Spargel, Asparagus

PhotoGrid_1430217199483シュパーゲルという呼び名も、すでに日本語で認知され始めている(たぶん)白アスパラガス。このところスーパーのみならず露店で売られています。いろいろですが、キロあたり3~10ユーロとその太さやら銘柄(かな?)に応じてクラス分けして売ってます。緑も売ってますが、白が主力っぽいです。勉強不足の私は、スーパーで買うのがせいぜいですが、ドイツ語堪能な方、お料理上手な方々は、これを機に楽しいお買い物を満喫しておられるのかと。
シュパーゲル(緑のアスパラも含めて)春イースター明けの頃から店頭で見かけはじめましたが、それ以前はからきし。年間栽培の難しくないはずなのに不思議に思っていましたが、おそらくドイツのシュパーゲルの旬を愛する心ならでは慣習に依るところだろうと理解しています。

シュパーゲルについてドイツニュースダイジェストでもかつて特集を組んでいたようです。時期・選別法・食べ方・歴史その他いろいろ詳しく載ってます。5000年前のエジプトにシュパーゲルがあったらしい話や、街をあげてシュパーゲル祭りが行われている話(皮むき大会があったり、シュパーゲル姫が選ばれたり…)など、歴史も深くて興味深いです。

asparagus-field陽に当たらないように土を盛って育てている上、さらにビニールをかぶせているので、高速道路を走っていて、シュパーゲル畑は見つけやすいです。ついでにシュパーゲルの絵のついた看板まで立ててくれてるので、ついついネタ帳的に写真におさめてしまいました。。

シュパーゲルはユリ科の植物でニンニク、ネギと同じ科に属するものだそうで、日本で食用にされているものとは異種のようです。なんとなく納得するところもあります。植物分類上のカテゴリ違いでも食用としては同じものとして扱われるあたり、おもしろいです。あらためて、違いをかみしめる意味でも、今夜あたりシュパーゲルをいただきます!

Ice Cream

PhotoGrid_1429541774694このところ、ちょっと日中は陽射しが暑いくらいの日が続くようになりました。そんな日はかならず、アイスクリーム屋さんのお店の前に行列ができます。
いま住んでいるダルムシュタットの街中で、ここは美味しそう!と目を付けていたお店Coccolaに、ようやく行ってみました。行って正解!美味しかったです。

ものすごくメニューが豊かなわけでもないのですが、他ではあまり見かけないアーモンドがメニューにあったり、豆乳使ったものを置いてたり、ちょっとした「ムネキュン」を誘うといったらいいんでしょうか。まあ、わざわざダルムシュタットまでアイスだけのために足を運ぶこともないでしょうが、何かのついでで選べるならば、選んでほしいお店です。ダルムシュタットのスクエアの裏手にあります。ちなみに、アイスひと盛り1.1€です。二つ三つ盛れば掛け算です☆

Mugnum-eisアイスクリーム屋にそうそう頻繁に行けるわけもないので、スーパー等でおいてるアイスにもトライしてます。ここしばらくのお気に入りはマルMのMAGNUMスティックアイスです。クラシック、ゴールド、アーモンド、ヨーグルトフレッシュ(ベリー系入りがいい!)等々、けっこうお世話になってます。

MOYASHI

PhotoGrid_1426272676178ドイツに来てしばし、ふと、もやしが食べたいな。と、思い立ったものの、近所のスーパーREWEで売っているもやしがイヤに高い。そしてどういうわけか、缶詰のもやしも売っていたりする。しかも缶詰のくせにやはり高いことに驚きながら、購入を断念。

ドイツ在住日本のみなさんは、もやしをどうやって調達しているんだろう?といぶかってみたところ、自家栽培という選択肢をとられている方がいることを学んだので、私も倣ってみることにしました。

参考にしたサイト:ドイツでみつけた 【Sojasprossen】ドイツのもやしKeimglasでもやしの栽培

種がふくらんで芽(根?)が出るまでは順調だったものの、いわゆるもやしの長さに育つまでにマメから葉っぱが育ちそうな勢いを見せてくれたので、栽培開始から4日目にして、食べちゃいました。

ベーシックに茹でただけですが、お味の方は、もやしというよりも、ほとんどマメでした(軽く塩味をつけたので、ほどよく美味しくいただけました)。まあ、発育状況からかんがみれば無理もない話です。とはいえ、ただの種状態からマメまで育てあげただけでも、我ながらよくやったな、なんて思ったのでした。

この自家栽培、そうとう地味ですが、割と気に入ったので、上手なもやしができるまで、または、手持ちのマメの種が尽きるまで(500gはかなりの量です)、気長に挑戦し続けていきたいと思います。

Rheingau

rheingau-201409Wikipediaからの引用

ラインガウ(Rheingau)は、ドイツに14あるワイン栽培地域(Region)のひとつである。ヘッセン州の南西端でライン川の右岸、北に向かって流れていたライン川が、左に直角に向きを変え、西に向かって流れる部分の、北岸の丘陵地である。

