Adachi Museum 2018

島根の足立美術館に伺う機会に恵まれました!

旅行社クラブツーリズムの企画で『開山1300年「大山火祭り」(たいまつ行列) 出雲大社150分滞在と足立美術館・帝釈峡 2日間』というものに参加しました(9/30にもまた開催予定だそうです)。体力必要でしたが、たいへん楽しみました。

鳥取の西の端にある大山(だいせん)という山の夏の山開きにあわせた企画、800mの石畳の参道を、たいまつを持ってくだってきました。開山1300年記念だそうで、2000本のたいまつを用意したとのこと。早朝の整理券は早々に完売になったそうです。これまで松明なんて持つ機会もなかったので貴重な経験です。そして、何より炎の行列が幻想的で、この光景の1点に貢献できたことが、ことのほか誇らしい心地です。毎年やってるイベントだそうですが、ちっとも知りませんでした。

たいまつ前に帝釈峡にも立ち寄ったのですが、夜のイベントで記憶的インパクトが薄れてしまいました。

2日目は足立美術館出雲大社

ミシュランにも選ばれた足立美術館には、かねてから興味があったのでワクワクの入館。これでもかと気合の入った庭園と、横山大観のコレクションがみどころです。が、個人的には童画もヒットでした。このところ、心が荒んでいるので、ピュアな心をゆさぶる童画にしばし目を奪われたひと時。童画もいいコレクションをお持ちです。画集を入手してしまいました。

足立美術館はドジョウ掬いで有名な安来節(やすきぶし)が出てきた安来市生まれの足立全康さんが故郷に錦を、と、個人美術館を設営したところに由来するそうで、その後、それがミシュランの目にまでとまり、国内外の観光客を呼び寄せるまでに成長しているそうです。縁もゆかりもない方ではありますが、90分では物足りないほどに楽しんだ美術館をつくってくださった足立全康さんには敬意を感じます。横山大観展を見た直後なので、なんとなく理解度が高かった気がします。

そして出雲。こちらは150分の自由時間をいただいての散策ができましたが、神話に数々登場する土地のいろいろを、興味深く聞き、拝見しました。なんたらのミコトとか、聞きかじり程度に認識しているだけでは、理解がおよばずせっかくだから神話を読み直してみようかな、と思ったほどです。

きっと地元の方は当たり前に神話とともに生きていらっしゃるんだろうと思われ、同じ日本の中でも、違うものだな、と面白みを覚えました。

道中、延々とバスガイドさんが多様な解説をしてくださいました。なかなか自分で調べても、ここまでレンジの広い知識は得られまいと思われるくらいのお話が満載だったので、これはツアー参加のたまものだな、と、感謝しました。

お楽しみ満載の楽しい時間でした。よいご縁をいただいて、前向きに歩む自分であろうと思います。

Tokyo 2016-FEB

ただいま、東京に来ています。しばしお世話になります。

成田空港に到着後、東京駅まで、「THE アクセス成田」の1000円バスを利用。もうひとつ「東京シャトル」も同様に1000円で東京駅~成田空港間をアクセスできます、双方に頻繁にお世話になる今日この頃です。よく知れたリムジンバス成田エクスプレスNEXは約3000円で、価格差びっくりです。リムジンバスは、ホテルからダイレクトにNEXはその他駅からのアクセスしやすさ等、すみ分けポイントがあるのだろうと思われます。知らずに適当なことは言えませんが、興味深い価格差です。

PhotoGrid_1456406347639さて、この度は、東京で再就職をめざします!

2年ほどのブランクと自身の年齢への不安もあり、派遣登録から着手をはじめたところです。OA スキルのテスト、派遣紹介会社で用意している情報管理やコミュニケーションの研修等、久しぶりも含めむしろ新鮮な気分を覚えつつのぞんでいます。いつごろからオシゴト着手できるやら、楽しみハンブンです。

東京、おいしいものに気楽にアクセスできて嬉しいです。第一弾は仙太郎の「ご存じ最中」。しっとり甘すぎない餡にココロが和みます。

東京銀座の鳩居堂のショーウィンドーに「一越塗壇雛飾り」がありました。たいへんかわいらしかったです。その上には季節柄なのか、漢詩がならんでいました。引用&意訳をコピペします。

