Christmas in St-Petersburg

PhotoGrid_1451212263135年末年始の休暇を過ごすべく、連れの実家 ロシア・サンクトペテルブルクへやってきました。

ヴァルナに比べて5~10度ほど気温が低く、何より日照時間が短いことに驚いています。朝、外が明るくなるのが9時半過ぎですから。夕方4時半にはほとんど暗いです。

ヴァルナでは12月25日のクリスマスを祝うべく、街中がにぎわっていましたが、ロシアのクリスマスは1月7日。クリスマスよりも、新しい年、2016年が来ることを祝うべく、街の中心部周辺は、いたるところで電飾が飾られて、キラキラしていてたいへん美しいです。クリスマスツリーやサンタ風のジェットマロース、雪だるま等がある一方で、ところどころに来年の干支のサルが飾られたりしているところが、おもしろいです。寒さをカクゴして、ちょっと街へ出かけてみたくなります。

PhotoGrid_1451212081379やはり、ネフスキー大通りがいちばんきらびやかです。通りをまたぐように掛けられた電飾、街灯の電飾、通り沿いの建物の電飾、ただただ通りを歩いているだけで、ワクワクします。

どうやら私たちの到着と冬将軍の到着が同じだったようで、急に気温がグンと下がりました。聞けば、ここしばらくは曇天&雨天続き、だいたい5度程度だったそうですが、今は0度周辺、空は晴れていて風が強いです。これからは足元の心配は不要のようですが、本気の防寒対策をして出かける必要があるようです。

どこへいっても冬本番、みなさま、お変わりありませんようにご自愛ください☆

PETERHOF Palace

PhotoGrid_1434904429305サンクトペテルブルグに行ったら訪れたい観光名所のひとつ、「夏の宮殿」とも呼ばれる「ペテルゴフ」に行ってきました。サンクトペテルブルク中心部から30kmほど移動、フィンランド湾の南岸に位置しています。宮殿と上下(宮殿の表と裏)庭園、その他博物館で構成されています。

見どころは下の庭園の噴水群。これでもか!と言わんばかりに、数々の噴水が施されています。上の庭園にある貯水池の水および水圧をつかって、下の庭園の噴水の高さが調節されているのだとか。広大な敷地をつかって、かなり緻密な技術と計算を凝らした結果の芸術であることを思い知ります(あとおカネも・・・)。下の公園の噴水はフィンランド湾へ注ぎ込む、という、たいへん美しい設計です。

中央の見事な噴水の棚(カスケード)に限らず、けっこうな遊び心を利かせた噴水も多数。車輪状に数羽のカモが水を吹いている中、一匹だけ犬だったりするのはウケました。キノコの傘から降り注ぐ雨のような噴水、ベンチの裏から不定期に降り注ぐ噴水とか、びしょ濡れOKの夏の散策にもってこいのイキな工夫が凝らしてあって楽しかったです。

けっこうな晴天に恵まれたおかげで、観光客の入りもよく、宮殿に入るための行列がすごかったこともあり、この度は下の庭園散策だけにとどめました。2015年6月中旬現在、上の庭園は拝観無料、下の庭園+宮殿は、外国人500 RUB・ロシア人400 RUBです。特に夏の時期(5月から9月)にサンクトペテルブルグを訪問される際には、ぜひ訪れてみてください。

参考:【世界遺産】広さ、宮殿20個と公園7つ!ペテルゴフの噴水が今年もスタート(TABIZINE)

Horse Riding

PhotoGrid_1433604760255ロシアに住むみなさんは、「ダーチャ дача」といって、いわゆる別荘みたいな空間を持つ習慣があるそうで、そんな空間に招待された記録です。

Wikipediaによれば、ダーチャはロシア語で「与えられたもの」の意味で、これは1700年代にピョートル大帝が庭園付き別荘を家臣の貴族たちに与えたことに由来するのだとか。

