Jakuchu, Okada Muserum of Art

photogrid_1480752885350箱根の岡田美術館へ「生誕300年記念 若冲と蕪村 江戸時代の画家たち」を見に行ってきました。

入館料が2800円とちょいと高額なのと、箱根にあることが、ちょっとハードル高くて二の足を踏んでいましたが、やはり行ってみなければなにもわからない!と、勇気を出してひと足踏み出しました。

岡田美術館は箱根小涌園の目の前にあります。所蔵の美術品を1F~5Fと複数階にわたり、常時350点(展示替えしつつ)披露しているそうです。

―特別展示― 再発見 歌麿「深川の雪」

2014年、喜多川歌麿「深川の雪」で話題になった記憶がありますが、いまもこちら、90%コピーした複製を披露していました(岡田美術館より、パンフレットコピーです)。複製でも、江戸・深川の当時の文化や風情、着物の着こなしやら調度品やら、数々目を楽しませてもらいました。

そして個人的にメダマの若冲展示「孔雀鳳凰図」、83年もの間眠っていたとは思われないほどの状態の良い絵で、感動モノでした。2Fの展示フロアのど真ん中に飾られています。同じフロアには、伊万里・鍋島・柿右衛門等、目に楽しい有田焼の数々が展示されていて、こちらも十二分にココロ躍るので、どっちを最初に見よう・・・と迷いつつでした。

「若冲と蕪村」というので、蕪村の展示も見たのですが、かねてからの俳人 蕪村のイメージが変わるほどに中国画っぽい絵が多く、ちょっと意外でした。

なにげにじっくりと展示品をながめまわしたおかげで、美術館内滞在時間3時間となりました。正直、しっかり疲れました。

photogrid_1480753233508入口すぐのところにある、特大パネルに展開した風神雷神を眺めながら足湯を楽しみたかったのですが、お天気のこの日、せっかくなので芦ノ湖を拝もうとバスで移動、元箱根のBakery & Tableにてちょっと遅いランチをいただきました。こちら、1937年創業の赤倉観光ホテルのベーカリーなのだそうです。パン、美味しかったです!

そして、ランチの最中、湖畔へ飼い主のお父さんと一緒に散歩にやってきたメンフクロウのコウメちゃんに遭遇。せっかくの機会、たいへん美しかったので、写真を撮らせてもらいました☆

陽の早い昨今、日が暮れるまで箱根を満喫しました。

今日はバスにも乗りたいからと、「箱根旧街道1号線きっぷ」を購入。しっかりモトのとれた1日となりました。感謝。

Imperial Palace in summer, Tokyo

PhotoGrid_1470208184757夏の晴れた日、皇居の東御苑を訪れてきました。暑かったです。そしてセミがあちらこちらでワシャワシャ大合唱でした。。。

そんな中でも海外からの観光客含め、訪れていらっしゃる方々はかなりの数で、さすがは皇居とあらためて感心しました。

この時期、ほとんど花はなく、色味のある花は百日紅(さるすべり)が目につく程度、あとは、秋の七草コーナーでひっそりと桔梗(ききょう)や女郎花(おみなえし)、萩が花をつけていたくらいでした。いわゆる秋は、まだまだなのだな、と、ちょっと安心したような気分を味わいました。

この度、コブシの実と、ヤマボウシの実を覚えることができました。東御苑の木々には、ひとつひとつ名前がふってあるので、ありがたいです。

さらに今回はじめて休憩所に足を踏み入れ、三の丸尚蔵館の収蔵品のグッズを扱っていることを発見。若冲動植彩絵のクリアファイルが新しくリリースされたそうで、記念にゲットしました☆ (その他絵葉書やしおり、マグネット等、若冲に限らず、様々なグッズを扱っていらっしゃいます)

せっかくの機会を逃さず訪れてよかった!と、ホクホクで帰路についたこの日でした。

PhotoGrid_1470208311046おまけで、そういえば、このへんに星のや 東京ができたはず、と、追加散策。大手町駅、読売新聞社ビルの裏手、KDDIビルの隣にありました。大手町温泉、とうたっていたのを記憶していたので、ちょっとのぞけるかしら?と近くまで行ってみたものの、ちょっとものものしい雰囲気が感じられ、周辺写真を撮るにとどまりました。

近寄っただけでも、和のおもてなしがテーマのホテルと納得でした。

この7月20日に開業したばかりなんですね。一室78,000円~とのこと。機会があれば、お客としてエントランスを越えてみたいものですが、いつになることやらです。。

 

the Yamatane museum, Tokyo

PhotoGrid_1457249190033広尾の山種美術館を訪れてきました。「【特別展】伊藤若冲 生誕300年記念 ゆかいな若冲・めでたい大観 ― HAPPYな日本美術 ―」の展示最終日に間に合いました。

伊藤若冲のユーモアあふれる作品を楽しみつつ、そのほかの作家・作品の数々も同様に楽しんできました。

HAPPY をコンセプトにしているので、吉祥モチーフの作品ばかり。そして、山種美術館はかなりの頻度で作品ごとに解説がついているので、吉祥モチーフについて、あらためてさまざま学びました。

鶴・亀~長寿、松竹梅~歳寒三友:清廉や高節の象徴、七福神~幸運、蓬莱山~神仙思想、富士山~古来からの信仰、鯉~登竜門・立身出世、などなど。

言うまでもないものもありますが、こうしてまとまってみることで、自らの内なるHAPPY が掻き立てられるような、ほのぼのとした気分になりました。ひとつ、小林古径の「不尽」がひときわほんわか系でした。

山種美術館、次なる展示は3月19日から「【開館50周年記念特別展】奥村土牛 ―画業ひとすじ100年のあゆみ―」だそうです。開館50周年を記念して、今年はしばらく山種美術館蔵メインの展示がつづくようで、楽しみです。

海外サイトでの紹介を見つけたので参考まで:

Inspirational Beauty at the Yamatane ( artscape Japan )