It’s a small world

つい先日、東京ディズニーランドを訪れてきました。週末なので当然のことながら、ひと、人、ヒト。とは言いながら、開園から閉演時間まで、しっかり満喫してきました。

ただいま東京ディズニーランドでは、ディズニー映画「アナと雪の女王」から「Frozen Fantasy」というイベントを開催中で、園内あちこちがアナ雪一色です(3/17まで)。

今日フォーカスするのは、「イッツ・ア・スモールワールド」来月3月1日にいったんクローズ、2018年春に再開とのこと。ランドの開園35周年にあわせてリニューアルだそうです。

Wikipediaによれば、このアトラクションは、創業者のウォルト・ディズニーの理念、理想を表した、まさにディズニーランドを代表するアトラクションであり、かつ世界的にもとても有名なアトラクションである。
中でもアトラクションのテーマソングである「小さな世界」は、分かりやすい歌詞、メロディーにより世界中で親しまれている。ニューヨーク世界博覧会にユニセフから依頼されて最初に作られてから50年の時を経ても今もなお、子供から大人まで人気のあるアトラクションであり、楽曲「it’s a small world」とアトラクションのテーマ・コンセプトは世代を超えても通じる力を持っていると言える。

新しくリリースされる数々のディズニー映画から、いくつも近代的なアトラクションが生まれ、いつ訪れても楽しい夢の国なディズニーランドですが、イッツ・ア・スモールワールドのように古典的な鉄板アトラクションがいつまでも愛されて続くようにあってほしいと思います。

そういえば、今年は入園料値上げを見送ったというニュースがあったことを思い出し、そのあたりの背景がどうなっているのかな、と検索したところ、1年前ながら興味深い記事を見つけました。

まさかの3年連続!どうして東京ディズニーリゾートは値上げを続けるのか?(舞浜新聞2016.02.14)

エンタ事業も多方面から分析が必要なのだなぁ、と、なかなか勉強になりました。

GWLS 2017 event

日経ウーマノミクス・プロジェクト主催のイベント、「グローバル・ウーマン・リーダーズ・サミット(GWLS)」に参加してきました。

昨今はやりのダイバーシティという用語や女性の働き方革命とかよりも、こちらイベントアタマに登壇の方の登壇タイトル「グローバルに羽ばたく日本女性に贈る、異文化理解力の育て方」に興味を覚えての参加でした。

すでに何年間も重ねてきたイベントだそうです。この度は六本木ヒルズ49階、たいへんすばらしい眺望のもとでの開催でした☆

メインテーマは「グローバル化する日本企業:職場のダイバーシティと新しい働き方」だったとのこと。

異文化理解と国際マネジメントの専門家であるメイヤー教授、グローバルに通用する「新しい働き方」を改革実施中の日本マイクロソフトの樋口泰行会長からお話がありました。どちらも興味深いものです。

エリン・メイヤー教授のカルチャーマップ(英語です)は、web上で分析できるツールがあるとのこと。異文化理解に興味ありの立場としては、ぜひトライしてみたいと思います☆

パネルディスカッションではウォンテッドリーCEO仲暁子さんも加わって、
一橋名誉教授の石倉洋子さんの頼もしいリードのもと、よりよい自分の未来に向けて進みだす一歩とその際の心がけ?心意気?みたいなメッセージをいただきました。

 

「自分にとって大事なもの」の見極めと、それがかたまった後での、「それ」への確かな注力が肝要であるとのこと。精査はたいへんだが、そのステップが自分のためになる。

そしておまけみたいな石倉さんのコトバ、こちらがイチバン響きました。

この人と仕事をしたい、この人のためなら、この分野にかけてはこの人を置いて他にいない、そんな人を見つけて、そのつながりを大切にすることが、自分が今後進んでいく道の中で、効いてくるとのこと。

