Tsukiji Nakashima, Tokyo

PhotoGrid_1471129802271東京駅地下(改札外)の黒塀横丁にある「おさかな処 築地 奈河嶋」を訪れました。

東京駅界隈、夜9時をまわってほどよくお腹の空いた頃だったので、黒塀横丁の存在はありがたかったです。10時ラストオーダー、11時閉店とのことながら、短時間集中で大満足の夕餉となりました。

ビールでのどを潤した後は、おさかなに合う日本酒をセレクト。特別純米 鶴齢がたいへん美味しかったです。旨味っていうんでしょうか、すっきりしていながら豊かな風味があって、どんなお食事ともマッチする、お食事と楽しめるお酒でした。

お店は和風っぽい空間づくりながら、メニューにピザもあり、スタンダードにお刺身盛り合わせもいただきましたし、さまざまに楽しみました。事前調べもなく立ち寄ったお店でしたが、いいお店に巡り合いました。

こちら、創業80年、鮮魚専門「築地 中島水産」の営む食事どころで、東京界隈いくつか店舗展開しているそうです。なるほど安心のおさかな処なわけでした☆

Tsukiji market, Tokyo

PhotoGrid_1443511973934築地の場外市場を訪れました。

前回来たのは20年近く前かもしれません、人でごった返しているのは変わりませんが、以前よりはるかに観光客向けの施設や対応がされているように感じたのが印象的です。

築地の市場が移転する話が決まってしまいましたが、場外はこのまま残るんですね。あちこちにそんな張り紙が張ってありました。どちらの店先からも威勢のいい声が飛び交っていました。

お昼の拠点を探しながらウロウロして立ち寄ったのがつな男。お店の入り口でホタテやカキを焼いてました。そんなのを横目に見ながら、やはり私は日替わり海鮮丼(1500円)。連れは日替わり握りセット。カウンターの大将が、日替わりだから普通の赤身だからねって断ってましたが、赤身でも十分にほろっと美味しかったです。さすが「つな(→鮪)男」です。

報道記事によれば、築地市場は2016年4月には閉鎖、2016年11月7日には新しく豊洲市場が誕生するそう。新しくコトをおこすのは、何事も簡単ではないものですが、万事が発展的にまわるように、上手に進めていってほしいものです。移転後は、場外でカートが走り回る光景は見られなくなるのかもしれませんね。。。