Rice Harvesting at Koshigaya

この6月に田植え体験をした仕上げとして、稲の刈入れ体験に行ってきました。今度も日ロ交流協会よりのお誘いで、こしがや田んぼアートへ再び参加。

稲刈り当日は上からの眺望を楽しむ時間はなかったので、田んぼアート2017写真を参考に、こんな見栄えになっていたのか~と感心ひとしきりです。

田植え時には、握りこぶし大だった苗が、4カ月足らずで立派に育つとは、と、越谷の自然と日々のお世話をしてくださった実行委員会の皆さまに感謝です。

鎌を持って稲を刈っていると、バッタやカエルがぴょんぴょん。そこここを飛び交うトンボたち。日頃なかなか目にしない、のどかで穏やかな光景も一緒に楽しみました。

とはいえ、田植えに対して、稲刈り時間の短いこと。あっという間に終わってしまいました。聴けば、古代米は食用には適さないのだそうで、美味しくいただけるところだけの刈り取りでおしまいでした。とはいえ、太陽そそぐ空の下でのオシゴトは汗ばむ程度の労働力にはなり、仕事明けで配られたおむすびとお茶が美味しかったことは言うまでもありません。ごちそうさまでした。

たいへんよい経験ができました。ありがとうございます!

Paper making, Ogawamachi, Saitama

埼玉県小川町を訪れてきました。お目当ては紙すき体験。日ロ交流協会のイベントです。

たまたまではありますが、この週末、小川町は七夕まつりで、駅前から広がる空間はたいへんな賑わいでした。小川町特産の和紙をふんだんに使った七夕飾りが通りにみっしりと飾られていて、なかなかの見ごたえでした。夜には花火もあがったようです。

さて、本題に戻りまして、紙すき体験は、小川町駅からバスでちょっと行った先の埼玉伝統工芸会館内の和紙工房にて。

ユネスコの世界文化無形遺産に登録された細川紙と同じ材料を使って、自分の手で紙を漉き、好みのデザインでデコレーションして仕上げるというもの。デコ時間はあっという間でした。工房側で、薄い和紙をデコレーションの上にのせて仕上げをした上で、各自の自宅へ送付してくれるシステムです。楽しみです♪

細川紙をはじめとする国内の3つの手漉き和紙が、世界遺産登録されているそうですが、登録されるに至るポイントをうたったサイトをみつけました。なお、今回、細川紙と同じ原料で和紙をつくりましたが、細川紙とうたってよいのは、腕のある職人さんの手でつくられたものだけなのだそうです。技術の積み上げを評価する仕組みも大事なのだな、と、納得した瞬間でした。しかし、体験そのものでは見えてこない、材料を整えるにもかなりの労力を要するであろう伝統工芸が、この土地で大切に守られてほしいとも思いました。そんな意味では、この町の七夕まつりは、文化継承を支えているいい事例と感じます。

お昼どころ:東武東上線小川町駅すぐの しむら にてごまだれせいろをいただきました。そうめんのように白いおそばで、薬味をふんだんに混ぜたごまだれでツルツルっといただきました☆

Rice Planting 2017 at Koshigaya

日ロ交流協会のアウトドア企画で、田植え体験をしてきました。

田植え未体験だったので、これは良い機会☆とエントリーしました。場所は埼玉県越谷。事前調査ゼロでのぞんだところ、こちら越谷で、2010年から実施している田んぼアートへの参加でした。

今年は銀河鉄道999を描くのだそうで、メーテルも登場していました(メーテルは田植えしません)。

色の表現ができる古代米の苗を使って田んぼアートを作り上げるそうで、種類の違う苗を手に、決まったエリアへ植え込みんでいきました。田んぼの泥に足をとられつつ、苗床から少しづつ苗をとっては泥に手を突っ込んで植えつける、の繰り返し。泥にまみれるのも楽しいものです。田植えの体験を通じて、これが秋には稲穂になって刈りとられ、食卓に並ぶという流れをあらためて考える機会となり、貴重な経験ができたことへ感謝の気持ちです。

作業が終わった後は、おむすびをいただきました。カラダを動かした後の食事なので、何より美味しかったです。さらにおまけに展望台へ招待いただきました。東埼玉資源環境組合第一工場の展望台で高さ80mあるそうです。ここから田んぼアートがちょうどよく楽しめるそうです。が、今日の時点では、苗が小さすぎて、よく見えず。夏以降には、色づいた稲穂が描く田んぼアートを楽しめるようになるそうです。

また訪れる機会を楽しみに、田植え体験を終えました。