無料だからと参加した何気ないセミナーでしたが、いいお話が聴けて、たいへんラッキーでした。感謝です。

おまけに開催場所六本木ヒルズの足元、けやき坂のイルミネーションもまだ楽しめました。本当に重ねて感謝です。けやき坂のイルミネーション、30分のうち、2色切換えを実施しつつ、2/14バレンタインデーまでやってるそうです♪

2016 HARVEST FESTIVAL at COCO Farm and Winery

Coco harvest festival2016栃木足利にあるココファームワイナリー収穫祭に参加してきました。

職場の仲間の誘いにのって気軽にエントリーしたものの、けっこうな距離にびっくり、東京から車で片道1.5H。

しかし現地を訪れてみて、このイベントに参加される方の人数にもびっくり。ブドウ畑および周辺のスペースにレジャーシートや椅子などがぎっしりひしめき合ってました。

たいへんな混雑ながら、ブドウ畑の一角に陣取ってワインを傾け始めると、まぶしいくらいの陽射しが気持ちくてゴキゲンの一日になりました!

今年で33回を数えるこちらのイベント、よく練られていて、エントリーフィーが3000円、ワイン1瓶+水+グラスとカトラリー が ハーベストキットと交換になります。

あとは、各種屋台で供される いいにおいのおつまみたちを思い思い購入し、気楽な顔ぶれと一緒に、それぞれの楽しみ方を満喫する という流れ・・・。

雨の日の翌日だったので、ちょっと足場はぬかるみ加減でしたが、秋色のぶどうの木々に囲まれて、ワインとお食事と音楽、ぜいたくな時間でした。毎年土日開催のうちほとんど1日は雨が降るのだとか。晴天の元での参加がかなってラッキーでした。

ココ・ファーム・ワイナリーでは、知的障害を持った方々も農夫としてブドウ畑拓き、美味しいワインづくりに貢献しています。母体となっているこころみ学園、 ココ・ファーム・ワイナリーのあゆみはこちら

参考:

第33回収穫祭 こころみ学園のワイン醸造場 ココ・ファーム・ワイナリー

栃木足利ココファームワイナリー収穫祭2016年11月開催!雨天決行 [食のイベント]

ワインが好き、ワイナリー巡りが好きな方には、ぜひおススメしたいイベントです。

Shochu tasting event

photogrid_1476276586752運よく日経主催の丸の内キャリア塾 スペシャルセミナー 【女性限定】楽しく飲むとさらにおいしい~本格焼酎と泡盛のチカラ~ に参加させていただきました。女性限定450名定員だったそうです。

冒頭でフィギュアスケーターの八木沼さんのお話があったと、焼酎談義のパネルディスカッションへ、そして100種試飲大会、というまったくリッチな楽しい空間でした。

きちんと本格焼酎を甲類・甲乙混和と切り分けたうえで、本格焼酎と書いたものを楽しんでくださいと宣言いただいた上でお話しいただいたので、当たり前の身の上ながら、いい構成と思われました。パネルディスカッションでは、焼酎が500年以上の歴史をもとに、6年前から國酒になっていること、血行促進・動脈硬化予防など健康にいいことなどを教わりました。

全国に5000銘柄の焼酎があるそうですが、今日はその中から本格焼酎を100程度揃えてくださったそうです。こちらのイベント、私には初でしたが、毎年恒例になっているとのことです。来年も、女子力キープで参加したいと思います。

今日のピカイチは 大分 藤井酒造 極上原酒 ふしぎ屋 43度(麦焼酎)です。

クリスタルちっくなボトルでパンチの効いた味わいを提供してくれました。

他にもいくらでもあるのですが、ごめんなさい。本当に想定外にステキな時間を過ごせました。感謝です。麦焼酎コーナーで、注いでくれた若い女性が、とても元気に丁寧に商品紹介をしてくださって、麦焼酎愛が募りました。ヒトに影響される点ってあるな~と。

