Kourakuen Garden Spring Sakura 2018

春到来です。小石川後楽園では、梅に代わって枝垂桜が盛りです。ちょっとピンク色の濃い花が愛らしい姿を見せています。ソメイヨシノのピークはまだもう少し先になりそうです。

まだまだ開花ちらほら程度@2018.03.24。というのも、今年は春分の日に東京で雪が降ったほどの冬戻し天気があったためです、3月桜開花に向けた天気予報が気になる頃、寒い冬と暖かい春の組み合わせで、この春は勢いよく開花との予報を聞いた矢先、揺り戻しい天気の影響とは…となると。

あたたかい季節好きな身には、桜の到来はいずれにしてもうれしくて、キレイにひらいた桜の花のお目見えは大歓迎。小石川後楽園の入り口にある枝垂桜は、もうしばらく見頃な姿を楽しめそうです☆

春の桜の時期、視認性の高さと話題性もあり、桜にヒトも目も集まりがちですが、春ならではの草花タチも写真におさめられたのでご紹介です。

ジンチョウゲ・ツバキカタクリツクシアセビ

都立公園マンホール

 

Sakura at Koishikawa Korakuen Garden

東京の桜開花宣言が聞こえた後の寒い雨があがったので、久しぶりにランチタイムの小石川後楽園を訪れてきました。紅葉以来か、いつにも増して、ヒトが多いような気がして入園してみると、入ってすぐの枝垂桜が満開状態。ヒトが群れていました。

入口すぐの枝垂桜で虜にしてしまうのはちょっとズルい気がしますが、季節限定なので仕方のない話かもしれません。桜のヒトを魅了する力はハンパないですから☆

桜以外にも、カタクリ、マンサク、カエデなど、春の訪れを知らせるサインが多々見られ、あたたかい陽の光のもと、楽しい散策時間を過ごすことができました。

内庭のソメイヨシノもすでに開花、十分目に楽しい色を添えています。これからしばらく春満喫の空気を楽しむことができそうなので、こちらのお庭には、足しげく通いそうです♪