HARETOKE, Yoyogi, Tokyo

代々木東口にある肉と日本酒を楽しめる HARETOKE(ハレトケ)さんを訪れた備忘録です。

明るくスッキリ落ち着いた内装で、美味しい日本酒をワイングラスで楽しめます。グラスのサイズも3種類、グラスサイズに応じたお値段設定なので、気軽にチャレンジしやすいのもありがたいです。

お肉のチョイスに馬肉も並んでいます。付け出しに馬刺しをいただいたので、馬肉のから揚げをいただきました。牛・豚・鶏の3種のグリル盛りもいただき、お肉三昧を満喫しました。

お肉と一緒に楽しめる日本酒を取り揃えてくださっているおかげで、笑顔あふれる時間でした。メニューに載っていないお酒も、好みをお伝えすると紹介してくださるのがすばらしいです。ここが大絶賛ポイント♪

いつからか、日本酒の好みが辛口から旨口へシフトした私には、この日いただいた岡山の平喜酒造さんの「喜平」がしっかり味わいでバツグンでした。そして、激レア(だそうです)の「花陽浴(はなあび)」をいただけたのもラッキー☆ 埼玉で3人でつくっている酒造さんの作品だそうで、華やかな飲み口です。

よいめぐりあわせを堪能した宵でした。また訪れたいと思います。

Kindaifish Ginza

ご縁ありまして近畿大学水産研究所 銀座店を訪れてきました。なかなか予約がとれないそうです。ラッキーでした☆

「大学卒のおさかなたち」なんて聞くとすこぶるカジュアルにモリモリ刺し盛りをいただく感じかと思いきや、コリドーの一角にある、内装もしっとり感あり、お皿はどれをとっても美味しい、ステキなお店でした。そりゃ、予約も押し寄せますでしょ、納得です。

お店の食材は近畿大学の臨界研究所の拠点である和歌山県の食材をふんだんに使っておられるそうで、そんなわけで、紀州の梅干しを使ったお料理が並びました。美味しかった~♪

この度は、異業種女子の集まりでした。最初にお会いした日から、もう5年ほど経っているでしょうか。私も含め、公私ともに、当時とは違ったステージに臨んでおられる方もいらっしゃる中で、いつ集まっても、楽しく朗らかな時間が過ごせる、たいへんありがたいお友だちです。皆さんにお会いすると、いつも刺激と元気をいただけます。ありがとうございます!

さあ、元気を出していきましょう!

Whisky Nikka

数年前、「マッサン」というNHKの連続テレビ小説がありあして、かなり話題になりました。その頃、偶然参加したイベントでいただいた「ヒゲのウヰスキー誕生す~日本で初めてウイスキーをつくった男 竹鶴政孝物語」川又一英著を、いまさらながら読んでみました。

ドラマをご覧になっていらした方、その他、過去の経緯をご存じの方ならば無論でしょうが、すこぶる惹きつけられる内容でした。ドラマのあらすじをグーグル検索してしまったほどです。見たかったな、と。

当時の洋酒の在り方、そこへ切り込んでいった竹鶴政孝というヒト、その後の時代の流れ、すべてが興味深く、久しぶりに読みふけった感のあった一冊でした。もっと早く読めばよかった。スミマセン。

反省の気持ちもこめて?ニッカのウイスキーをチビチビいただいている今宵です☆

Higan-bana

小石川後楽園では、彼岸花が盛りです。

しばらく暑くて昼間の散歩も厳しく、見送っていましたが、ようやく過ごしやすい気候に切り替わってきたので、ランチタイムの散策で小石川後楽園へ戻ってきました。

気が付けば、いつの間にやら田植えが行われていたようで、すでに、いい感じに育った稲を水戸黄門様が護っておられます。

そのそばには、数珠が伸びていて、この上なく東洋アイテム満載の空間です。

さらにそちらを彼岸花が囲んでいるかっこう。彼岸花の赤が緑といい具合のコントラストをつくっていて、見ていて心なごみます。自然の織りなす色バランスは、そのギャップがあればあるだけ、見るモノを楽しませてくれる力が強いように感じます。

彼岸花の盛りの、いい時期に訪れることができたことを幸運に感じました。

そろそろ小石川後楽園の年間パスも有効期限をむかえます。気持ち新たに毎日に臨みます!

Au Bon Vieux Temps

東急大井町線の尾山台駅からしばしのところにあるAu Bon Vieux Temps(オーボンビュータン)のご紹介。

比較的ご近所で、ちょっとした近所のお土産としてたいへん重宝している洋菓子店です。少し前に近くの広い空間へ移転されて、デリ部門も広げているそうです。

午後にうかがったら、生ケーキの類はあらかた空っぽ、焼き菓子ばかりだった、なんて話を聞いたもので、昼間に友人宅を訪問する機会のあったある日、朝からうかがってきました。朝の9時からオープンしているので、ありがたいです♪

あまりにもたくさんの選択肢があって、選ぶのに時間がかかりました。優柔不断は困ります…

早い時間にしても、ショーケースの中は、美味しそうな商品が整然とならんでいて、美しかったです。こちら、「写真を撮っていいですか?」と確認してから撮らせてもらった写真たちです。