よい一日でした。

Meiji Kogei : Amazing Japanese Art

photogrid_1474787129413上野の東京藝術大学大学美術館で開催中の「驚きの明治工藝」を見てきました。ポスターにズバリ、「すごい!びっくり!かわいい!」とあるとおり、見るもの見るモノ、ついついじっと見て、写真を撮ってしまう品物ばかりでした。

そう、こちらの展示会、ほとんどすべて(ごく一部NGあり)写真撮影OKで、むしろツイッター・インスタで宣伝して~とFree WiFiを設置してくれていました。ありがたや。

工芸とひと口で言ってしまうとシンプルですが、こちらで展示されている品々は、鍛金や鋳金、木などでホンモノそっくりにつくられた動物・植物だったり、ものすごい技巧を凝らした友禅染や、漆工、金工、七宝、象牙などなど。大きさも様々ですが、サイズの大小にかかわらず、ひとつひとつが強い魅力を放つものばかりです。いずれも日本の工芸作品ながら、台湾で漢方の薬剤師、生命科学の講師などもやっておられる宋培安氏がひとりで集めたコレクション3000点の中の一部を借りて構成されているそうです。こちらもいろんな意味でびっくりです。

生まれ年の辰年にあやかって、龍の自在置物が個人的なベストです。が、次点はタヌキです。ちょっと頼りなさげに投げた視線や肉球と、羽織ってる着物の背縫いのカーブがどうにも愛らしく。

そして、会場でも放映していましたが、東京藝術大学がつくったという自在置物ヘビのコマ撮り動画「じざいヘビ、にょろニョロ」が秀逸なので、ご興味ある方はぜひご覧ください。

驚きの明治工藝展、10月30日(日)までやっています(月曜休館)。工芸品に興味のある方にはおススメの展示会です。

photogrid_1474789535525また、こちらの帰り道に、上野公園で開催中の東京江戸ウィークなるイベントに立ち寄りました。真の日本文化を世界に発信するプロジェクトだそうで、和装で江戸の縁日を楽しもう的な空間づくりをされてました。ちょうどよく和装で立ち寄ったところ、おもしろ可愛い家紋の入ったマスをいただきました。

東京江戸ウィークは、今後も拠点を随時拡大していき、訪日外国人が日本文化を体感できるイベントを運営していくそうです。オリンピックの2020年には、全国主要都市で、2021年には世界主要都市での開催を目指すのだそうです。
元気でおもしろそうな企画には、ぜひがんばっていただきたいです。
上野公園では、水で絵を描くおじさんがいました。外人さん観光客とも上手にコミュニケーションをとっていて、楽しい方でした。

Festival of the Ethnic groups

PhotoGrid_1453645252618ヴァルナ・モールでイベントがあると聞いて、行ってきました。1月24日(日)1日限りのイベントで、タイトルは«Мозаика этносов»、近隣各地(?)の方々が地元のモノを紹介しあう、民族物産展のような空間でした。モールのサイト情報によれあ、ブルガリア域内の13のグループが参加されているとのこと。

PhotoGrid_1453647499522民族衣装を着飾って、ダンス・歌・楽器の演奏が披露される一方で、食べ物・飲み物・土産物の店も並び、提供者側・参加者側どちらもたくさん、イベント空間は人がごった返していました。

こう寒い日が続くと、モールのように外気をシャットアウトしてくれる空間はありがたく、そんなわけでの人の入りっぷりかな、とも思われるほどの賑わいでした。

PhotoGrid_1453646577409披露していたダンスのいくつかが、適齢期の男女のフィーリングカップル(死語かな…相手探し)みたいなものだったのが、印象深く、同時に興味深かったです。このイベントでは、踊り手さんが衣装を変えて、いろいろ踊っていらしたようですが、地元では今でも大勢で踊る慣習が大切にされているのかな~、とか、フシギな期待を込めて眺めていました。

PhotoGrid_1453647782574地元のテレビ等媒体も参加していたりで、一種、ナンデモ交流会のような風景でした。

一日集中型のイベントだからこそ、ヒトも密集して、中身の濃いイベントにできるのかもしれません。見るからにガイジンだったせいか、あまり話しかけられることもありませんでしたが、いち観光客ながらも、楽しく参加できました。

感謝です!

