The Grand 47, GINZA SIX

この春、松坂屋の跡地、銀座六丁目にオープンしたGINZA SIXに行ってきました!13FのTHE GRAND 47でのお食事(ランチ)をいただく機会に恵まれました☆

新しい空間でどんなお食事が供されるんだろうかと、ワクワクでうかがいました。眺めよし、味よし、ホクホクの時間でした。
47という名前、日本全国47都道府県の名品を年間通じて楽しめるのがコンセプトだそうです。魅力的なお話しに親しみを覚えました。今回はフレンチでしたが、和洋折衷のコースもあるとのこと。この度は、お食事会での参加ですが、プライベートでも伺ってみたいと思った本日でした。

GINZA SIX、地階付近はブランドショップばかりで、敷居が高いのかと思いましたが、屋上庭園B3F能楽堂6F蔦屋書店、このあたり、とても親近感を覚えました。本来のウリポイントとズレがあるかもわかりませんが、自分が楽しみにできる空間があることを発見できる喜びは足を運ぶ機会につながりやすいですので、よい機会になりました♪

Kindaifish Ginza

ご縁ありまして近畿大学水産研究所 銀座店を訪れてきました。なかなか予約がとれないそうです。ラッキーでした☆

「大学卒のおさかなたち」なんて聞くとすこぶるカジュアルにモリモリ刺し盛りをいただく感じかと思いきや、コリドーの一角にある、内装もしっとり感あり、お皿はどれをとっても美味しい、ステキなお店でした。そりゃ、予約も押し寄せますでしょ、納得です。

お店の食材は近畿大学の臨界研究所の拠点である和歌山県の食材をふんだんに使っておられるそうで、そんなわけで、紀州の梅干しを使ったお料理が並びました。美味しかった~♪

この度は、異業種女子の集まりでした。最初にお会いした日から、もう5年ほど経っているでしょうか。私も含め、公私ともに、当時とは違ったステージに臨んでおられる方もいらっしゃる中で、いつ集まっても、楽しく朗らかな時間が過ごせる、たいへんありがたいお友だちです。皆さんにお会いすると、いつも刺激と元気をいただけます。ありがとうございます!

さあ、元気を出していきましょう!

37 QUALITY MEATS, Ginza, Tokyo

銀座一丁目のPUZZLE GINZA 9Fにある「37 Quality Meats」を訪れた備忘録です。

ゆったりとしたソファ席が配された、たいへんオシャレな空間ながら、しっかりガッツリお肉を楽しみました。

お店の名前に入っている37って何だろう?と、お店の方に確認するのを忘れたので、ネットを検索してみたところ、見つけました!

ふかよんライフスタイルファンド日記Ⅱによれば、

お店のオーナー(日本人)の奥様の名前が「さなえ」さんだとか、車のナンバーが37であるとか、オーナーのラッキーナンバーから取ったものだそうです。

ラッキーナンバーなるほど、なにげに個性的でいいなぁ、と思われた発見です。

この夜は、懐かしいみなさまと久しぶりにお会いしました。私の渡欧を機にごぶさたしていたものの、以前と変わりないほのぼのとした賑わいで受け入れていただき、あたたかい気持ちでご一緒の時間を満喫しました。ステキなご縁に感謝します。ありがとうございます。

Sake-no-ana, Ginza, Tokyo

GinzaRangetsuSakenoana銀座らん月 酒の穴を訪れた備忘録です。

店名に「利き酒処」とついているので、全国各地のさまざまなお酒を楽しめます。メニューを見ているだけでも楽しいです。

この度はけっこうな団体(9名!)で訪れたのでテーブル席に通していただきましたが、少人数でカウンター席の場合は、正面にお酒の並んだ棚をあおぎつつ、チロリを手元の炉で燗にもできるのだとか。日本酒が好きな方がゆっくりできる趣向も凝らしてあって楽しいです。