話は戻って、今回のダーチャ滞在。白夜の最中でしたが、若干宵っパリながらの一泊二日、おおいに満喫しました!今回のベストはなんといっても乗馬体験。

PhotoGrid_1433549710392近くに馬場があり、10頭近くの乗馬用のお馬さんたちがいました。持って行ったリンゴをあげてると、ザラっとした舌を手に撫でつけながら、おいしそうに消し去ってくれました。食べものを認識してつかむのは、鼻と舌(口)で、目はいたって無表情なんだな~と、妙な観察をしてしまいました。

続いて「乗ってみる?」とお誘いがかかり、乗馬体験へ。どうにか私ひとりの指示で歩いてくれるまで乗れましたが、つくづく馬の賢さを思い知りました。馬自身がタイクツすると、振り落とそうとするんですね、、コワイ。馬の挙動にかかわらず、姿勢を正して手綱をつかんでたのが、功を奏したようで、落ちることなく、必要以上にビビることもなく乗り切りました。動物とのコミュニケーション、バカになりません。楽しかった。

お持たせの芋焼酎(千夜一酔 こちらで調達しました)が意外にも好印象、みなさん優しいです。。。この度、私もなにげにロシア滞在中初めてウォッカ(Vodka)をいただきました。乾杯メッセージのあと、まさしく杯を干すので驚きましたが、同時に面白かったです。こういう飲み方をするために、つまみが欠かせないのだそうです。作法というわけでもないながら、あるんですね。そうそう、イクラはロシア語でもイクラです。ロシア語のイクラは魚卵を意味するので、日本語のイクラだけじゃない点、注意です。バターを塗ったパンにイクラをもりっと載せていただきます。あと、BBQの串刺しのお肉をシャシリクШашлыкと呼びます。

異文化で片づける話でもないですが、いろいろおもしろいです。

おまけでこの度、新たに勉強したこと:

ダーチャ空間でルピナスは害植物。花をつければ美しいものの、根の張りっぷりが、よろこべたものではなく、気が付いたら除外した方がいいのだとか。ルピナスを愛好して育てる人もいる一方で、かなり辛辣なコメントを聞いて驚きました。

Faberge Museum in St. Petersburg

PhotoGrid_14330838906495月終わりの日曜日、ファベルジェ美術館(FABERGÉ MUSEUM)を訪れました。

ロマノフ朝のロシア皇帝アレクサンドル3世、ニコライ2世のために作られた大きなインペリアル・イースターエッグをつくった金細工師のピーター・カール・ファベルジェの作品をおさめた私設美術館です。
皇帝が妻のためにイースターに贈ったタマゴの飾りが発祥だったそう。最初は白身の中に金の黄身、さらに中に鶏と・・・と、まさにタマゴのマトリョーシカ的仕掛けだったそう。これがウケて、以来毎年恒例になったとか。今年はどんな趣向が?!と、楽しみだったろうな~と、見どころ満載の素敵なものばかりでした。美術館の所蔵品はタマゴに限らず、食器や日用品、絵画などもあります。一見の価値ありのものがたくさんです。
こちらの美術館、基本はガイドツアー形式、300ルーブリ。英語とロシア語の2言語対応。館内は靴にカバーをつけてまわります。写真撮影NGなので、あいにくコレクションの写真はありません。。夏休みが本格化する前の日曜日だからか、たいした待ち時間もなく入れてラッキーでした!

参考:ファベルジェ博物館がオープン(ロシアNow)
美術館を出た後は天気もいいので市内散策。日曜ならでは、運河沿いに露天の土産物やさんがならんでいて、久しぶりにチェブラーシカの置物をみつけました。日曜日に市内中心部を歩くと、英語を話す観光客がたくさんいて、心なしかほっとします。

Mariinsky Theatre, Ballet, St. Petersburg

PhotoGrid_1418443283245せっかくサンクトペテルブルグに来たのだから、と、連れがバレエ鑑賞にマリインスキー第2劇場へ連れて行ってくれました。

演目は「ロミオとジュリエット」、ブレイク2回でしめて3.5時間と若干長丁場でしたが。ため息の出るような美しいステージと演奏で、あっという間でした。ロミオとジュリエット、筋書きを知っているだけにわかりやすく、華麗な踊りに見とれるばかり。たまたま、近くの席を学生さん多数が埋めていて、おそらく音楽学校の最上級生の鑑賞イベントなんでしょう。男子はスーツ、女子はワンピの装い、若者の正装が微笑ましくうつりました。若者に限らず、ドレスの方々もたくさんいて、人間観察も飽きません。芸術を楽しむ、素敵な文化です☆