今は店内にイートイン空間もあるので、あらためての機会にゆっくりしにうかがいたいと思います☆

Yakitori Kei, Oookayama, Tokyo

東急目黒線・大井町線大岡山駅からすぐの地下飲食店街の中にある焼き鳥屋 桂さんのご紹介です。こちらには、ながらくお世話になっていましたが、来月9月23日で閉店されるとのこと。久しぶりに訪れた残念なお知らせでしたが、これまでの感謝の気持ちもこめて、お店の紹介です☆

地下のお店なので、東工大の学生さんが押し寄せづらいこともあり、こじんまりと楽しめるのがとてもよく、よい頻度で足を運んでいました。カウンター+座敷席のレイアウト。焼き鳥の盛り合わせは5本セット(タレ/塩/野菜から選択)で580円、コスパ最高。

お店を営むマスターとママさん、だいたい両親と似通った年齢なので調子よくお話しできたことも、居心地の良さを手伝っていた気がします。決して私が焼き鳥大好きだからだけではないはず。

いつでも行けると思うと、忙しさを理由に見送ってしまいがちですが、まだあと一カ月弱、もう一度うかがって美味しく楽しい時間を楽しみたいと思った宵でした+炭火焼の焼きなす、手間のかかる一皿、たいへん美味しくいただきました♪

Cactus Flower

ひょんなことから、サボテンの花をいただきました。

今晩限りのお楽しみだからと。夜の8時くらいから徐々に開いていくから楽しんで♪ と、いただきまして、観察することしばし。10時頃にはきれいに花開いてくれました。

最初はしっかりかたい蕾だったのが、時間を追うごとに中の方の白い花弁が顔を出し、花芯が見えて華やかなことこの上なし。

一晩限りなんてもったいないと思われて仕方ないですが、そのありがたみをおすそ分けいただいたことに感謝しましょうということなんだろうと、考えをあらためました。

サボテンの木から離れてしまっても、花は体内時計に正確に花を開くのだから不思議です。ちょっとしたミラクルに触れた夜でした、ごちそうさまです!

HOBO SHINJUKU NORENGAI

代々木駅からほどないところに古民家を活用した面白い空間があったので備忘録です。

その名も「ほぼ新宿のれん街」。いろはにほへと、と、屋号で割り振られた7つのお店が集まった一角で、まずはそれぞれどんなお店だろうと、一周してから吟味してしまう、そんな空間でした。

今年2017年3月にオープンしたそうで、こちら、恵比寿横丁などの仕掛人の方が事業主をされてるとのことです。古民家復興プロジェクト発足!7店舗が集結した複合型飲食店 『ほぼ新宿のれん街』、3月17日に代々木にオープン

この日はもつ焼きとワイン☆キャプテンさんの2階席で楽しんできました。ハシゴするにはお腹いっぱいにしてしまったので、のれん街 他のお店へのチャレンジは、またの機会に見送りました☆

参考:東京に新しい飲み屋街が爆誕!民家を改装した「ほぼ新宿のれん街」がサイコーらしいので行ってみた

Fireworks Festivals 2017

8月19日、かねてから楽しみにしてきた花火大会が中止になりました。

たまがわ花火大会川崎市制記念花火大会のふたつが、二子玉川界隈で開催との予定。この界隈に引っ越してきた身としては、この夏イチバンのイベントと、楽しみにしていたのですが、打上開始7時に対し、5時半ごろから、いやな色をした暗雲がたちこめ、稲光と暴風雨スパーク。引越し後、はじめてこんなにすごい雨が降っているサマを見ました。花火客の中に事故があったらしく、荒天順延でもなくいざぎよい中止でした。

写真の下半分が暴風雨中に対し、上半分が、いつも宵時に見えるニコタマビル群。暴風雨でビルが見えないなんて初めてだったと思います。そのくらいすごかったのでした。河原で花火の陣取りしていらした方々は、どれほどだったかと、お察しいたします。

今年はこれを思いの外楽しみにしていたために、まだリアル花火大会を見れていません。7/29の隅田川花火をテレビ鑑賞したくらい。8/20の神宮花火はまったく問題なく実施されたとのこと、逃しました。。。年内、焦らずどこかでリベンジしたいと思います。

そもそも送り盆目的が主流だった花火が、花火大会という冠で実施されるに至ったのは、花火の刹那的でもある華やかさならではなのだと思われます。花火は時期を問わず、心躍ります。いつまでも、日本の花火技術のチャレンジを継続して、美しい華やかな花火があがる花火大会が続いてくれることを期待します。

Frankfurt 2017 summer

夏休みをとって、久しぶりにフランクフルトを訪れてきました。幸いお天気も良く、散策にはうってつけでした☆

この度、初めてマインタワーの屋外展望台へ。地上200メートルから見渡すフランクフルトの街並みは、なかなかでした。摩天楼の中でも、円筒形のがマインタワーで、遠くからでもよくよく見てみると、屋上階に人が立っているのが見えます。

マインフェストという街のお祭りにもたまたま遭遇、川沿いに移動遊園地が現れて、いい感じの賑わいでした。

フランクフルトでおススメカフェをみつけたのでお知らせ:

cafe karin 写真にあるアフタヌーンティー的なセットが楽しめるカフェで、ゲーテ博物館のすぐそばにあります。写真は2人前なので、ちょっと盛り過ぎ感がありますが、美味しく楽しみました♪ トリップアドバイザー

モリモリと良く歩いたフランクフルト滞在でした。意外と陽射しが強かったようで、すっかり日焼けして帰り、職場の同僚にはどこぞのビーチにでも行ってきたのかと誤解されました。いけませんね。