Tokyo-Nihonbashi walk

PhotoGrid_1444723082050とある週末、東京駅にいってみると、「東京駅~日本橋 昭和レトロめぐり」と称したイベントに遭遇。駅名表示的なカンバンとともに、切符を配っていたので並んでみると、東京~日本橋界隈6カ所で同様のブースがあって、コンプリートすると、台紙ももらえると聞いたのでむろんチャレンジしてきました。

元駅員の方々が、切符にハサミを入れてくださって、カチンカチンという懐かしい音が聞こえて、むかしの改札空間を思い出せて楽しかったです。なにげにハサミの穴の形もそれぞれ違っていて、全制覇のお楽しみが深まるシカケ満載で楽しかったです。

イベント自体は11月3日(火)まで開催しているとのこと、ご興味覚えられた方は、まだチャレンジチャンスは残ってますので、東京~日本橋界隈のお散歩にいらしてみてはいかがでしょうか。

なお、10月25日(日)には、「第43回 日本橋・京橋まつり 大江戸活粋(かっき)パレード」なるイベントも開催されるとのこと。2000人規模の皆さんが、中央通りを練り歩くというので、それはただならぬ壮観かと思われます。お祭りの賑わいって大好きなので、聞いただけでワクワクします☆

Victory Day, Russia

PhotoGrid_1431236598904数日さかのぼって、5月9日。この日はロシアの戦勝記念日、かならず晴れるのだそうです。ダンナさんから、天気操作してるから晴れるのは当たり前なんだよ。と、聞いていたものの、いやいや、冗談でしょう、と、本気にしていなかったら、まさしくその話をとりあげたニュースを見つけました。

ロシアNOW)戦勝記念日がいつも好天なわけ

5月9日の大祖国戦争(独ソ戦)の戦勝記念日は、ロシアにとって極めて大切だから、悪天候などで気分を損なうわけにはいかない。そこで、最近10年ほど、天候を操る技術を用いて、パレードの前に雨雲を吹き払う慣わしとなっている。

2005年のどなたかのブログですでに報じられていたことも発見。

第四回 「晴れ薬」 必ず晴れるロシアの祝日。恐るべきロシアの天気操作技術

なお、ロシアでは、カーネーションとゲオルギーのリボンがこの日戦勝記念日のシンボルなのだそうです。シンボルについて、関連ネタを各種サイトからひろってみました。

・リボン
オレンジと黒のストライプのゲオルギーのリボン。こちらはロシアで最も尊敬される軍の勲章である聖ゲオルギー勲章のリボンのレプリカ。もともとこの勲章は200年以上もの間、戦場での偉業に対して授与されてきたもの。この2色は、戦場に立ち上る煙と炎を象徴。このリボンは第二次世界大戦中、ソ連で栄誉勲章のリボンとしてよみがえり、その後は「勝利メダル」にも用いられた。現在は戦勝記念日が近づくとあちらこちらで配布され、洋服や自動車などに結ばれ、カーネーションは退役軍人に贈られたり、慰霊碑などに献花されるそうです。

・花
勝利の日には、赤いカーネーション(красная гвоздика)がよく贈られます。これは勇気と勝利の象徴だそうです。絵葉書などにもカーネーションが描かれていることが多いです。日本だと母の日の象徴なので、イメージが違いますね。ほかにはチューリップ(тюльпан)が贈られることもあるそうです。これは幸福、誇り、栄光の象徴だそうです。