1合マスやら、2合でチロリやら、と、飲み方もさまざま。人数の多さにまかせて、目にも楽しいいろいろを興じることのできた夜でした。

なかなか自分の気に入ったお酒のスペックを記憶できず、未だにけっこう冒険してしまうのが、いいのやらどうなのやら。だいたい好みは決まっているので、そろそろ系統だって覚えておけるようにしたいところ。

GinzaKentosこの日はスタートが早かったし、オールディーズ好きな顔ぶれだし、と、ノリにまかせて銀座ケントスにて二次会。

音に任せて踊らにゃソンゾンとばかりに、躍ったというか、カラダを動かしたというか、なにやらワタシ、ステージ前でワイワイに紛れて、汗だくになってました。ここ最近の運動不足をここで取り返した感もあったようなひと時でした。楽しかった~。音に合わせてカラダを動かすって健全でいいです。

ここ数カ月、ヨガとかエアロビ的な運動もすべてお留守にしているので、自分の中の音と一緒にカラダを動かすという感覚も刺激されました。宿題です。

楽しい満載のいい夜でした。ありがとうございます!

食べログ:酒の穴ケントス

Sony Aquarium 2016

PhotoGrid_1471390928303今年も銀座ソニービルの夏のイベント「Sony Aquarium」を訪れました。

8月28日まで開催しているそうです。無料で気軽に水族館気分を楽しめるので、機会あればおススメです。

今年も屋外水槽(大きなハタ(タマカイ)がいます)に加え、屋内水槽が複数、そして館内スタンプラリー、8F OPUSで4K+ハイレゾのショートムービー上映と盛りだくさんです。

ショートムービーは、「泣きべそジンと勇気の海」のタイトル。ほんの10分ながら、ストーリー付き。マンタが舞い、ギンガメアジが巻く映像が美しかったです。

今年も館内スタンプラリーではサメシールをゲット。なかなか大物ゲットは叶わないようです。。

今年はソニービル開業50周年だそうですが、ソニービルは来年2017年から5年計画で変身するそうです。その名も銀座ソニーパークプロジェクト。ひとまず現行ビルを解体したら、そこは2年間広場(公園?)になり、その後3年かけてビルを建てるとのこと。

あちこちで新しい顔に変わりつつある銀座ですが、そこにソニービルも仲間入りといったところでしょうか。慣れ親しんだソニービルの様相が変わってしまうのは、なにか寂しい気持ちもありますが、新しい顔でどのように溶け込んでいくのやら、楽しみでもあります。

Tonkatsu ISEN, Tokyo

PhotoGrid_1462516291796銀座 松坂屋跡地のウラ手にある、銀座とんかつ井泉でお昼をいただいてきました。二本足でゆるーいポーズをとる豚さんが可愛らしいキャラクタとしてお店の看板に描かれています。お店の中にもちらほらと。揚げ物屋さんながら、清潔感の漂う、ステキなお店です。

湯島が本店のカツサンド発祥のお店だそうですが、定食の方が勝ちました。

この日は、おろしロースかつ定食(1260円)と生姜焼き定食を二人でいただきました。お店のイチオシロース定食(1980円)とは、使っているお肉の部位とグラムが違うのだそうです。それでも十二分に満足なお肉のクオリティ、おかわり自由のキャベツとゴハンもありがたいです。失礼ですが、ゴハンがふっくら炊けていて美味しいのが意外で、少々残すつもりが全部たいらげてしまいました。。

ちょうど食べ終えたころを見計らって熱いお茶も出していただき、丁寧なサービスがとても嬉しいお店でした。次は、お腹を空かせて、イチオシをいただきに訪れたいと思います。

PhotoGrid_1446250204694とんかつつながりで、昨秋に訪れた新富町のとんかつのお店 かつ銀もご紹介。このときは、3人で訪れたので、見た目も豪華な盛り合わせをオーダー。お腹いっぱい美味しい揚げ物三昧を楽しみました。

