Varna, Bulgaria

ブルガリアのヴァルナ(Varna、ブルガリア語:Варна)に来ています。

map-Varnaブルガリア国内の人口規模では、首都София(ソフィア)Пловдив(プロヴディフ)に続く第3(約34万人)の都市だそうで、ブルガリア北東部、黒海沿岸に位置しています。Wikipediaによれば、ヴァルナはブルガリアの「海の首都」あるいは「夏の首都」とよく言われ、メジャーな観光地でありビジネスや大学、海港、ブルガリア海軍の司令部、商船などの各拠点が置かれているそう。つまり、冬の今はシーズンオフです。。

PhotoGrid_1449432323271とはいえ、気候はおだやかで、現在12月時点、日中の気温は10度周辺で東京での装いと大差ないレベルです。夏の賑わいはないものの、白い砂浜のビーチへ散歩にでかければ、温泉目当ての白鳥やカモメたちを目の当たりにできます。12kmほど続くビーチの中腹には、天然温泉(無料・混浴・水着着用)があるので、そのうちチャレンジしてみたいと思います。

ヴァルナの交通機関は主にバスかタクシー。電車は走っていません。昨年2014年にGPSを搭載して、バスの運行管理が画期的に近代化されたようです

ヴァルナに限らず、ブルガリアの人々はブルガリア語を話します。ブルガリア語はスラブ系の言語で、ロシア語にかなり近いそうです。ロシア語と同じキリル文字を使います。よって、街中はキリル文字であふれています。ロシア語初級レベルの私には、難しいことだらけです。

ちょっと食の話。日本では「ブルガリア=ヨーグルト」ですが、トルコほど料理にヨーグルトが使われることはなく、食べ物でいえば、チーズの採用率が高いイメージです。チーズといっても、カッテージチーズ系。いわゆる西欧のチーズに比べると、格段に蛋白な味です。クセはないので、食べやすいです。

あとひとつ、けっこう有名らしいブルガリア特有のジェスチャーをお知らせして、今回はおしまいにします。通常、アタマをタテにふれば「YES」、ヨコにふれば「NO」ですが、ブルガリアは逆(こちらの「はい」か「いいえ」?をご参照ください)。今後しばらくの間、現地の方とお話しして、実体験してみたいものです☆

Varna and Sophia, Bulgaria

20140805-Varnadriving_road201408少し過去にさかのぼってブルガリア旅行記。

2014年5月初旬と8月上旬におとずれました。5月はVarnaだけ、8月は首都SophiaとVarnaの2都市を訪問。いずれも、ドイツから車で片道一日以上(直線距離では24H)。けっこうハードな道のりでした。

ブルガリアといえば、ブルガリアヨーグルトと琴欧州のイメージですが、特に国を挙げてヨーグルト消費が盛んみたいな風潮もなければ、琴欧州のポスターが掲げてあるわけでもなく、琴欧州ばりの男子が街を闊歩しているわけもなく。農業がメインの産業のようで、少し街を外れると、車窓からは、のどかな田園風景というのか、見渡す限りの畑が延々と続いていました。5月の時にはアブラナの黄色、8月の時には、若干盛りの過ぎたヒマワリの黄色や茶褐色を眺めていました。EU加盟国なので、欧州からの観光客が多いようですが、欧州諸国に比べると、物価がはるかに安いそうです。

20140806-Varna ちなみに、ブルガリアはブルガリア語が公用語で、ロシア語に近い(若干違う)言葉を話します。道路標識などは、キリル文字の下にローマ字表記と2段表記になっています。

Varnaは黒海に面した街で、メインストリートをカモメが飛び交ったり散歩したりしています。ビーチも広いので、夏には日本の浜辺同様、海の家が営業を行い、観光客が水着姿で日光浴や海水浴を楽しみます。ブルガリアでは、ビーチバレーをする人が多いそうで、ビーチに専用コートが常設してあるのが驚きでした。また、西洋人ならでは、日焼け大歓迎、真っ赤になることを恐れずに太陽を浴びていました。鎌倉などの海よりも、塩気が薄いのか、ビーチに居ても、潮の香りが弱いように感じました。Varnaのビーチには、Rappongiというスシも提供するレストランがあります。たいへんオシャレでサービスも感じのいい、この界隈ではハイソにカテゴライズされるお店です。おススメです。

Varnaがビーチのある街ながら、産業もある街な一方で、まさしく夏のリゾート地であるサニービーチ界隈は、夏限定で観光客が押し寄せるスポットです。5月に通りかかった際には、眠ったようだった街並みが、8月には観光客だらけ、あちこちのホテルの窓には水着やタオル、浮き輪が軒並み吊ってある、ギャップに目が点でした。たいていが長期滞在型なのだとか。よって、ホテルと言っても、ウィークリーマンションっぽい使い方のようです。

20140805-Sophia一方のSophiaは、半日ステイながら、無料の市内観光ツアー free sohia tour に参加したおかげで、市内の要所をひと通りおさえることができました。学生さんがやっているもので、午前11時と午後6時の2回/日、2時間で英語の解説付きで案内してくれるものです。右も左もわからない状況下ながら、効率よく街をひと歩きできました。首都ならでは、大統領官邸にも立ち寄りました。8月の猛暑の中、ぴっちり制服に身を包んだ衛兵お二人が門番をしています。時間になると衛兵交代タイムがあるそうです。

ブルガリアを訪れて初めて知ったのは、バラの名産地だということ。街のあちこちでで、バラを使った石鹸や香水などをお土産として扱っています。そして食事面では、ヨーグルトよりも、独特のチーズを使った料理の方が印象深く、若干コクが少ないというか、淡白な味わいのチーズが白と黄色と2種類使われています。肉料理ももちろんありますが、野菜料理のバラエティが豊かなように感じました。

車の移動が多かったことも手伝って、ブルガリアローカルのファストフード Happy には、超お世話になりました。こちらのチーズパンとズッキーニのフライがすでに好物です。こちらのお店は、きれいな女性をそろえているのが特徴で、なかでも、赤いスーツで固めたお姉さんは各店舗のマスター的存在らしく、若干強面系ですが、絶対美女なので要チェックです。

最後に一つ、ブルガリアのハードリカー、ラキヤを紹介しておしまいにします。ブドウなどの果実からつくった蒸留酒で、40%くらいが通常です。細長いきれいなボトルにおさまっていて、甘味とフルーティな香りがあるものの、そのアルコール度数ならではの腹落ち感のある飲み物です。土地のものを試す際には、ぜひトライしてみていただきたい一品です。