そもそも、チャイコフスキー作曲のクラシック3大バレエ「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」「白鳥の湖」のいずれかを老舗?のマリインスキー劇場で、と、探したものの、すでにチケット完売状態だったのでした。さすがの人気です。

mariinski01 mariinski02ここで少し、マイリンスキー劇場について調べてみました。マリインスキー劇場は、1783年7月12日に女帝エカチェリーナ2世の勅令により創設された、伝説的なオペラとバレエの専用劇場。ロシア帝国の皇族劇場のひとつで、1860年にアレクサンドル2世の妻であるマリア・アレクサンドロヴナ皇后の「マリア」から、「マリアの」を意味する「マリインスキー」と名づけられた。マリインスキー・バレエ、マリインスキー・オペラ、マリインスキー劇場管弦楽団が、ここを活動の本拠地としている。芸術オンチな私でもマリインスキーの名前を聞いたことがあるのですから、相当な歴史と格式を誇る空間に違いありません。

PhotoGrid_1418994575107さて、その第二劇場の位置づけは? こちらは2013年5月に完成、オープンしたて。マリインスキー劇場の芸術監督を務めるヴ
ァレリー・ゲルギエフの肝いりで建設~完成に至った代物だそうです。【日露ビジネスジャーナルにマリインスキー劇場第二劇場建設経緯の記事掲載がありました(寄稿■マリインスキー劇場と揺れるロシアの伝統)】経緯の云々にかかわらず、「抜群の音響と最新技術、現代的なガラス張りの外観に加え、スワロフスキー製のシャンデリアや、オニキスで仕上げられたロビーなど600億円以上を投じた劇場のゴージャス感溢れる内装」を堪能できた外国人としては、大満足でした。

※4つ目の写真はバレエではありませんが、マイリンスキー劇場にて「a night before Chrismas」を鑑賞したときのものです。記念までに。

Transport in St. Petrsburg

Wikipediaによると、サンクトペテルブルグは面積1400平方キロメートル(東京都23区 約700㎢の倍)、人工500万人(2013年時点 福岡県相当)。1703年にピョートル大帝が拓いた人工都市、モスクワに次ぐロシア第二の都市として栄えています。市街中心部を川・運河が縦横に巡る美しい街並みから、「北のヴェネツィア」と称されることもあるそうです。

今日は、そんなサンクトペテルブルグの交通手段についてです。

大まかに街を巡る手段としては、車、タクシー、バス、地下鉄(メトロ)。いわゆる鉄道は街の外へのアクセス用途です。乗用車以外、一般庶民の足は、バスかメトロ(トラムもありますが、未挑戦なので今回は省略☆)。

連れ曰く、東京でいうところのJRがメトロ、地下鉄がバスみたいな感覚だそうです。

バスは街中を縦横無尽に走っています。バス停と必要な路線番号さえ覚えれば、利活用は簡単のようです。ただ、驚くのは時刻表がないこと。5分も待てば次が来るので問題ないですが。。。また、同じ路線番号でも市営と私営のバスがあり、一律ながら運賃も違います。市営は各駅停車。私営は速いのがウリなので、乗車意思表示なければ停車しない徹底ぶり。乗車意思表示は、タクシー同様、バス停で手を挙げます。

metro03metro01
一方のメトロ、市内を5路線70近い駅で運営されています。ひと駅区間は長め、これまた時刻表ナシながら、いい頻度(次は2~3分で来る)で走っています。が、先の列車が去ってからどれだけ経過してるかを、電光掲示でリアルタイムにカウントしてくれてるので、たいへん便利です。意外とせっかちなんでしょうか。。

列車は5両編成くらい?どれも連結部は完全切り離しで、車両間の行き来ができません。走行中に車両間を渡り歩く人はいないのかもしれません。いずれも吊皮なしで、立ってるみなさんは、パイプにつかまります。

metro02サンクトペテルブルグ、川が多いので、地下鉄の駅のホームは、半端なく深いところにあります。駅の改札とホームをつなぐエスカレーターの長いこと。あまりの長さのせいなのか、どこの駅でもホーム側にエスカレーターの運行を見張る女性が座っています。

