽しめるので、機会あればおススメです。

今年も屋外水槽(大きなハタ(タマカイ)がいます)に加え、屋内水槽が複数、そして館内スタンプラリー、8F OPUSで4K+ハイレゾのショートムービー上映と盛りだくさんです。

ショートムービーは、「泣きべそジンと勇気の海」のタイトル。ほんの10分ながら、ストーリー付き。マンタが舞い、ギンガメアジが巻く映像が美しかったです。

今年も館内スタンプラリーではサメシールをゲット。なかなか大物ゲットは叶わないようです。。

今年はソニービル開業50周年だそうですが、ソニービルは来年2017年から5年計画で変身するそうです。その名も銀座ソニーパークプロジェクト。ひとまず現行ビルを解体したら、そこは2年間広場(公園?)になり、その後3年かけてビルを建てるとのこと。

あちこちで新しい顔に変わりつつある銀座ですが、そこにソニービルも仲間入りといったところでしょうか。慣れ親しんだソニービルの様相が変わってしまうのは、なにか寂しい気持ちもありますが、新しい顔でどのように溶け込んでいくのやら、楽しみでもあります。

Tsukiji Nakashima, Tokyo

PhotoGrid_1471129802271東京駅地下(改札外)の黒塀横丁にある「おさかな処 築地 奈河嶋」を訪れました。

東京駅界隈、夜9時をまわってほどよくお腹の空いた頃だったので、黒塀横丁の存在はありがたかったです。10時ラストオーダー、11時閉店とのことながら、短時間集中で大満足の夕餉となりました。

ビールでのどを潤した後は、おさかなに合う日本酒をセレクト。特別純米 鶴齢がたいへん美味しかったです。旨味っていうんでしょうか、すっきりしていながら豊かな風味があって、どんなお食事ともマッチする、お食事と楽しめるお酒でした。

お店は和風っぽい空間づくりながら、メニューにピザもあり、スタンダードにお刺身盛り合わせもいただきましたし、さまざまに楽しみました。事前調べもなく立ち寄ったお店でしたが、いいお店に巡り合いました。

こちら、創業80年、鮮魚専門「築地 中島水産」の営む食事どころで、東京界隈いくつか店舗展開しているそうです。なるほど安心のおさかな処なわけでした☆

Courtroom drama, Terror

PhotoGrid_1471137404726俳優・橋爪功さんの朗読とジャズピアニスト・小曽根真さんの演奏のコラボステージ「テロ」を見てきました。「テロ(Terror)」は、ドイツ人作家、フェルディナント・フォン・シーラッハの戯曲です。J:COM と AXNミステリー 主催の企画でした。

トロッコ問題も引き合いにしつつ、7万人のスタジアムの観客を守り、162名のハイジャック機を撃墜した少佐の裁判が展開します。検察官と弁護人がそれぞれの意見を述べたあとで、有罪か無罪かは、観客の投票によって決定するという、興味深い展開。多数決で多い方の結末のみが上演されました。

この日は夜の部を鑑賞、その後のアフタートークによれば、昼の部と結末は同じだったそうですが、舞台の橋爪さんは、逆転を狙ったお芝居をされていたのだとか。来週は兵庫でステージがあるとのこと、どんな展開になるやら、新しい興味を覚えました。

審議の開廷から弁護人陳述まで、台本片手の橋爪さんが途切れることなく複数の人物を演じ分け、小曽根さんのピアノがそれら情景や個々の人物の感情を彩る、たいへん濃い1時間45分でした。休憩をはさんでラストの結末。作品含め、事前知識なくのぞんだので、思いの外、集中力を要するこのステージに若干の疲れを覚えたものの、終わった感想は、面白かった!です。

東京創社の書評記事によると、世界各国ですでに展開している同ステージの結末は、6割が無罪だとか。演者やその国の国民性などにもよるかもわかりませんが、興味深いことこの上ないです。

正直なところ、小曽根さんのピアノをもっと聞けたら嬉しかったな、との気持ちはありますが、楽しいアフタートークも含め、いい時間を経験できたことに感謝です。ありがとうございます。

the 50th Anniversary of the Yamatane Museum of Art

PhotoGrid_1470907960776広尾にある山種美術館をたずねてきました。

ただいま開館50周年記念の特別展第3弾、「江戸絵画への視線ー岩佐又兵衛から江戸琳派へー」のテーマで江戸時代作品の山種コレクションの選りすぐりを展示しています。会期は今月8月21日までです。

山種常連さんであれば、見たことあるな~的な作品がちらほらしています。が、山種美術館ならでは、作家・作品それぞれについてのしっかりした解説のサポートがあり、展示会トータルとして楽しむことができます。ここが、こちらの美術館の味わい深いところと思います。きもの割引(団体割200円引きです)があるのも魅力です☆

今回は、会場内4点の屏風の写真撮影がOKとのことでしたので、撮影してきました。とはいえガラスの中なので、キレイに撮るのは難しかったです(映り込み複数…)。若冲好きですが、「伏見人形図」は何度も見たなの感ありでして。今回展示では、上村松園《蛍》が気に入りました。蚊帳を張る中ホタルをみつめる女性の空気感が秀逸でした。

詳しくないながら、美術鑑賞は楽しいです。暑い日差しの中も、足を運ぶ価値のある時間です。

PhotoGrid_1470908115544そして、アタマを使った後は山種美術館~恵比寿駅の中ほどにあるビストロ・シロにてランチ。魚介が得意のビストロで、山種美術館を訪れるたびに、よく訪れています。今回は3人で訪れたので、3人前のお皿をバシバシ写真撮影。おいしそうなコラージュができあがりました。

