Suzuki Kiitsu, Suntory Museum

Kiitsu10月2日朝のNHK日曜美術館に刺激を受けて、サントリー美術館で開催中の「鈴木其一 江戸琳派の旗手」に行ってきました。事前の広告を見て、かねてからウズウズしていた展示会ですが、行ってよかったです。

若冲好きを繰り返し唱えていますが、鈴木其一単独の展示会となると、ご本人の魅力が凝縮した作品を浴びるように拝見できて、かなりときめいてしまいました。

9月10日からスタートした本展、10月3日までが前期らしく、作品の入れ替えがかなり発生するとのこと、下調べなくのぞんだので、「え、それなら後期も見たい…」なーんて思いも盛り上がり、ひとまず図録(2800円)を手にしてしまった次第です(コラージュのうち3点は図録からの抽出です)。

鈴木其一は、江戸後期に江戸琳派をおこした酒井抱一の一番弟子だそうで、江戸の晩年に活躍したそうです。お住まいは今の台東区だったとか。激動の時代背景の中、どんな形でこんなダイナミックで愛らしい絵を紡いでいらしたんだろうと、想像するのも難しいくらいの時代ギャップながら、こみあがる好奇心は抑えられませんでした。

特に晩年のチャレンジングな作風を発揮された作品群が見どころです。動植物、さまざまなもののエネルギー(みたいなもの)を上手にひとつの画におさめていて、ため息が出ました。10月30日まで、東京ミッドタウン3Fのサントリー美術館で開催中です。六曲一双の朝顔図屏風(メトロポリタン美術館所蔵)は、東京会場のみでの公開とのこと、ご興味ある方はぜひ☆

Hessisches Landesmuseum

hesse-museumDarmstadtにてリニューアルオープンをとげたばかりのヘッセ州博物館 Hessisches Landesuseum、オープン初日の9/13(土)・翌14(日)は、無料招待日。ありがたく、無料招待にあずかってきました。通常は大人6ユーロ、子ども4ユーロだそうです。

地上4階+地下1階、古代エジプトの美術品にはじまり工芸品や宗教画、現代アートまで、さまざま(おまけ:日本の工芸品として、甲冑と鏡がありました。甲冑についてた顔があまりにラブリーだったのでつい写真におさめてしまいました)。

展示説明は無論ドイツ語なので、ほとんどわからないものの、見ているだけでも十二分に興味深く、時間を忘れました。いまどきの博物館ならでは、デジタルツールを活用した見せ方の工夫も多数見受けられ、違った観点での関心もあり、正味3時間ほど滞在、休憩時間ゼロでした。

博物館内にはカフェも併設していて、軽食も楽しめるようです。

表示言葉がわからない口惜しさまぎれに、たまたま最初に入った古代エジプトの美術品の中に、ネックレス・腕輪・指輪・イヤリングなどの宝飾品、櫛まであったことを受けて、中世絵画の中に、どんな形で宝飾品が描かれているのかを、見てみることにしました。すると、宝飾品をまとって絵画に登場するのは、富裕層。男性でも、ネックレスや指輪、ブローチなどを普通につけていました。さすがにイヤリングは女性のみ、でも、かなり稀。工芸品そのものの展示もあるので(地下階です)、宝飾品の技術が格段に精度を上げていく様子も見受けられ、本当に楽しかったです。職人さんは、何を思いながら、モノづくりにのぞんでいたんでしょう。

感激ひとしおで博物館を後にしたところで、汽笛の音が聞こえて振り向くと、通常トラムが走っている道を、蒸気機関車風?トラムが走っていました。レア三昧を堪能した一日です。

ごちそうさまでした。