Tonkatsu ISEN, Tokyo

PhotoGrid_1462516291796銀座 松坂屋跡地のウラ手にある、銀座とんかつ井泉でお昼をいただいてきました。二本足でゆるーいポーズをとる豚さんが可愛らしいキャラクタとしてお店の看板に描かれています。お店の中にもちらほらと。揚げ物屋さんながら、清潔感の漂う、ステキなお店です。

湯島が本店のカツサンド発祥のお店だそうですが、定食の方が勝ちました。

この日は、おろしロースかつ定食(1260円)と生姜焼き定食を二人でいただきました。お店のイチオシロース定食(1980円)とは、使っているお肉の部位とグラムが違うのだそうです。それでも十二分に満足なお肉のクオリティ、おかわり自由のキャベツとゴハンもありがたいです。失礼ですが、ゴハンがふっくら炊けていて美味しいのが意外で、少々残すつもりが全部たいらげてしまいました。。

ちょうど食べ終えたころを見計らって熱いお茶も出していただき、丁寧なサービスがとても嬉しいお店でした。次は、お腹を空かせて、イチオシをいただきに訪れたいと思います。

PhotoGrid_1446250204694とんかつつながりで、昨秋に訪れた新富町のとんかつのお店 かつ銀もご紹介。このときは、3人で訪れたので、見た目も豪華な盛り合わせをオーダー。お腹いっぱい美味しい揚げ物三昧を楽しみました。

半地下になった広々とした空間に大きなテーブルと4人掛けのテーブルがいくつか。グリーンや焼き物が上手に配置してあって、居心地のよい空間です。

トマトの中に具を仕込んだ、おもしろいトマトサラダをいただきました。こういったアイディア料理をいただけるのが、外食のお楽しみです☆

 

なにげに振り返ると、ここ最近揚げ物続きの日々を過ごしているような。。。そろそろ節度をわきまえた、お店選びが肝要な頃かもわかりません。

 

Tekkinro, Shintomicho Tokyo

PhotoGrid_1445905704728天ぷらをランチで美味しく楽しめるお店として親戚に勧められた 躍金楼(てっきんろう)を訪れた備忘録。明治6年創業 花柳界のできた頃から140年以上続く歴史ある割烹だそうです。

黒塀に柳と、たいへん風情のあるたたずまい、ひとりではチャレンジしづらいと感じてしまいそうですが、「すたんど」とおっしゃる正面右手の小さな入り口から、カウンターでいただける空間へ案内いただきました。ランチはかなりリーズナブルな価格設定。お刺身も美味しいとのススメにしたがい、天刺膳をいただきました。カウンター越しでカラリとあがった揚げたての天ぷらが、頃あいよく供され、たいへん楽しい時間を過ごしました。

お店を訪れた記念に、創業当時のお店の様子を描いたという浮世絵入りのコースターをちょうだいしました。お店の窓から築地方向の島が見渡せ、昼時には造船所からあがる煙が見えたとか。窓に居並ぶ女性たちが艶っぽくてステキです。こちらの浮世絵、「開化三十六会席」といって今で言うところのグルメガイド。そのポジションを今に伝え続けることのすごさを、ひとつのランチタイムながら、舌見させていただきました。尊敬モノです。たいへんステキな空間を紹介いただいたことに感謝。