PhotoGrid_1470908171456山の日、祝日の今日は、ちょっとリッチなランチコース。付け出し的なスープにはじまり、前菜(4種から選ぶ)、メイン(7種から選ぶ)、デザート(2種から選ぶ)、コーヒーor紅茶です。パンがついてきます。お値段はメインディッシュ依存。機会があれば、ブイヤベース(2人前~)を頼んでみたくなりました。

ドリンクは特段オーダーしなかったので、さわやかな香りのジャスミン茶をご提供いただきました。フレーバーティーはあまり得意でないですが、こちらは何杯もいただいてしまいました。

どちらのお皿もたいへん美味しく、お腹いっぱい楽しみました。

街路樹の中に、ちらほらと夏のお花が咲いていたので記念撮影。名前のわからないお花が多数ですが、可愛らしくてほのぼのしました。

Orange cosmos

PhotoGrid_1470655664158ただいま浜離宮では、キバナコスモスが真っ盛りです。

「5月30日に種をまきました」との札があるので、ほぼ2カ月を経て、いま、たいへんみごとに花開いています。キバナコスモスの花言葉は「野性的な美しさ」なのだそうです。

PhotoGrid_1470655385935花畑の片隅で、ちらほらといわゆる普通のコスモスも花開いていましたが、今はキバナコスモスの圧勝でした。

花畑のまわりでは、アオスジアゲハやトンボが飛び交い、ほのぼの感を増しています。

セミの鳴き声がひっきりなしに響き、日差し&照り返しの暑さが避けようもない庭園内ですが、散歩は楽しく、気持ちの良いランチタイムを過ごすことができました。

毎度のことですが、大手門橋の入口事務所付近にいつも可愛らしい寄せ鉢を飾っていらっしゃいます。今、サギソウが入っています☆

<おまけ>いま、浜離宮はポケモンGOを楽しむみなさんには、グッとくるスポットになっているそうです。

Imperial Palace in summer, Tokyo

PhotoGrid_1470208184757夏の晴れた日、皇居の東御苑を訪れてきました。暑かったです。そしてセミがあちらこちらでワシャワシャ大合唱でした。。。

そんな中でも海外からの観光客含め、訪れていらっしゃる方々はかなりの数で、さすがは皇居とあらためて感心しました。

この時期、ほとんど花はなく、色味のある花は百日紅(さるすべり)が目につく程度、あとは、秋の七草コーナーでひっそりと桔梗(ききょう)や女郎花(おみなえし)、萩が花をつけていたくらいでした。いわゆる秋は、まだまだなのだな、と、ちょっと安心したような気分を味わいました。

この度、コブシの実と、ヤマボウシの実を覚えることができました。東御苑の木々には、ひとつひとつ名前がふってあるので、ありがたいです。

さらに今回はじめて休憩所に足を踏み入れ、三の丸尚蔵館の収蔵品のグッズを扱っていることを発見。若冲動植彩絵のクリアファイルが新しくリリースされたそうで、記念にゲットしました☆ (その他絵葉書やしおり、マグネット等、若冲に限らず、様々なグッズを扱っていらっしゃいます)

せっかくの機会を逃さず訪れてよかった!と、ホクホクで帰路についたこの日でした。

PhotoGrid_1470208311046おまけで、そういえば、このへんに星のや 東京ができたはず、と、追加散策。大手町駅、読売新聞社ビルの裏手、KDDIビルの隣にありました。大手町温泉、とうたっていたのを記憶していたので、ちょっとのぞけるかしら?と近くまで行ってみたものの、ちょっとものものしい雰囲気が感じられ、周辺写真を撮るにとどまりました。

近寄っただけでも、和のおもてなしがテーマのホテルと納得でした。

この7月20日に開業したばかりなんですね。一室78,000円~とのこと。機会があれば、お客としてエントランスを越えてみたいものですが、いつになることやらです。。

 

ABEYA in Kitte Granche, Tokyo

PhotoGrid_1470207634687丸の内界隈を訪れた昼どき、ふと思い出して、以前から気になっていたKITTE地下にある秋田比内地鶏生産責任者の店 本家あべや KITTE GRANCHE店を訪れ、親子丼をいただいてきました。

親子丼に1,100円(税込)はどうだろう、という方もいらっしゃるかもわかりませんが、比内地鶏ですし、自宅でこんなぜいたくな親子丼つくれませんから、と言い訳してGOサイン。ちなみに親子丼定食なので、サイドメニューに、鶏ガラスープと秋田美人豆腐・いぶりがっこ(たくあん)がついてきます。

炭火で焼いた香ばしい香りの噛みごたえのある鶏肉と、とろりとした玉子と鶏のスープとが上手にあいまって、ちょっとした幸せを感じたのは、親子丼好きならではかもしれません。お膳には、お箸と木製スプーンが添えてあり、木製スプーンでいただく口当たりがマイルドで、ほのぼのしました。

こちらのお店、日本三大美味鶏のひとつ、比内地鶏を生産責任者からダイレクトに仕入れているそうです。新鮮さと鶏丸ごとつかうからこその希少部位も楽しめるのだとか。

お店の内装はちょうど竿灯まつりを彷彿とさせるように、提灯がいくつも飾ってあります。今年の竿灯まつりのニュースを見たところで、タイムリーにうかがったな、と思った次第です。店内、秋田のお酒なども飾ってあり、夜にうかがえば、また違ったお楽しみがいろいろありそうなお店です。

食べログ