半地下になった広々とした空間に大きなテーブルと4人掛けのテーブルがいくつか。グリーンや焼き物が上手に配置してあって、居心地のよい空間です。

トマトの中に具を仕込んだ、おもしろいトマトサラダをいただきました。こういったアイディア料理をいただけるのが、外食のお楽しみです☆

 

なにげに振り返ると、ここ最近揚げ物続きの日々を過ごしているような。。。そろそろ節度をわきまえた、お店選びが肝要な頃かもわかりません。

 

Hage-TEN, Tempra, Tokyo

PhotoGrid_1462077863322東京駅地下食堂街 黒塀横丁のひとつ、銀座ハゲ天でゴハンをいただいた備忘録。黒塀横丁、東京駅でちょっとお腹が空いたときに、しっかり満足できるお店群が並んでいるのでありがたいです。

今回は天ぷら定食をいただきましたが、天ぷら単品オーダーも可、ふらっと立ち寄れる気軽さのあるお店です。

さて、ハゲ天、お店のホームページによれば、

1928年、東京の九段で天ぷら屋を始めた時の屋号は 「たから」。
ところが初代の店主、渡辺徳之治は完全なハゲ頭だったので、お客様からは「ハゲの天ぷら屋、ハゲ天」としか呼ばれず、翌年銀座に進出する時に思いきってこの「ハゲ天」を屋号にしました。
その後、お客様に覚えていただきやすい名前としてこの屋号は広く浸透し、現在に至ります。

とのこと、初代ご主人にあやかった、覚えやすい屋号、私も不思議と親しみを覚えています。

この日は、東京大丸で開催中(4/27-5/3)の若冲プライスコレクション着物展に立ち寄りました。若冲の緻密で採色豊かな絵がたいへん豪華な着物に仕上がっていました。若冲キモノを自分のものにするって、気持ちがいいだろうな~と思いながらも見送ったのでした。5月18日から上野松坂屋さんでも展示を行うそうです。お時間許せばぜひご覧になることをオススメします。

PhotoGrid_1440061804050そして、天ぷら思い出したように掲載しますが、昨年夏にうかがった銀座天利さんのランチコース(天ぷら9品)を写真付きでご紹介。

外堀通りに面していながら、お店の入口そのものは、階段を上がって少し奥に入るせいか、静かな店内です。カウンターの目の前から、カラリとあがった天ぷらを出していただけます。

最後のかき揚げをお茶漬けにしていただけて、これがなかなかおいしかったです。

全般的に天ぷら好きなので、丁寧にひとつひとつサービスしていただけるお店と、セットでどうぞと一気にサービス(ハゲ天は3回に分けてくれました)のお店とを一緒に語ってしまいましたが、別々の方が望ましかったような気がします。失礼いたしました。。

Tokyu Plaza Ginza, Tokyo

PhotoGrid_1461401675818先日オープンしたばかりの東急プラザ銀座をおとずれてきました。2016年3月31日にオープンしたばかり、銀座ソニービルの目の前に斬新なデザインのガラス張りの建物としてそびえています。

外観デザインは伝統工芸「江戸切子」をモチーフにしているとのこと、東急プラザのキーワードは「伝統と革新」。

屋上は「キリコテラス」と称した水と緑をテーマにした空間。銀座の街を見下ろしながら水や緑に親しむ、なかなかおもしろいオープンテラスでした。実質地上12階、この高さから銀座の街を見るのは初めてで、西銀座デパートの屋上に走る高速道路や、エルメスビルの屋上にいる馬上の騎士など、はじめて見る光景を楽しむことができました。

なお、ただいま6Fの大吹抜け空間、キリコラウンジでは、高橋理子さんの作品を展示中。カフェと隣接した広々とした空間。昼間の眼下には銀座の交差点、渋谷の交差点には及ばずながら、目に楽しいものです。夜には、また違ったオシャレな景色を展開するのだろうと、後日へ期待を残しました。