駅構内は外気から完全に守られているおかげで、たいへんあたたかいです。そして、構成にある程度のスタンダードがあるせいなのか、シンプルキレイ。ホームも広くエスカレーターも長いのに、広告も多くありません。

運賃一律28ルーブル(2014年末時点)でMマークのついたトークンを購入、これを改札に入れる方式。出口では無論検札なし。エスカレーターを上がり切ったら、思い思いの出口に向かいます。通勤ラッシュこそありますが、特に物騒なこともなく、きわめて安定した移動手段のようです。

バスもメトロも、日照時間の長短にかかわらず、早朝から深夜まで、ばっちり稼働しています。かなりあっぱれな働きぶりに驚いています。

若干尻切れ的ではありますが、本日はここまで。

Summer Palace, St Petersburg

PhotoGrid_1417745912403まるで冬ですが、「夏の宮殿」とも呼ばれるエカテリーナ宮殿のお庭を散歩してきました(対となる冬宮殿は、現在のエルミタージュ美術館本館です)。サンクトペテルブルグの若干郊外、プーシキン市にある、たいへん美しい宮殿で、夏の青空にとても映えそうな、青・白・金色を配した外観が印象的です。

こちら、ピョートル大帝の后、エカテリーナ1世が避暑用に作らせた(1717年)もので、外観からだけでも、その豪勢ぶりに目を見張ります。宮殿内には贅を尽くした55の部屋があり、中でも「琥珀の間」が見ものだそう。が、今回はお庭(無料です)の散策だけです。

大きな池の周辺に、小川や橋とともに散歩道が配され、ちょっとぐるっと回っただけで1.5時間の散歩になりました。一部、木々が集まった空間には、リスがいたり、小鳥用のエサ台に鳥たちが集まっていたり、小動物との遭遇も楽しめます。このときのリスは、手から直接エサ(木の実)を持っていきました。ずいぶん人に慣れているようで愛らしかったです。

池には氷が張り始めていましたが、庭木の手入れはぬかりなく、こんな寒さの中も、造園業者さん、お掃除の方々が活躍していました。あっぱれです。

Saint Petersburg, Russia

20141208-SaintPetersburgしばらく間が空いてしまいました。。。ただいま、連れの実家のあるロシア、サンクトペテルブルグに滞在中です。

サンクトペテルブルグは、ヨーロッパ的な建物が立ち並び、川も美しく配置されていて、たいへん美しい街です。

が、12月の気候は、気温零度周辺で、雪が降ったりやんだり&曇り空、積もった雪も解けやすく、足元がイマイチになりがち。これから年明け、1月・2月になると、零下の気温が安定し、晴れ間の見える白銀の世界になるのだとか。北半球もずいぶん北なので、陽の上がっている時間帯は、ざっくり10:00-16:00といったところです。もうしばらくすると、私もお日さまが恋しくなるかもしれません。

一方の街中は、スーパーは24時間営業当たり前、郵便局は夜8時まで営業、マクドナルドやスターバックスも見られるものの、けっこう多彩にローカル(ファストフード)チェーンやらカフェが24時間営業もざらの勢いで展開していて、たいへん便利です。人々のアシは、車だけでなく、メトロとバス。メトロはかなり地下深くを走っているものの、確かな交通手段として愛されているそうです。こんな東京と似通った点を見つけては、ちょっとした親近感を覚えて安堵するこの頃です。

もちろんこちらはロシア語圏なので、語られる言葉から街中の表記から、すべてキリル文字を使ったロシア語です。しばし滞在を機に、ロシア語学習に着手しました。長い道のりになりそうですが、コツコツがんばります(笑)。

ひとつイベントの話。12月6日(土)の夜に、エルミタージュ美術館前の広場で、プロジェクションマッピングをやってました。雪もちらつく、どえらい寒い中にもかかわらず、ものすごい人垣が広場を埋めていました。人々の娯楽を愛するココロは、どこの国でも同様のようです☆