Cerisier, Kagurasaka, Tokyo

神楽坂スリジエを訪れた備忘録です。

牛ハラミステーキとポテトフライ・生ハム3種盛り合わせ・タルトフランベ とワイン!がっつり食べて飲んだ夜でした。ビジュアル良しな写真を並べることができて満足です。

本当はビールをいろいろとりそろえていらっしゃるお店です。

ちょっとこのところ溜めがちだったこともあり、愚痴っぽい言葉をたくさん並べてしまったことを反省。気持ちが傾いていては、美味しいものも美味しくなくなるのでいけません。

美味しいものを美味しいと笑顔で楽しめる自分であるよう、律していきたいと思います。

 

Rito Kitchen, Kagurazaka, Tokyo

神楽坂の離島キッチンで開催の「沖縄セレクション 離島のいいものごはん会」に参加してきました。美味しいものが好きな人が集まって美味しいものを楽しめる、たいへんステキな機会に恵まれました。本当にラッキーです。

全国各地に豊かな自然・文化・食事を提供している離島を紹介する、なかなか面白いコンセプトを持った離島キッチン、この度初めて訪れました。建物のつくりも含めて興味深い空間です。

この度は沖縄セレクションということで、沖縄の離島にフォーカスしたイベント。沖縄の離島は39もあるそうです(びっくりしました)。そちらから連れ込まれた豊かな食材+お酒がふるまわれ、ブログやっててよかった~とつくづく思った夜でした。そして”ますます繁盛(2.5升)”の請福をたしなみ過ぎた夜でもありました。請福には、こじゃれたワインボトルのような外観のパッケージがあるそうで、この度初めて知りました。味は一緒です☆

どちらのお料理も美味しかったですが、エビとお肉には笑顔がこぼれました。あんまりいろんな能書きを聴くと、美味しく食べられないような気がしがちですが、そうでもないようです。

沖縄セレクションのご紹介というトーンながら、これでもかというほどに、楽しい美味しい時間を過ごしました。

あらためて沖縄セレクションのサイトを見てみても、楽しそうなものがたくさん並んでいて、ちょっと試してみようかな、なものばかりです。

興味を覚えてくださったら、離島の味わい、ぜひお試しください。離島キッチンもオススメです☆

Oishinbo, Kagurazaka

瓢箪坂 おいしんぼを訪れた備忘録。

神楽坂おいしんぼの二号店だそうです。職場の新年会ということで、ちょっとフンパツ?の期待をかけて訪れました。
その昔、料亭だった空間をリノベしたお店だそうで、ちょっとクラシックなつくりになっていて、建物そのものも興味深いお店です。
雰囲気そのまま料亭のお料理内容かと思いきや、そうでもない。給仕してくださる方々は、たいへんお若くて、そそっかしい。
注文したお酒(おまかせ三種)が一部こぼれて提供されたり、話している我々の目の前を割って入るようにお皿を下げてくださったり、そんな残念な経験ができたので、二度目はないな、と思ってお暇しました。
お料理は、ふつう。多少目新しいものもありますが、この日は料理長が出張で不在だったとのこと。せっかくだったので写真を撮りましたが、盛り付けもお味も、あいにくココロあがらず。本店だったら、そうでもなかったのでしょうか。
神楽坂、あんまり頻度高く探索できていませんが、職場が近いので、ちょっと注意してお店選びが必要と学んだ日でした。

Nikusushi, Kagurazaka, Tokyo

photogrid_1478153483372神楽坂の肉寿司 神楽坂毘沙門店を訪れました。

満席御免で入れないことも多々あるそうで、初来店にしてすんなり入れてラッキーでした。おみくじ付きのお箸(大吉ひきました☆)やら、神棚っぽい内装やら、目にも楽しい工夫を凝らしたお店です。

店名そのまま、お肉を使ったお寿司を楽しめます。常連の方のススメでいただいたロッシーニ、和牛+フォアグラ+トリュフの三重奏、文句なし、美味しくほろっといただきました。人気No.1メニューだそうです。

お寿司で出せるくらいですから、肉自慢なのは当然ということで、メニューの興味深いこと。何を頼もうか迷ってしまう感じでした。人数多くして行くと、いろいろ頼めるのでよさそうです。

お店のページを拝見すると、オリジナルは馬刺しメイン、その他お肉をお寿司として食べさせるお店としてできたようす。神楽坂のお店が第一号、その他渋谷や恵比寿など、東京界隈各地に展開しているようです。

またゆっくり新しいメニューを試しに訪れたいと思います。

Facebook 肉寿司 神楽坂毘沙門店

※お店のFacebookサイトに「いいね」をすると、特別メニューのお寿司一貫プレゼントもらえます。