というラインガウへ、晴れた週末の土曜日ドライブに訪れました。午後のスタートだったので、Schross Vollrad, Schloss Johannisberg, Rudesheim am Rheine 3つのポイントを抜粋して満喫。ライン川沿いに整然と並ぶブドウの木々の緑が美しくて、しきりに写真を撮ってしまいました。この土地のブドウは、Rieslingばかりだそうで、供されるワインも無論Riesling。若干酸味のきいたすっきりした味わいの白ワイン、日差しが強く、気温の上がったこの日にはぴったりでした。聞くところによれば、こちらでとれるRieslingは地元消費がメインで、外にはあまり流通しないとのこと。なんとなくレア感も含んで、味わいも倍増? Schloss Johannisbergには、一面のブドウ畑を眺めながらグラスを傾けることのできる空間があります。時間のたつのを忘れてしまうくらいの、贅沢な時間をいただきました。

また、この日は9月最初の土曜日だからなのか、ドイツ的に日がいいからなのか、2つの城どちらでも結婚式が催されていて、花嫁花婿カップルや、着飾った来賓客のみなさんを見るのも、これまた楽しみな時間となりました。お天気に恵まれて、楽しそうで幸せそうな空間でした。

Rudesheimからケーブルカーでつながっている展望台Niederwald Monument (Niederwalddenkmal)がおすすめです。車だったのでケーブルカーは使いませんでしたが、片道10分程度のようです。ここの見晴らしが最高。ライン川をはさんで、手前のブドウ畑、向こう岸の街並み、すべてが一望できて、バツグンです。展望台には、大きな記念碑がそびえています。

どこへ行っても、日本人観光客の姿こそ見当たらなかったものの、Rudesheimでは、日本人観光客に向けたものと思われるサイン(呼び込み)がちらほら見られ、ちょっと嬉しく思いました。そして、ここのカフェで、久しぶりに、花売りおじさんを見かけました。過去、よく観光地で見かけた記憶がありましたが、久しく「いわゆる」観光地に行ってなかったのかも。。二人ほどあらわれましたが、どちらも赤いバラが20本ほど入った花束を持っていて、一輪づつ売ってるのかな?といぶかりながらも、欲しくもないし、ドイツ語も喋れないので、単に首を振って「要らないよ」のサインをお返ししたのでした。

ドイツといえば、ビールとソーセージ!というイメージをガラリと打ち崩してくれる、そんなとある週末午後のひと時でした。

Wine Festival 2014

wine-festival-2014街のセンターの通りひとつをまるまるつかってワインフェスティバル開催。日曜日がメインのようですが、木曜から連日開催しているようす。近郊のワイナリーから自慢のワインを連れてやってきたみなさんが、大小さまざまながら、10以上。加えてもちろんフードの屋台も顔を連ね、テーブルを設置したりで、たいへんな賑わい。フードの中身はといえば、ドイツならではのソーセージ(豚・牛・カレーペーストなど)、フレンチフライ、フラムクーヘンという名の薄いピザ(これがワインにぴったり)、クレープ(甘いので子供向け、あまり売れてない)、魚介のサンドイッチ(魚のフライも売ってる)、チーズ(小切りにしたものとプチトマトやブドウをまぜてグラム売りする形式)と、さまざま。ワインは0.1clから試飲感覚で楽しめ、ワイナリー独自のグラスで提供していておしゃれです。グラスを戻すとREFUNDされるシステム、プラカップで飲むよりも、断然おいしいです。

テーブルに席を構えたみなさんは(立って飲んでる人もいます)、ボトル買いして複数でシェアなんてスタイルも。思い思いの形で空間を満喫している様子を眺めているだけでも、イベント参加の楽しさが増します。訪ねたこの日の出し物は、20時からスタートのマーチングバンドとジャズバンド。心地よい音楽を添えてくれていました。

こちらは冬が厳しいために、白ワイン用のぶどうしかうまく育たないそうで、Rieslingをよくみかけました。もちろん飲みました。若干酸味があるものの、すっきりとして飲み口さわやか。赤ワインもいただくことができました(銘柄覚えておらず)。白は冷やしてすっきりいただく一方で、赤は常温でゆったりいただく感じ。この赤の醸す雰囲気が好きです。

全体的に街の年齢層が高いような気がして、連れに聞いてみると、彼の会社(地元です)は、全員40歳以上とのこと。工業大学があるので、学生はいるものの、娯楽の多くない街なので、そんなものかな、と。確かにKARSTADTみたいなデパート内の婦人服売り場は、異様にミセスのラインアップが充実していた。ある意味、お年寄りは日本よりもはるかにおしゃれです。一方の若者のおしゃれぶりがいまいちですが。

脱線しましたが、ワインフェスタに話を戻して。こちらのイベント、案の定、年に一度のようですが、ワイナリーのワゴンはこの時期毎週どこかの街で同じことを繰り返しているそうです。食欲の秋はじまる・・・といったところでしょうか。