Kaminoge Sarashina, Soba

近くに美味しいお蕎麦やさんがあると教わって、上野毛 更科にてランチを楽しんできました。

あまり大きなお店ではないながら、お店の入り口に植木と金魚鉢が配されていて、ぱっと見ただけでも、風情があって魅力的です。うかがったタイミングがあいにく満席で、しばし待ち。待ちながらもダシの香りがただよって、心地よかったです。

ランチは小丼とたぬきそばのセット1000円がお得ですが、+200円でおそばをせいろに替えることができます。まわりを見ると、セットを頼んでいる方が半分、せいろとかき揚げのような形で、アラカルトで頼んでいる方が半分でした。お蕎麦が好きな方が訪れるお店のようです。

この度私が頂いたのは、焼き鳥丼+たぬき。ちょっと味濃いめだったので、このあとのどが渇いて水をがぶ飲みしてました笑

お店に置いてあった焼酎が、私好みだったので、夜の時間に訪れるのもよさそうに感じました。備忘録まで。

Shochu tasting event

photogrid_1476276586752運よく日経主催の丸の内キャリア塾 スペシャルセミナー 【女性限定】楽しく飲むとさらにおいしい~本格焼酎と泡盛のチカラ~ に参加させていただきました。女性限定450名定員だったそうです。

冒頭でフィギュアスケーターの八木沼さんのお話があったと、焼酎談義のパネルディスカッションへ、そして100種試飲大会、というまったくリッチな楽しい空間でした。

きちんと本格焼酎を甲類・甲乙混和と切り分けたうえで、本格焼酎と書いたものを楽しんでくださいと宣言いただいた上でお話しいただいたので、当たり前の身の上ながら、いい構成と思われました。パネルディスカッションでは、焼酎が500年以上の歴史をもとに、6年前から國酒になっていること、血行促進・動脈硬化予防など健康にいいことなどを教わりました。

全国に5000銘柄の焼酎があるそうですが、今日はその中から本格焼酎を100程度揃えてくださったそうです。こちらのイベント、私には初でしたが、毎年恒例になっているとのことです。来年も、女子力キープで参加したいと思います。

今日のピカイチは 大分 藤井酒造 極上原酒 ふしぎ屋 43度(麦焼酎)です。

クリスタルちっくなボトルでパンチの効いた味わいを提供してくれました。

他にもいくらでもあるのですが、ごめんなさい。本当に想定外にステキな時間を過ごせました。感謝です。麦焼酎コーナーで、注いでくれた若い女性が、とても元気に丁寧に商品紹介をしてくださって、麦焼酎愛が募りました。ヒトに影響される点ってあるな~と。

よい一日でした。

Sengan-en, Kagoshima Trip

PhotoGrid_1468369493176阪神交通社主催の「美しき世界の屋久島 3日間 」に参加してきました。鹿児島県から熊本地震復興応援事業として10,000円の補助金を活用して実現した、39,900円のツアーです。
凝縮された3日間の旅程、世界遺産の屋久島に一泊するだけでなく、もうひとつ「仙巌園」という世界遺産も訪れるおまけ付き的な魅力を覚えて参加即決。

PhotoGrid_1468203312732まずは鹿児島市からスタート。世界遺産の仙巌園とありながら、正しくは世界文化遺産として登録された島津藩の築いた工場群 集成館の一角に、島津家の別邸 仙巌園があったという話らしく。

ただ、観光目線では、仙巌園の方が断然メインです。桜島をのぞむ石灯籠を数多く配した庭園は見事です。ソテツが多くて南国風情がただよいます。そして、御殿の裏山の大きな岩に刻まれた千尋巌(センジンガン)の文字には、ひとしおびっくりでした。訪れたこの日は、庭園と薩摩切子の展示館を歩くだけで時間いっぱいでしたが、近くに島津家の歴史・近代化事業を紹介した資料館や薩摩切子工場もあるようです。

PhotoGrid_1468202218901夜は鹿児島中央駅近くのかごっまふるさと屋台村にて夕飯。

中央駅隣接の駅ビル アミュプラザ鹿児島B1Fの焼酎維新館で紹介してもらった「ぶえんもゆかり」で、たいへん美味しいお刺身をいただきました。お刺身のひと切れひと切れが自己主張しているような立派な刺し盛りでウキウキでした。きびなごが美味しくて、追加をお願いしてしまうほど最高でした!お醤油の甘口は、なかなかなじみを覚えづらいところですが、甘口醤油でも複数ボトル置かれていて感心でした。もう少し焼酎を楽しむならぜひこちらで、と紹介していただいた「のぶ庵」でいくつも並ぶボトルを眺めながら、楽しい時間を過ごしました。

屋台村の中はどちらも、ひとつのお店あたり10席未満程度のこじんまりした空間ながら、個性があって愛されているようでした。

ちょっと長くなったので、屋久島編へ続きます。