桃之夭夭:美しく若々しい桃の花よ
均均其華:燃えるように華やかに咲くその花よ
之子于帰:桃の花のように美しい子が嫁いでいく
宜其室家:きっと新しい家でも幸せになることだろう
桃之夭夭:美しく若々しい桃の花よ
有蔶其実:はちきれんばかりに実る桃の実よ
之子于帰:桃の花のように美しい子が嫁いでいく
宜其室家:きっと新しい家でも幸せになることだろう
桃之夭夭:美しく若々しい桃の花よ
有葉蓁蓁:豊かに茂る桃の葉よ
之子于帰:桃の花のように美しい子が嫁いでいく
宜其家人:きっとその家の人達とも幸せに暮らすことだろう
「桃夭」意訳(中国最古の詩集「詩経」より)

桃を掲げるこの春の時期に、わが子(娘)に捧げるココロはどの地においても美しく響くものだなぁ、と思ったのでした。ひな祭り、今後も長く愛される年中行事でありますように。

※おまけ 一越とは・・・一越縮緬の略称、明治時代に開発された縮緬の技法。越とは緯糸を数える単位のこと。一般的な縮緬を作る場合、左右の撚糸を二越(2本)ずつ交互に打ち込んでいくが、「一越縮緬」では、撚糸を一越(1本)ごとに織り込むため、表面が細かくなめらかになり、高級感のある仕上がりとなる。

Transport in St. Petrsburg

Wikipediaによると、サンクトペテルブルグは面積1400平方キロメートル(東京都23区 約700㎢の倍)、人工500万人(2013年時点 福岡県相当)。1703年にピョートル大帝が拓いた人工都市、モスクワに次ぐロシア第二の都市として栄えています。市街中心部を川・運河が縦横に巡る美しい街並みから、「北のヴェネツィア」と称されることもあるそうです。

今日は、そんなサンクトペテルブルグの交通手段についてです。

大まかに街を巡る手段としては、車、タクシー、バス、地下鉄(メトロ)。いわゆる鉄道は街の外へのアクセス用途です。乗用車以外、一般庶民の足は、バスかメトロ(トラムもありますが、未挑戦なので今回は省略☆)。

連れ曰く、東京でいうところのJRがメトロ、地下鉄がバスみたいな感覚だそうです。

バスは街中を縦横無尽に走っています。バス停と必要な路線番号さえ覚えれば、利活用は簡単のようです。ただ、驚くのは時刻表がないこと。5分も待てば次が来るので問題ないですが。。。また、同じ路線番号でも市営と私営のバスがあり、一律ながら運賃も違います。市営は各駅停車。私営は速いのがウリなので、乗車意思表示なければ停車しない徹底ぶり。乗車意思表示は、タクシー同様、バス停で手を挙げます。

metro03metro01
一方のメトロ、市内を5路線70近い駅で運営されています。ひと駅区間は長め、これまた時刻表ナシながら、いい頻度(次は2~3分で来る)で走っています。が、先の列車が去ってからどれだけ経過してるかを、電光掲示でリアルタイムにカウントしてくれてるので、たいへん便利です。意外とせっかちなんでしょうか。。

列車は5両編成くらい?どれも連結部は完全切り離しで、車両間の行き来ができません。走行中に車両間を渡り歩く人はいないのかもしれません。いずれも吊皮なしで、立ってるみなさんは、パイプにつかまります。

metro02サンクトペテルブルグ、川が多いので、地下鉄の駅のホームは、半端なく深いところにあります。駅の改札とホームをつなぐエスカレーターの長いこと。あまりの長さのせいなのか、どこの駅でもホーム側にエスカレーターの運行を見張る女性が座っています。

駅構内は外気から完全に守られているおかげで、たいへんあたたかいです。そして、構成にある程度のスタンダードがあるせいなのか、シンプルキレイ。ホームも広くエスカレーターも長いのに、広告も多くありません。

運賃一律28ルーブル(2014年末時点)でMマークのついたトークンを購入、これを改札に入れる方式。出口では無論検札なし。エスカレーターを上がり切ったら、思い思いの出口に向かいます。通勤ラッシュこそありますが、特に物騒なこともなく、きわめて安定した移動手段のようです。

バスもメトロも、日照時間の長短にかかわらず、早朝から深夜まで、ばっちり稼働しています。かなりあっぱれな働きぶりに驚いています。

若干尻切れ的ではありますが、本日はここまで。