・曲と歌
大統領就任式でも流れていましたが、グリンカの曲(Славься)が演奏されていましたね。個人的にはこのメロディー好きかも。後半には日本でも知られているカチューシャ(Катюша)が演奏されています。ロシア語歌詞は戦争に行った恋人を想うパートがあって、そのことから戦時流行歌になったんですよね。ちなみに当時のロケット砲の愛称もカチューシャといいます。

・товарищ!とура!
冒頭、防衛相が軍に呼びかけるシーンがありますが、今でもтоварищ(タヴァーリシ:同志)って言うんだーって思いましたw 声をあわせてура!(ウラー:万歳)は一体感がありますね。

参考:(ロシアぶろぐ(仮)~目指せ1日1ロシアネタ~)【今日は何の日?】День Победы(勝利の日) が各地で盛大に祝われる

どこかでも書いてましたが、終戦記念日、勝ったか負けたかだけではないのですが、記念日の過ごし方の日本ともずいぶん違って、それなりの戸惑いを覚えました。いろいろ勉強になります。人生経験、豊かになるのはすばらしいことだと思います。ありがとうございます。

Darmstädter Schaustellerverband

PhotoGrid_1430428247625ダルムシュタットの春のお祭りDarmstädter Schaustellerverband開催中。街中で宣伝看板をみつけたので自転車で行ってみました。先週末から来週半ばまでやっているようす。
平日日中、雨模様(降ったりやんだり&気温も高くない)のせいか、閑古鳥なく。
移動遊園地的に、360度まわるブランコとか、トロイカ(?ウニョウニョまわるのりもの?)とか、小空間を小さなカートを自分で運転するのとか、お化け屋敷みたいなのとか、いくつか体験型のものが出ばってきてます。あとは、売店。食べ物系は、ビール・ソーセージ・ポップコーン・クレープなど、そしてハート形のレープクーヘン(Lebkuchen)屋さん、的当て(風船)屋さん(景品はぬいぐるみ)、UFOキャッチャー、なんだかよくわからない衣類(スカーフ・サングラス・Tシャツ・パンツ等)を扱ってるお店もあり、初めて見る者にとってには興味深いです。会場の脇には、たくさんのトラックやらキャンピングカーが止まっていて、みんなこれに積んできてるんだなーと、違った関心も寄せたのでした。
自分の実家近所のお祭りと規模感を比べれば、オオモノのせいで負けてますが、総じるとトントンなのでは?くらいの賑わいな気がします。イベント開催の単位と規模感なんかが、国文化レベルで全然違うんでしょうが。。

予定よりもイベント会場での時間消費が少なかったので、ちょっと足をのばしてこれまた近所のバラ園(PARK ROSENHÖHE)へいってみました。
あいにく時期が早すぎてバラは苗木状態でしたが、庭木がきれいに整えられていて、ズバリの晴れた日に来たら、さぞ美しかっただろうと思われる、なかなかの空間でした。
ご近所空間、それなりにちゃんと探検しておくのは大事なことだと、あらためて思われた今日でした。

3D art in Tokyo, Shibuya

Shibuya-3D渋谷ヒカリエにて、クリスマス期間イベントの一環でオランダの路上3Dアーティスト、Leon Keer(レオン・ケール)の3Dポップアートが、渋谷Hikarieに出現しました。

B3Fにできあがった絵の実践を2Fでやっている中通りかかりました。ほほぉ~な眺めにしばし釘づけ。平面を立体視にもっていく絵のつくりざま、なかなか面白く拝見しました。

B3Fできあがりには、”View Point”なる写真撮影ポイントが設定されていて、そちらへ行列がしばし。実践中シーンでは、中心点から線を引いて描いているシーンもありました。決められた空間とテーマに対して何をどう描くかって、どう決めて順序立てて進めてるんだろう?とぼんやり疑問を持ちながら、せっせと描くアーティストを眺めるひとときでした。

作成風景って、あんまり眺める機会のない昨今なので、なかなか楽しかったです。

ステキな企画をありがとうございました。