Mucha2017

国立新美術館で開催中のミュシャ展を訪れてきました。

週末だったことと、NHKの日曜美術館で取り上げられたことも手伝ってか、ものすごい行列をなしていました。

ミュシャ展の会場は2階、一方1階で開催の草間彌生展もすごい行列でした。現在、国立新美術館の敷地内、数々の草間彌生作品が飾られていて、撮影フリーらしいので、ついつい写真におさめてしまいました。

この度のミュシャ展のめだまは、チェコ国外世界初公開、超大作<スラヴ叙事詩>20作とのこと。私の中では、ミュシャといえば、アール・ヌーヴォーの優美な女性ポスターのイメージだったので、入口を抜けてすぐに広がった巨大な絵(と画を見入る人垣)に、ぎょっとしたのでした。

センセーショナルなスラヴ叙事詩の空間を抜けると、いわゆるミュシャの歴史をなぞるレイアウト、ひと安心しつつ、不勉強ながらミュシャと彼の時代背景を解説をちょいちょい読んで勉強しながらのひと時でした。
まる1世紀ほど前のこと。もう少し勉強しなければと思いました。

今回の一角に撮影フリーの空間があったので、私も撮影隊に参加してみました。

ヒトのアタマとの比較で、いかに大きな絵かおわかりいただけるかと。

The Power of Colors, Musee Tomo

少し時間をさかのぼりますが、菊池寛実記念 智美術館で開催の「The Power of Colors―色彩のちから」に行った(すみません、すでに会期終了しています~12/4)備忘録です。

こちらは基本、美術館創立者の菊池智(1923-2016)さんの現代陶芸コレクションをメインにした展示です。今回の展示は、色がのヒトのココロやカラダに作用する力に着目。陶芸における土の表情や美しい色彩表現を一手に集めたものでした。

陶芸家約36人、55件の作品による「色彩のちから」、チケットをいただいたご縁で立ち寄った感じでしたが、楽しみました。陶芸に詳しい方には言わずもがなでしょうが、徳田八十吉さんと藤本能道さんの作品を拝見できたことは、ありがたかったです。

この日、智美術館~駅のアクセス中、赤坂アークヒルズの蚤の市に遭遇、かわいいアンティークの指輪をゲットできしました☆ ちょうどテレビ東京さんがこちらに移られたタイミングらしく、クリスマスコスチュームに包まれたナナナにも遭遇できました。

といった一日の中で、ひとつおもしろい企画がはしっていることを見つけました。「21世紀鷹峯フォーラム~工芸を体感する100日間」。智美術館に冊子が置いてあっただけですが、主に都内で参加可能なイベントが多くリストされていて、たいへん興味深いイベントが進行中(~1/29)とのこと、読売新聞でこんな記事も組まれています。すでに終盤ながら、折をみて、積極的に参加したいと思いました。

Time management

先日、ポール・スミスと日経アソシエ共催のトークイベント「Paul Smith × Associe Special Night 」に参加してきました。関連記事がリリースされたのを機に備忘録までに。

場所は東京ミッドタウンの目の前のポール・スミス六本木店。国内のポール・スミスの中でも最大級を誇る広さなのだそうで、店内のアートウォールも見事です。

Paul Smith WATCH「The City」シリーズの新作発売を記念して、
高感度なビジネスパーソンのアンテナに響くトークショーが開催される。
箱根駅伝連覇を成し遂げた青山学院大学陸上競技部の原晋監督を招いて展開されるテーマは、時間、時計、そしてビジネス。スピードの時代を生きるビジネスパーソン、必聴である。

なんてうたい文句に興味を覚えてエントリーしたところ、めでたく当選のお知らせをいただき参加してきました。

箱根駅伝で見事2連覇を果たした青山学院大学の原監督のお話しも楽しく拝聴しました。時代の変化に則した自律した時間の使い方、実践に結び付けられる己の強さがヒトをつくるのだなぁ、と、学ぶところの多い時間となりました。間もなく本番を迎える2017年箱根駅伝も楽しみです☆

Paul Smithロゴと時計のプリントされたクッキーのお土産つき。帰路のついでに東京ミッドタウンのイルミネーションも楽しみ、盛りだくさんでホクホクしながら一日を終えました。感謝です。

SAHIFA KEBAB and BIRYANI, Roppongi, Tokyo

PhotoGrid_1466923851157南インド料理お店SAHIFA KEBAB & BIRYANIで、週末ランチを楽しんできました。「サイーファ ケバブ アンド ビリヤニ」と読むそうです。カタカナ長いので覚えづらいです・・・

場所は日比谷線六本木駅とミッドタウンのちょうど真ん中くらいの位置関係、ビルの1Fです。

週末ランチ1080円で、3種類のカレー(6種からチョイス)とナンorライス、サラダとドリンクが楽しめます。今日はおまけにオレンジゼリーのデザートサービスがついてきました。

辛さは普通でお願いしたところ、けっこう遠慮ないスパイシー度合い、お腹がしっかり温まりました&ボリュームもしっかり。ナンが美味しいのが嬉しい誤算で食べ過ぎました。

なんとなくお昼どき、お腹を空かせて飛び込んだお店でしたが、アタリです☆

食べログ評価もかなり高く。ビリヤニってなに?の私ですが、今度は事前学習の上でのぞみたいと思います。

食べログ

ぐるなび

Renoir exhibition, The National Art Center, Tokyo

PhotoGrid_1466924154297国立新美術館(六本木)で開催中のルノワール展を訪れてきました。パリのオルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵のルノワール作品をギュっと集めた、印象派リッチな展示会です。

