Diversity, Sustainability, Innovation

先日、グロービス経営大学院 東京校にて開催の、「地域を変革する社会起業家に学ぶ事業構想と実行力」ソーシャルナイトセミナーに参加してきました。

本セミナーでは、人口減少やGDP縮小時代に対応する新たなイノベーションの生み出

し方について、先駆者たちの事業構想力や実行力から学ぶとともに、地域創生、持続
可能性、ビジネスモデル、イノベーション、実行力などをキーワードに、ビジネスス
クール流の分析も加え、ディスカッションやQ&Aもふんだんに行うことで、ご参加者
の有効な学びへとフィードバックします。

こんな売り文句に興味を覚えて参加したわけですが(定員150名のところ、抽選に通りました☆)、十二分に元気なお話を聞くことができました。

登壇者はこちらのお三方:

NPO法人 アスヘノキボウ 代表理事 小松 洋介 氏

小松洋介さん~「よそ者の価値」を生かしながら地方で生きるという選択肢
公益社団法人MORIUMIUS(旧Sweet Treat 311) 代表理事 立花 貴 氏

「モリウミアス」がつくる未来 被災地の一次産業を蘇らせて「地方創生」のモデルに

NPO法人ETIC. 理事 事業統括ディレクター 山内 幸治 氏

「僕が右腕派遣に取り組む理由」 ETIC.山内幸治インタビュー

ソーシャルビジネスで成功するには?という切り口で集まった方が多いのかどうか不明ながら、事業の紹介よりもパネルセッションのお話が、まさしくそれぞれの皆さんが臨んでいる日常や思想が垣間見えて面白かったです。

いま、ベンチャーに臨む起業家のマインドは課題解決型と価値創造型の2極にあるという話。

現在の東北は震災の影響で、日本の15年先進んだ未来にあると考えられる。つまるところ、未来の縮図がそこにあり、最先端の社会課題に触れることができる環境にあることを刺激と感じて仕事に臨むことができるとのこと。

やはりよそ者感は否めないものの、聴く力をベースとしたコミュニケーションを醸成することで、共感を集め、時間をかけて良好な関係を構築することが期待できる今に至っているそう。

これからはどのような社会、暮らしをデザインするかが大切なマインドになっていく方向性、そこにイノベーションのヒントがある。多様性のある環境、持続可能な事業を心掛けることがカギとのことでした。

あいにく今の自分に即役立つ知識ではないものの、プラスになる考え方をもらった夜でした。感謝です。

Shochu tasting event

photogrid_1476276586752運よく日経主催の丸の内キャリア塾 スペシャルセミナー 【女性限定】楽しく飲むとさらにおいしい~本格焼酎と泡盛のチカラ~ に参加させていただきました。女性限定450名定員だったそうです。

冒頭でフィギュアスケーターの八木沼さんのお話があったと、焼酎談義のパネルディスカッションへ、そして100種試飲大会、というまったくリッチな楽しい空間でした。

きちんと本格焼酎を甲類・甲乙混和と切り分けたうえで、本格焼酎と書いたものを楽しんでくださいと宣言いただいた上でお話しいただいたので、当たり前の身の上ながら、いい構成と思われました。パネルディスカッションでは、焼酎が500年以上の歴史をもとに、6年前から國酒になっていること、血行促進・動脈硬化予防など健康にいいことなどを教わりました。

全国に5000銘柄の焼酎があるそうですが、今日はその中から本格焼酎を100程度揃えてくださったそうです。こちらのイベント、私には初でしたが、毎年恒例になっているとのことです。来年も、女子力キープで参加したいと思います。

今日のピカイチは 大分 藤井酒造 極上原酒 ふしぎ屋 43度(麦焼酎)です。

クリスタルちっくなボトルでパンチの効いた味わいを提供してくれました。

他にもいくらでもあるのですが、ごめんなさい。本当に想定外にステキな時間を過ごせました。感謝です。麦焼酎コーナーで、注いでくれた若い女性が、とても元気に丁寧に商品紹介をしてくださって、麦焼酎愛が募りました。ヒトに影響される点ってあるな~と。

よい一日でした。