Adachi Museum 2018

島根の足立美術館に伺う機会に恵まれました!

旅行社クラブツーリズムの企画で『開山1300年「大山火祭り」(たいまつ行列) 出雲大社150分滞在と足立美術館・帝釈峡 2日間』というものに参加しました(9/30にもまた開催予定だそうです)。体力必要でしたが、たいへん楽しみました。

鳥取の西の端にある大山(だいせん)という山の夏の山開きにあわせた企画、800mの石畳の参道を、たいまつを持ってくだってきました。開山1300年記念だそうで、2000本のたいまつを用意したとのこと。早朝の整理券は早々に完売になったそうです。これまで松明なんて持つ機会もなかったので貴重な経験です。そして、何より炎の行列が幻想的で、この光景の1点に貢献できたことが、ことのほか誇らしい心地です。毎年やってるイベントだそうですが、ちっとも知りませんでした。

たいまつ前に帝釈峡にも立ち寄ったのですが、夜のイベントで記憶的インパクトが薄れてしまいました。

2日目は足立美術館出雲大社

ミシュランにも選ばれた足立美術館には、かねてから興味があったのでワクワクの入館。これでもかと気合の入った庭園と、横山大観のコレクションがみどころです。が、個人的には童画もヒットでした。このところ、心が荒んでいるので、ピュアな心をゆさぶる童画にしばし目を奪われたひと時。童画もいいコレクションをお持ちです。画集を入手してしまいました。

足立美術館はドジョウ掬いで有名な安来節(やすきぶし)が出てきた安来市生まれの足立全康さんが故郷に錦を、と、個人美術館を設営したところに由来するそうで、その後、それがミシュランの目にまでとまり、国内外の観光客を呼び寄せるまでに成長しているそうです。縁もゆかりもない方ではありますが、90分では物足りないほどに楽しんだ美術館をつくってくださった足立全康さんには敬意を感じます。横山大観展を見た直後なので、なんとなく理解度が高かった気がします。

そして出雲。こちらは150分の自由時間をいただいての散策ができましたが、神話に数々登場する土地のいろいろを、興味深く聞き、拝見しました。なんたらのミコトとか、聞きかじり程度に認識しているだけでは、理解がおよばずせっかくだから神話を読み直してみようかな、と思ったほどです。

きっと地元の方は当たり前に神話とともに生きていらっしゃるんだろうと思われ、同じ日本の中でも、違うものだな、と面白みを覚えました。

道中、延々とバスガイドさんが多様な解説をしてくださいました。なかなか自分で調べても、ここまでレンジの広い知識は得られまいと思われるくらいのお話が満載だったので、これはツアー参加のたまものだな、と、感謝しました。

お楽しみ満載の楽しい時間でした。よいご縁をいただいて、前向きに歩む自分であろうと思います。

Early summer in Koishikawa-Korakuen

5月初日、小石川後楽園を訪れました。

牡丹を楽しむにはちょっと遅かったようです。が、新緑や新しい花々を満喫するにはよい機会でした。

とはいいつつも、目立った花々を写真におさめるには、十二分なコンテンツが散在している庭園です。いつもながら、ありがたく楽しんでおります☆

今日はボタン・ヒメウツギ・藤・白ツツジ・カキツバタを楽しめました。

来月には花菖蒲が楽しめるとのこと。気長な話ですが、こと自然に対しては、焦っても仕方がないので、見守りつつ、良さそうなタイミングを自らおさえるべく行動するのみかと。

新しい緑に色を添える花びらの色が、色いろとりどり、楽しませてくれる今後に来たいです!!!

Koishikawa-korakuen, Ume 2017

紅葉がおわり、冬に入って縁遠くなっていた小石川後楽園をひさびさに訪れました。

このところちらほら見かけるようになっていたを愛でるのが目的です。案の定、すでに咲き始めた梅の花たちが、白に紅にとあちこち咲き始めていて、ウキウキ心をあおってくれました。そして、個人的に大好きな蝋梅も盛りの枝を見つけ、一気にテンションがUP。
このところ運動不足で、カラダも心も重くなりがちでしたが、よい刺激を受けた格好です。

2月11日~3月5日の期間、「梅香る庭園へ」と題した梅まつりが開催される予告もあり、これから梅満開が期待できます。
小石川後楽園、梅のほかにも水仙サザンカがきれいです。さらには、ジンチョウゲのつぼみがふくらみつつあり、温かい春の訪れへの期待が募りました。
紅葉の終わり頃にセットされていた松の雪吊りが立派です。向こう2ヵ月のうちに、雪にさらされる機会があるのやら?と思うものの、冬ならではの装いは、見どころのひとつです。

庭園の中では今日も和装のカップルの写真撮影の姿が見えました。ほほえましい光景です。

the Hamarikyu Gardens, Tokyo

PhotoGrid_1457428752175縁ありまして、浜離宮恩賜公園の近くで派遣としてお仕事をはじめました。浜離宮、職場から、お昼休みにちょっと公園で散歩できる距離なので、さっそく行ってみました。

今は、菜の花が盛り、黄色の花畑が広がっています、むせかえるほどの香りです。サイトの情報によれば、3000平米の花畑に30万本の菜の花が咲き乱れているそうです。なお、梅の盛りは少し過ぎたものの、梅林への立ち入りOKなので至近距離で梅の花の撮影ができます。お天気の良いこの日、婚礼衣装に身を包んだカップルが、花畑をバックに写真撮影を行っていました。ほのぼのとした風景です☆

