Oishinbo, Kagurazaka

瓢箪坂 おいしんぼを訪れた備忘録。

神楽坂おいしんぼの二号店だそうです。職場の新年会ということで、ちょっとフンパツ?の期待をかけて訪れました。
その昔、料亭だった空間をリノベしたお店だそうで、ちょっとクラシックなつくりになっていて、建物そのものも興味深いお店です。
雰囲気そのまま料亭のお料理内容かと思いきや、そうでもない。給仕してくださる方々は、たいへんお若くて、そそっかしい。
注文したお酒(おまかせ三種)が一部こぼれて提供されたり、話している我々の目の前を割って入るようにお皿を下げてくださったり、そんな残念な経験ができたので、二度目はないな、と思ってお暇しました。
お料理は、ふつう。多少目新しいものもありますが、この日は料理長が出張で不在だったとのこと。せっかくだったので写真を撮りましたが、盛り付けもお味も、あいにくココロあがらず。本店だったら、そうでもなかったのでしょうか。
神楽坂、あんまり頻度高く探索できていませんが、職場が近いので、ちょっと注意してお店選びが必要と学んだ日でした。

New Year 2017

すでに新年感が抜けたころですが、まだ正月の定義の中との認識に甘んじまして、本年もよろしくお願いいたします。

しばらくさぼってしまいました。。。
振り返れば、本当にいろいろあった2016年でした。ひと言でいうならば、バタバタしすぎ。2017年は、もっと大切に過ごす年にしたいと思います。
年始は、幼少期から恒例の、親族集っての新年会に参加し(去年はロシアでした)、美味しい日本酒に囲まれて、ホクホクしたひと時を過ごしました。日本酒の種類の幅広さには、いつも感心しますが、だいたい自分の好みのベクトルも定まってきたので、少しわけのわかったことが言えるようになりたいな、のこの頃です。

今年は酉年、丁酉(ひのととり)にあたるそうです。
60年周期でモノを見るには難しいことがありまくりな世相ですが、どうなんでしょう?

ご参考:2017年の干支は「丁酉」。どんな年になる?60種類ある干支の意味とは(HOME’S PRESSより)