Serizawa Keisuke

PhotoGrid_1458552127564現在、東京国立近代美術館工芸館で開催中の「芹沢銈介のいろはー金子量重コレクション」を訪れました。

芹沢銈介は日本を代表する染色工芸家、「型絵染」で人間国宝に認定された方です。昨年2015年が生誕120年だったとか。作品は着物、帯、のれん、屏風、さらに本の装丁やカレンダーなど多種多様。

紅型由来のはっきりした線と多彩な色遣いで、愛らしい、親しみを覚える作品が満載でした。なお、こちら、写真撮影OKだったので、展示作品のいくつかをパチパチさせていただきました。

この芹沢さんの工房は東京・蒲田にあったそうで、母の幼少期に接点があったとか。ちょっと間接的ながら親近感を覚えるトピックです。5月8日までやっているので、ご興味ある方、ぜひ足を運んでみてください☆

なお、こちら工芸館の建物は、1910年に建てられた近衛師団司令部庁舎を改修したものだそうです。1972年に重要文化財に指定。

PhotoGrid_1458549975920お天気の良かったこの日、東京がようやく桜開花宣言。

近代美術館から目の前の皇居へちょっと寄り道。あいにくソメイヨシノはつぼみがかたく、桜は彼岸桜の満開モードどまりでしたが、二の丸庭園ではボケ・レンギョウ・シャガなど、春らしい花の数々を楽しむことができました。

今週末3月25日~31日は、皇居内桜の通り抜けを実施するとのこと。例年すごい人混みらしいです。チャンスと体力があれば、ぜひチャレンジしたいところです。今週末までは、雨知らずの天気予報。ぜひこのままキープしてくれて、この春の桜を長く楽しめることを期待します!

spring is coming

PhotoGrid_1454781238108ちょっと散歩にでかけたところ、海辺の公園で桜に似たような花が咲いているのを見つけました。たったの1本だけですが、このところ15度を超える日が数日続いたり、また5度まで下がったりと三寒四温のような日々の繰り返しが、春を徐々に招いてくれているようです。はたまたネコヤナギ(?)のようなぷっくりした花芽をたわわに抱えた枝もみつけ、まだまだ2月が始まったばかりで気が早いようですが、春を待つ楽しみを感じるこの頃です。

PhotoGrid_1454781386213そんな今日、私が毎日のように眺めている海鳥たちを間近で観察する機会があったので、写真におさめたうえで調べてみました。カモメっていろんな種類がいるんですね。

ウミネコとカモメの違い(海と写真とウェブログと より)

主なカモメの見分け方

ひと通り眺めて、アシの色とくちばしの色から判別するのがポイントと学習。したものの、日本にはいない色のコンビネーションだと気が付き、アシ・くちばし黄色とくちばしの赤い点から、キアシセグロカモメ(黒海に生息というので確信)と判明。さらに、若干茶色を帯びた黒いくちばしのコは誰?と思うと、こちら、同じセグロカモメながら成鳥前の冬羽バージョンだそうです(ミツユビカモメと仲間たち より)。世の中いろいろ観察してウェブ共有してくださる方がたくさんいらして助かります。勉強になります。サイズは成鳥と同じなので、けっこう大きいので、コドモだったのか…と、逆にびっくりです。ただ、成鳥だけが、遠出して海岸から徒歩20分程度のエリアにも飛んできてるので、そういうことかと今さら納得。

さて、ちょいちょい不定期に書き続けているこちらのブログも、ようやく200ネタつもりました。いつも読んでくださっている皆さまに、ここであらためて感謝の気持ちをお伝えしたく。どうもありがとうございます。引き続きお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。