3~5階にはHINKA RINKA と称したファッションに特化したフロアコーナーを設置、各フロアにサモトラケのニケを模した作品が飾られていて、気になりました。ストアコンセプトの象徴なのだとか。ニケ好きなので、とても気になりました。季節ごとにお客さま参加型でインスタレーションが組まれるとのこと、ちょっと興味深いです。

Duty Freeフロアを2フロアも有しているものの、まだまだ新しいせいか、中央通りとは、また違った客層の賑わいを見せていて、新鮮でした。

これからどんな変化を遂げていくのか、楽しみです。

Restaurant Ginza ‘dompierre’, Tokyo

PhotoGrid_1446108301833またもや親戚から紹介を受けたお食事処の備忘録。今回は老舗のフレンチ洋食店ドンピエール

1Fはブラッセリ―、リーズナブルに楽しめるのが特長。2Fはレストラン、お店に入った瞬間になぜか異空間にスイッチしたかのような、静かで落ち着いた空気感の中におさまります。どっしりしたカーテンの効果かもしれません。そして給仕のていねいさが秀逸。卓を囲む全員が気持ちよく過ごせるように動いてくださるお店のみなさんの采配がすばらしく、感激ひとしおでした。

ランチコース5,000円+サービス料5%ですから、気軽な価格ではありませんが、お料理・サービス・雰囲気を含めて味わってみる価値は十二分にあるお店だと思いました。おススメします。お店関連情報、下調べなく望んでしまったのが少し残念。。でも、いちおしオードブル「百合根のムース、雲丹、キャビア、コンソメゼリー掛け」と開店以来絶やさず出しているコンソメスープをいただいたのは、すでに自慢ネタにカウントできます☆ 食後のデザート、別腹とはいえ、すべていただいてしまった自分にびっくりでした。。

ちょっとスペシャルな時間を過ごすときに、またぜひ訪れたい空間です。ご紹介いただいたことへ感謝です!

GIN-MEETS, Ginza Tokyo

PhotoGrid_1445523354155銀座三越が新しくなったそう。内装未確認ながら、宵時に通りかかった折、シルクハットをかぶった三越ライオンとツーショットを撮りました。

”ぎんみつで、会いましょう”

とのことですが、どんな内容になったのか、シルクハットのライオンにはキュンときたので、ちょっとこの度のリモデルについて調べてみました。

2015.10.14に(リモデル)グランドオープン。「最旬グローバル百貨店」をコンセプトに、婦人雑貨、婦人服、紳士服・雑貨、リビング、サービスの各フロアを刷新。湾岸エリア等の都心生活者のニーズに対応すると共に、年内には8階に空港型の市中免税売場「Japan Duty Free GINZA」や来年2月には13階に「海外顧客ゲストラウンジ」を設けるなど、急拡大するインバウンド需要に品揃えとサービス面を強化。現在年商800億円が見えてきたとのこと、今後1000億円を目指していくことを、セレモニーの席で社長が名言したとか。。

参考:空港型免税店を導入する「銀座三越」が全館リモデル、ウィメンズ・メンズ服売場縮小(Fashonsnap.com)

ここしばらく、銀座のとおり、特に銀座三越の中が爆買いの方々かと思われるみなさんで、ガチャガチャして感じられていた昨今。今回のリモデルがよく働いてくれることを期待します。

PhotoGrid_1445146345389実はこの日、ちょっとした食事会に誘われて、桂花苑での美味しい中華をいただき、仕上げにバーで一杯をいただいてきたのでした。

備忘録として、PhotoGrid_1445146254939教わった美味しいお酒たちをメモ書き。ラム PAMPERO Aniversario と、テキーラ 1800 Anejoでした。でも、バーって空間にも酔っちゃうというか、とても気分がよくなる効果があってステキです。

銀座はほんとうに彩豊かな街だとつくづく思いました。ありがとうございます!