Kourakuen Garden Spring Sakura 2018

春到来です。小石川後楽園では、梅に代わって枝垂桜が盛りです。ちょっとピンク色の濃い花が愛らしい姿を見せています。ソメイヨシノのピークはまだもう少し先になりそうです。

まだまだ開花ちらほら程度@2018.03.24。というのも、今年は春分の日に東京で雪が降ったほどの冬戻し天気があったためです、3月桜開花に向けた天気予報が気になる頃、寒い冬と暖かい春の組み合わせで、この春は勢いよく開花との予報を聞いた矢先、揺り戻しい天気の影響とは…となると。

あたたかい季節好きな身には、桜の到来はいずれにしてもうれしくて、キレイにひらいた桜の花のお目見えは大歓迎。小石川後楽園の入り口にある枝垂桜は、もうしばらく見頃な姿を楽しめそうです☆

春の桜の時期、視認性の高さと話題性もあり、桜にヒトも目も集まりがちですが、春ならではの草花タチも写真におさめられたのでご紹介です。

ジンチョウゲ・ツバキカタクリツクシアセビ

都立公園マンホール

 

Azalea, Tsutsuji

桜の時期が盛りを過ぎて、ツツジのきれいな時期になってきました。

よい機会なので、皇居の二の丸庭園を訪れ、ツツジの咲きっぷりを楽しんできました。

全満開とはいかないながら、十分彩を楽しめるだけの花が色を挿していて、美しい光景でした。

週末だからかもわかりませんが、いつ足を運んでも、海外からの観光客らしき方々がいらっしゃって、皇居庭園の観光名所ぶりを思い知ります。

おまけで皇居の北桔橋門からほどない東京国立近代美術館で開催中の「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」を訪問。お茶も茶碗も、まるで詳しくないですが、文化芸術の伝承、楽焼きの楽家15代という時間の重みを垣間見て、頭の下がる思いでした。

時勢は変わる世の中なれど、家の継承というステップは変わらない。今後はどのようになっていくのか、身の上には覚えのない身柄ながら、少し興味を覚えた事象でした(不用意な発言でしたらすみません)。