State Tretyakov Gallery

PhotoGrid_1436101245752モスクワ観光にて、トレチャコフギャラリー Tretyakov Gallery in Lavrushinsky Lane を訪問。ロシア美術の粋を集めた美術館と聞いてましたが納得です。
入り口が存外ちんまりしていたこと、かつ、エルミタージュ美術館やクレムリンと比較すると入り口までの行列が短かったことに若干驚きましたが、なんのなんの。けっこうな鑑賞時間を費やしました。

レイアウトおよび館内ガイドマップがよくできていて、各部屋の制作時期、見どころアートなどをポイントしてくれているので、しっかりした知識なくとも見逃すことなく楽しめます。ありがたや。

トレチャコフギャラリーはパーヴェル・トレチャコフという19世紀ロシアの紡績王とその兄のコレクションから発したものだそうで、いまやコレクションは13万点とのこと。トレチャコフさんについて、いましがた学んだばかりですが、そのロシア芸術蒐集の情熱には頭が下がります。

個人的には Ivan Shishkin (1832-1898) の空気の感じられるような風景画とArkhip Kuinji (1841-1910)の光の加減と空間使いが気に入りましたが、アイコンのコレクションも多数。この度、連れが面白いことを言っていました。彼の最近のブームは「ロシアの歴史を探る」なのですが、探る中(主にネット)で見つけていた絵画のほとんどが、このトレチャコフギャラリーにおさめられていて、より興味深かったのだとか。いろんな見方で楽しむことができます。

12:00-16:00の時間限定ながら併設の美術館教会にもアクセスできます。みやびやかな教会で一見の価値ありと思うので、訪問予定の方は、時間要チェックです。

参考まで: The Russian Art Gallery ←ロシアの著名な芸術家の作品を閲覧できます

Kremlin

PhotoGrid_1436209282982モスクワ観光のめだま、クレムリン観光。

クレムリンについてWikipediaより引用:

旧ロシア帝国の宮殿。「Kremlin」は、英語やフランス語などでの表記。ソビエト連邦時代にはソ連共産党の中枢が置かれたことから、ソ連共産党の別名としても用いられた。現在もロシア連邦の大統領府や大統領官邸が置かれている。正面には赤の広場がある。
ロシア語では「クレムリ」となり、「城塞」を意味する。モスクワの他、ノヴゴロド、ニジニ・ノヴゴロド、カザン、アストラハンにあるものが有名である。モスクワのクレムリンはそれらのなかでも最も有名かつ壮大なものである。城壁の総延長2.25km。20の城門を備え、内部には様々な時代の様式による宮殿や大聖堂(寺院)が林立している。モスクワのクレムリンの原型となる城塞は12世紀に築かれたと考えられている。

かねてからお奨めを受けていた武器庫(The Armoury)にはぜひ!と思ったので、朝いちばんにチケットオフィスへ。武器庫だけは専用ブースになっていて、別売り(750rbl)。時間単位で武器庫に入れる人数を管理しているそうで、要注意。この度は無事に10時ワクで入れました。
武器庫とは名ばかり、ロシア帝国所蔵のお宝の数々を陳列している博物館です。王冠、王座、装飾品やイースターエッグ、ドレス、馬車等豪華絢爛な品々が目を楽しませてくれます。せっかくなので英語版オーディオガイド(有料)を借りて1時間強、堪能しました。写真撮影禁止なのが残念です。武器庫内にダイヤモンド庫も別途あり(別途有料500rbl)、こちらは開館時間が都合と合わず見送り。
その都合とは、衛兵交代イベントです。毎日?12時に、衛兵行進イベントをやってるそうで、20分前から広場に陣取ってスタンバイ。教会の鐘、ブラスバンド、歩哨、騎馬兵、どれをとっても、たいへん見事なパレードを楽しむことができました。歩哨の集団行動、銃を携えた足さばき、手さばきが秀逸。心底感動しました。タイムリーに所望の物を手に入れて至極満足。

kremlin-eagleラッキーついでに、クレムリン内のカラス駆除のために飼っているというワシ?とのツーショットを撮らせていただくことができました。ツーリスト万歳。
その後クレムリン内部の聖堂めぐり。5つの聖堂を渡り歩きました。聖堂内はアイコン満載、撮影禁止。ロシア正教に詳しい方にはヨダレものなのだろうな、と思いつつ、聖堂内のガイドマップをもらうだけで精一杯になっていました。屋外30度は、体力的にもこたえます。。

プーチン大統領の執務室のある棟にはアクセスできず。広い空間、歩行者用のガイドのあるエリアをはみ出ると、守衛が鋭い笛の音と怒声で警告します。外はピーカンギラギラの陽射し30度の空のもと、制服をバリっと着て警備に徹底する仕事ぶりに感心。この日はホール(クレムリン内にボリショイ第二劇場がある)でバレエ白鳥の湖の公演があるそうで、着飾った女性たちがちらほらと見えました。
ロシアの中心 クレムリン訪問、いい経験できました!

Moscow Sights

PhotoGrid_1436204298614ロシアの首都 モスクワ観光に行ってきました。街の大きさ、人の多さ、クレムリンの大きさ、スケールが大きくてびっくりでした。2泊3日あっても、クレムリンとトレチャコフギャラリーを訪れただけで、満腹モード。事前に多少の下調べをしていたものの、距離的に渡りきれないことを実感、断念多数。それでもけっこうしこたま歩きました。モスクワとサンクトペテルブルグのいちばんの違い→地下鉄の駅間の距離。サンクトペテルブルグのノリで歩いたら、へとへとになりました。。

さて、Wikipediaによれば:

モスクワはロシア連邦の首都。連邦市として市単独でロシア連邦を構成する83の連邦構成主体のひとつ、周囲を占めるモスクワ州の州都でもある。人口は約1150万人でヨーロッパで最も人口の多い都市であり、世界有数の世界都市である。市域面積2,511平方 km、市の中心をモスクワ川が蛇行しながら流れる。市内の地理はいたって明瞭で、クレムリンを中心に同心円状に展開、幹線道路はクレムリンから放射状に延びている。

PhotoGrid_1436207416779クレムリンMoscow Kremlin (Moskovsky Kreml) の正面が赤の広場。広場周辺にはグム百貨店 GUM Department Store (Glavny Universalny Magazin) や聖ワシリイ大聖堂 St. Basil’s Cathedral 、レーニン廟と数々の見どころが集まっています。ロシアの大掛かりなイベントは、この赤の広場で行われるだけあって、ものすごい広さです。端から端までわき目も振らずに歩いても15分くらいかかるかと。

赤の広場、ロシア名を直訳してその名で通ってますが、もともとは「美しい」の意味で呼ばれていたのだとか。今はクレムリンの壁も赤いけれども、かつては赤くなかったんだよ、と教えてもらいました。色が持つ意味もさまざまなので、正しく知ることの大切さを覚えました。

赤の広場、陽が落ちても、正面のグム百貨店からギラギラのライトでクレムリンを照らしているので明るいです。グム百貨店もディズニーランドのクリスタル・パレスを彷彿とさせる電飾(グムの方がはるかに大きいのでどちらがオリジナルやら)で夜映えします。夜の赤の広場も見事です。さすがロシアの首都モスクワの中枢、ダイナミックという言葉を形にするとこんな感じかな、というのを体感させられました。※モスクワ編、観光先別でこの後いくつか続きます。