Afternoon Tea, Shibuya Zabo, Tokyo

afternoontea-zabo渋谷、セルリアンタワー東急ホテル1Fラウンジ「坐忘」で、アフタヌーンティーを楽しんできました。

セルリアンタワーが15周年記念だそうで、15種のお茶を楽しめるアレンジがありました。アフタヌーンティーというと、お菓子の積まれた三段皿と紅茶がお決まりですが、こちらでは、紅茶の他に、ハーブティーや中国茶のチョイスもありました。中国茶が好きなので、6種のチョイスをすべていただきました☆

アフタヌーンティーをいただくと、2時間お茶飲み放題、3時間ゆったり楽しめるとのことで、本当に豊かに楽しい時間を満喫しました。

サンドイッチから始まる1段目もスコーン(秋ならでは、栗のスコーンがありました!)も、デザートの3段目もどれも美味でした。モミジがちょいと添えてあり、季節のいろどりも添えた、ステキなお皿たちでした。

秋色の見えるお庭に面したラウンジで、優雅な時間を楽しむことができました。期せずして、自分へごほうびをあげたような感覚です。お店の方曰く、店名の「坐忘」は座して忘れる(ゆったりと座って日常を忘れるの意味)という禅語が由来だとか。ロビー正面の大きな窓に広がるのは、禅僧であり日本を代表する庭園作家である枡野俊明氏設計の枯山水の庭園とのこと、なるほどでした。

渋谷で少しお時間の許すタイミングがあれば、おススメの空間です。

食べログ:坐忘

渋谷区内でアフタヌーンティーを楽しめる!ゼイタク気分を味わえる5店 by ギャザリー

The art of ZEN, Tokyo National Museum Heiseikan

photogrid_1478153711177上野の東京国立博物館平成館で開催中の特別展「禅-心をかたちに-」を訪れてきました。晴れやかな秋空の下、上野公園でいい散歩もできました。

禅というタイトルから、なんとなく暗く思い雰囲気かと若干のおそれをもってのぞんでみたところ、大きな勘違い。いい形で裏切られた感じになりました。このところ座禅が流行っているなんて話がありますが、禅の文化がどのようにおこって今に至るのか、歴史を交えて教えてくれる、そんな楽しい空間でした。

今回の禅展に出展された作品は、絵画(水墨画も含む)だったり彫刻だったり書だったり。いずれも作者は禅僧という点にあらためてびっくりでした。禅僧って多才、と。また、作品だけでなく、禅が戦国時代の武将に与えた影響などもフォーカスしていて歴史観点の面白味も楽しめる空間でした。白隠という禅師についても、この度覚えました。

特別展の半券で常設展も楽しめ、なおかつ今は庭園も開放中なので、+αを存分に楽しみました。池あり茶室あり、これから紅葉が楽しみでした。

上野公園では、ただいま「創エエあかりパーク」というイベントを開催中でした。あいにく夕方時間にひっかからなかったものの、楽しそうな空間を創出されていました。11月6日までだそうです。そして久しぶりにドコモダケに遭いました☆ ちょっと嬉しかったです。