PhotoGrid_1457428027570菜の花畑と梅林の他にも、浜離宮には花々が咲き乱れています。

これだけ自然あふれた空間ながら、引きの写真に必ず入ってくる高層ビル群とのギャップが、都心の庭園ならではのユニーク加減をかもしているように感じられます。個人的には、このギャップが好きで、浜離宮ファンになった気がしています。

浜離宮は、古くは江戸・徳川将軍家の鷹狩場として海を埋め立てて1654年におこったのがはじまりだそうです。海水を引き入れた潮入の池と二つの鴨場があったとか。

明治維新以降、皇室の離宮となり、1945年に東京都に下賜された後、浜離宮恩賜公園として公開されるようになったのだそうです。なにげに浜離宮、たいへんな歴史のある空間です。周辺空間はめまぐるしく変化を遂げ、いまや高層ビルが立ち並ぶ街並みをたたえていますが、浜離宮ののどかな空気感は、永久であってほしいものです。

これから春ですから、調子に乗って、年間パス(300円/回のところ1200円/年です)を購入してしまったので、昼時限定ながら、足しげく通いたいと思います!

Catherine Park, Pushkin

PhotoGrid_1451751240254新年初散歩、プーシキン市のエカテリーナ宮殿へ出かけてきました。

まだ新年のまどろみ中で、きっとガラガラに空いてるに違いないと思ったらとんでもない。観光バスがたくさん、近隣には自家用車がたくさん駐車中。庭園へ足を踏み入れると、ガイド付きの団体がたくさん。宮殿館内の入口には、この寒さ(零下15度)の中、行列ができていてこれまたびっくり。お宮参りならぬ宮殿詣でなんでしょうか。こちらは単なる庭園散歩で、行列スルーなものの、ちょっとした新年早々のびっくりでした。

PhotoGrid_1451746150041さすが、ここ数日の冷え込みも手伝ってか、池は完全に凍結していて、氷の上を散歩する姿が多数みられました。おそらくすでに10センチ以上の厚みがあるようす。氷の上を歩く機会はめったにないので新鮮でした☆

我々のこの散歩メインの目的は、庭園に住んでいるリスの餌付けだったのですが、あいにく到着時間が若干遅かったせいか、リスには出会えず。代わりに、小鳥の餌付けに成功。この寒さの中でも、カラス、鳩、雀、シジュウカラ(Great tit)などがいて、自分の羽根をせいいっぱいふくらませて(もしかしたら、単に肥ってるコもいたかも?)、まるまるふっくらとして見えました。冬は動物の脂肪なども鳥のエサにするのだそうです。立派に育つわけだなぁ、と、わけもなく感心してしまいました。

30分も歩いていると、外気が刺すように感じられ、ジーンズはNGだったと反省。散歩にでかけて健康を害しては本末転倒なので、そこそこにして帰路につきました。

Darmstadt Sights

darmstadt201409

フランクフルト中央駅からSバーンで40分程度でアクセスできるDarmstadt。街の観光案内によると、Research & Science を誇る街だそうです、工科大学が集まっているので当然ではありますが、観光案内で主張されても・・・なので省略。

主だった観光ポイントは、街の中心ルイーゼン広場 Luisenplatzから15分以内に集まっています。Luisenplatzの中心には、高さ39mのルートヴィヒ塔がそびえ、塔の先端には19世紀中頃のヘッセン大公ルードヴィヒ1世像。この広場周辺に、市庁舎・城(現在は博物館)・郵便局・教会・大学と中枢機能があります、ショッピングセンターも然り。このエリアをセンターと呼びます。センターには、常に人がいます。カフェもたくさんあるので、天気の良い日には、テラス席はお茶やビールを傾ける人でいっぱい。センターには、マクドナルドもスターバックスもありますが、ローカルなファストフードやカフェもたくさんあるので、グローバルチェーンに人がたかることはないようです。同じくセンターのスクエアにある、旧市庁舎は、現在ビアホールとして運営され、地ビールを提供するレストランとして地元のみなさんに愛されています。

センターから少し東に行ったところに、芸術家村の中心地 マチルダの丘 Mathildenhoheがあります。まるまった5つ屋根の塔が目印です。こちらは、ヘッセン・ダルムシュタット大公国最後の大公エルンスト・ルードヴィヒが、19世紀末~20世紀初めにドイツ各地から芸術家を招へいし、芸術家村を形成した場所だそうです。塔は、ルードヴィヒ大公とマチルダ妃の結婚記念に建てられたもの(1908)。5つの丸屋根は宣誓時の手がモチーフだとか。この界隈には、招へいされた芸術家たちのアールヌーヴォー様式の家が残っていて、散策に楽しい空間です。

また、センターから北方面に少しあがったところに、フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー設計の集合住宅ヴァルトシュピラーレ Waldspirale があります。ドイツ語で森の渦巻きという意味だそうで、非常にユニークなビジュアルをたたえています。

街ゆく皆さんの交通は、自転車もかなりの数が行き交っていますが、トラムやバスも活用されています。ドイツ語が話せないので、怖くてまだチャレンジしていません。一日乗り放題6ユーロ、2日で9ユーロというチケットがあるようなので、そのうちチャレンジしてみたいと思います。

どんぐりや栗の実が転がっているシーンが当たり前のこの頃、ちょっと歩いて行ける手ごろな公園が近くにあるこの街は、住む人にありがたい空間です。街でいちばん大きな公園は、Herrengarten、お城併設の公園です。公園部は芝生が広がり、ジョギングする人、犬を散歩する人、思い思いの楽しみ方をしています。また、英国式にガーデニングを施した空間もあり、季節の花をめでることができます。