Crimea Sights

PhotoGrid_14196941956602015年の年始をはさんでクリミアを訪問してきました。クリミア観光スポットをドドンと案内していただいたので、備忘録的にご紹介します。

まずはヤルタのリヴァディア宮殿(Livadia Palace, Ливадийский дворец)。1945年にソ連のスターリン、イギリスのチャーチル、アメリカのルーズベルトという連合国のトップが集った「ヤルタ会談」が行われた空間。もともと、1911年にニコライ2世の夏の別荘として建てられた宮殿。現在は博物館として公開され、1階はヤルタ会談の様子の再現。2階はニコライ2世関連の家具や写真が展示されています。豪華で美しい空間です。

冬に訪れたので実感わかずながら、温暖な気候に恵まれたクリミア半島特に南沿岸は黒海屈指の保養地として知られ、かつての皇帝や貴族たちはこぞってこの地に別荘を建てたそうです(DTACウクライナ観光情報局より

なお余談ながら、クリミア中心地のシンフェロポリから南沿岸ヤルタまで、約86kmを結ぶトローリーバス(Crimean Trolleybus)は世界で最も長いトロリーバス路線なのだそうです。クリミア内の一般交通手段は主にこのトローリーバスまたはバスだそうです。

PhotoGrid_1419925565633アルプカにあるヴォロンツォフ宮殿(Alupka Palace/ Vorontsov Palace)にも訪れました。こちらは19世紀半ばにイギリス人建築家の建てた、ヴォロンツォフ伯爵の宮殿。ヤルタ会談の際、チャーチルが滞在した宮殿だそうです。

宮殿の山側がイギリスのチューダー調、海側がアラビア調と、異なる外観を持っています。過去、海を隔てたアラビア諸国との交流があったことがよくわかり、興味深かったです。内装は比較的愛らしい空間が多いように感じました。

PhotoGrid_1420132647112唯一青空の見えたこの日、やはり沿岸部のアルシュタ(Алу́шта)の街を散歩。池の像が凍り付くほどの気温ながら、陽射しを頼ってなのか、かなりの人がビーチへ繰り出していました。夏は、さぞたくさんの人でごった返しているんでしょう。

ビーチへ続く道にはお土産やさんが軒を連ね、貝細工、アクセサリー、木や石の置物、Tシャツ、冬ならではのニット手袋や靴下などなど・・・オフシーズンながらしっかり営業していました(笑)。

PhotoGrid_1420202861903クリミア戦争の舞台になったセヴァストポリも訪れました。ソ連時代に、クリミア戦争と第二次世界大戦での攻防戦の奮闘を讃え英雄都市の称号を与えられたそうです。

港周辺に、関連モニュメントがいくつも配されていて、案内されながら、歴史的知識の浅さを反省したひと時でした。。。

有名な、崖の上に建つツバメの巣を遠くから眺めることしかできなかったのが、若干残念でした!

PhotoGrid_1419950557985PhotoGrid_1419945544229<番外編> 観光名所ではないかもしれませんが、鍾乳洞(Marble Cave, Crimea)とロシア風 サウナ(バーニャ Баня)も体験してきました。

鍾乳洞はずいぶんと山の中にあり、山道の凍り付いた木々が寒々しい空間でしたが、洞内は年間一定9度だとか。こんな時期、我々以外にお客はおらず、広々とした美しい空間を独り占めできたひと時でした。

数々のクリミア名所を駆け巡って新年まで迎えたという、いってみれば怒涛の一週間でした。こんな形でむかえた2015年、楽しく幸多きものとなりますように。

あらためてクリミアの地と、私たち夫婦を迎えてくれた友人一家に感謝です!!!

【世界新聞】「クリミア半島」が世界の観光地トップ20に選ばれるほど美しい(2014年5月9日)

【毎日新聞】EU:クリミア制裁へ 投資や観光を禁止(2014年12月17日)

bathing

ドイツから一時的に里帰りして、ただいま東京滞在中です。

ドイツ生活で、なにげに一番最初に恋しくなったものが、お風呂でした。海外旅行などでバスタブのない浴室経験はありましたが、シャワーのみが日常化すると、お風呂を懐かしむ気持ちが沸き上がった自分に驚きました。

逆に、海外の方から日本のお風呂はどのように評価されているんだろう?と調べたところ、ユニリーバがすでに調査結果をリリースしていました。

-アックス シャワナビニュース 調査レポート- 在日外国人からみた『日本のお風呂評価』 調査結果発表 シンジラレナイ!在日外国人が最も驚いた、日本のお風呂習慣とは!?(2010年10月28日)

日本のお風呂文化について、在日外国人に聞いたところ、「日本のお風呂文化は進んでいる!」という答えが多くあがりました。シャワーで済ませることが多い外国人にとって、湯船につかることが当たり前の日本のお風呂文化はリラックスできる良い場だと思っており、日本の自然の恵みである温泉や露天風呂なども、母国に紹介したいと思っていることが分かりました。

日本のお風呂経験を通じて、日本のお風呂習慣を高く評価し、母国へ紹介したいとまで思われているのはうれしいことです。

そういえば、ドイツ滞在中、連れに一度サウナへ連れて行ってもらいました。ちょっと珍しい経験だったので若干振り返り。

Jugendstilbad Darmstadtは、古くは公衆浴場があった跡を活用して、温泉プール&サウナ施設として運営しています。受付は一緒ながら、プールゾーンとサウナゾーンは入り口も料金も別々。こちらのサウナゾーンのみを訪問。

サウナは、プールとは異なり、水着は着用しません。そして、男女混浴です。事前に聞いていたので、心の準備はしていきましたが、なかなか刺激的な経験でした。意外と老若男女、特に偏りがあることもなく均等にいらっしゃったことも驚きでした。それでも、毎週火曜日はレディースデーで、男子禁制となる日が設定されているのだそう。サウナルームは、40度、60度、70度、90度など、温度別でいくつもの部屋があり、思い思いの楽しみ方ができます。1つの部屋は、時間毎にプログラムされていて、アロマを炊いたりするので、ヒトが集中していました。一方の、更衣室やシャワールームについては、非常に簡素で実直なつくりで、東京の入浴施設の使い勝手の良さ等、行き届いたサービスとのギャップを感じました。サウナを楽しむ空間なので、そこを充実させて、その他は極限そぎ落とせば、こんな形かな、と考えれば納得ではあります。ところ変わればを楽しんだひと時でした。