8月22日までとこの夏いっぱい開催しているので、まだまだ時間には余裕ありです。

今回のイチオシは「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」が初来日した!ということのようで、空間配置もかなりイチオシ感がただよっていました。個人的には「田舎のダンス」と「都会のダンス」がお気に入りでした。ルノワールの観る者を明るい気持ちに誘い込むような絵づくりが好きです。140年ほど前にパリで活躍された方の絵ながら、今もなお世界中で多くの人に愛され続けることのすごさを思いました。※開催2カ月未満で来場者は20万人を超えたそうです。

もうひとつ、会場内休憩コーナーに設置されたルノワール展カメラがたいへん興味深く、ついつい遊んでしまいました。サイネージを通じて絵の中入り込むことができるオモシロ企画。今月いっぱい(6月)の期間限定だそうですが、機会があればぜひチャレンジしてください。

Roppongi in Varna, Bulgaria

PhotoGrid_1449432709574ブルガリアはヴァルナのビーチに、「ロッポンギ」という名前のレストランがあります。ビーチまで散歩の距離なので、ちょっと出かけたついでに立ち寄ってみました(Facebookページはこちら)。

スシがメニューにありますが、特に和食レストランというわけではなく、肉・魚、サラダその他いろいろ取り扱っています。お店はテラス席もあり、ビーチに面しているので、景色もよく、雰囲気もよく、たいへん居心地のいい空間です。店内装飾に折り鶴が取り入れられていたりするあたり、和のテイストですが、日本人の顔はまるで見当たりません。オーナーが日本好きとか、そんなところのようです。お会計時のレシート等をはさむフォルダに富嶽三十六景があったのは、ちょっと嬉しい驚きでした☆

この日は二人でスープとサラダとお寿司をいただきました。メイン不在の食事のようですが、けっこうお腹いっぱいになります。アジア、ヨーロッパ、ロシアと、世界各地の地域のお料理が美味しく楽しめるので安心です。ドイツ ダルムシュタットやロシア サンクトペテルブルグ滞在中は、あまり縁のなかったお魚料理がいろいろ楽しめるのが、ヴァルナのいい点だと思います(ブルガリアのほかの都市の食事情はわかりませんのであしからず)。

そのうち機会があれば、お店の名前の由来など、会話できるくらいにおなじみになりたいものです。

【2016-01-30 追記】

rappongi-logo六本木だと思って信じていた、こちらの店名、実は「ラッポンギ」でした。「ラッパン」というのが、サザエみたいなうずを巻いた貝の名前で、そちらをもじって名前を付けたのが由来だとか。語尾に「ギ」をつけたあたりだとか、もう少し気になる点はありつつも、六本木とは遠く離れた名前だとわかり、ちょっと肩透かしの思いを味わいました。残念。

ちゃんと読めば、読み間違いもいいところですね・・・失礼しました。

Fukuoka Marketing Event

PhotoGrid_1447935677068東京ミッドタウン3FのTHE COVER NIPPONで開催の「福岡に出会う」というイベントに参加してきました。「福岡県の伝統工芸品と作り手さんに触れることのできるイベントです!」という売り文句に好奇心を掻き立てられました。

無料のイベントながら、気合の入った企画で、作り手さん15社と作品、参加者30名。福岡県庁からのご挨拶にはじまり、各社プレゼンの後、各種作品を愛でつつのアンケート回答および、作り手さんとのガチンコトーク。気軽にエントリーしたわりには、タフな内容でしたが、お酒やおつまみもいただいた上に、ぐい吞み(上野(アガノ)焼を選びました!)のお土産までいただいてホクホク☆ たいへん濃い時間を過ごしました。

福岡県の伝統工芸、意外といったら失礼ですが、経産大臣指定の工芸が7つ、福岡県知事指定のものが31、計38もの伝統工芸品が認定のもと、受け継がれ、大事にされているそうです。織物、焼き物(陶器)、仏具など。博多織や久留米絣などは、着物好きを通じてアタマに入っていたものの、着物地以外の商品バリエーションの幅広さに驚きました。この度、いちばんキュンときたのが、添島勲商店いぐさのヨガマット。タタミ(いぐさ)の独特の香りをたたえつつ、軽くて持ち運びにも便利な形状にアレンジが効いていて◎でした。デザイン性の高いマットもあって、ヨガマットという名前ながら、いろんな形で使えそうです。

ご紹介のあった福岡県の伝統工芸品たちは、来月12月末までTHE COVER NIPPONで展示取り扱いされてるそうです。ご興味あれば足を運んでみてください!

なお、来年3月(2016/03/12-13)には、「ふくおか産業観光」というオトナの社会科見学イベントも開催するそうです。柳川のひな祭りにあわせて開催だそうで、旬なイベントもおまけにつけつつ、現地のものづくり現場を訪ねる、楽しそうなイベントが予定されています。

少ない時間ながら、福岡県への興味をかきたてるには、十分な時間でした。日本中、まだまだ私の知らないステキがたくさんなのだろうと思います。

PhotoGrid_1447935240412そしてこの時期ならではのステキもちょっとご紹介。東京ミッドタウン、クリスマスの12/15までSTARLIGHT GARDENを開催中です。今年は東芝協賛で18万個のLEDを使って、17:00~23:00、3分半の音と光のショーが展開中。たいへんロマンチックです。

これから徐々にギャラリーが増えていくのだろうなぁ、早めに見れてよかった♪などと、呑気にながめていた私でした。

ひょんなことから、多様なめぐりあわせの多い一日になりました。作り手さん、企画者さんにももちろんですが、スペシャルなご縁に感謝です。