Meguro Gajoen, Hyakudan Kaidan, Meguro, Tokyo

PhotoGrid_1472106102798目黒雅叙園の百段階段で開催中の展覧会「和のあかり」を訪れてきました。こちらの展示会、今週末8/28までだそうです。ご興味のある方、お急ぎください☆

副題として、「日本の色彩、日本の祭り」と銘打った、イルミネーションを凝らしたアート展です。雅叙園入口に飾られた山口県柳井市の金魚ちょうちんにはじまり、墨絵師 西元祐貴と絵庇護和紙のコラボ、銭湯ペンキ絵師 田中みずき(日本に3人しかいないそうです)、その他、和とあかりをテーマにした作品の数々が、百段階段に配された7つの部屋に飾られていました。

PhotoGrid_1472106360952写真には入れませんでしたが、日本刀の展示ブースがありました。全日本刀匠会による「平成の十本刀」。現代に至ってもなお、刀やその地鉄の美しさを文化として高めたのは日本だけとの説明がありました。その理由の一つは「お守り刀」、神聖な火と水で鍛えられ、磨かれた刀には魔物を打ち砕く力が宿るとされたことによるとのこと。それが武士のあつらえとなり、ファッション性も併せ、文化として育っていったとの由、なかなか興味深いウンチクでした。

そもそもの百段階段は、1935年に建てられたオリジナルから現存する唯一の木造建築とのこと。階段は厚さ約5㎝のケヤキ板、99段で構成されているそうです。階段および7つの部屋の天井や欄間には、当時の著名な画家たちの絢爛豪華な作品がほどこされています。2009年3月に、東京都の有形文化財に指定されたとか。

目黒雅叙園の百段階段以外にも、和のあかりのテーマで全国各地の文化財が展示されていて、しばらく楽しむことができました。

そして広々と水をたたえたお庭へ足を踏み入れると、カエルが歓迎してくれました。夏の最中にして、なかなか意外です。手のひらより少し大きいくらいでしょうか。非日常の経験”増”にしっかり貢献してくれました。ありがたいです。

 

Sento, Tokyo

PhotoGrid_1458379926719母の実家が銭湯のおかげで、銭湯には幼いころから親しみを感じながら育ってきました。そういうわけで、銭湯イベントに参加した備忘録です(2016-03-19 の1日限定イベントなので悪しからず)。大田区・蒲田・改正湯のあひる湯です。

2000匹のアヒルちゃんと浴槽でまじわえるイベント。姪っ子と一緒に参加してきました☆ (※一人3羽まで持ち帰りOKとのことで、いただいてきた戦利品と、開店前写真(コピー)を添えました)

銭湯のお風呂は、一般家庭風呂と違った温まり方で、ヌクヌク感の持ちが違います、圧倒的にヌク持ちが長いので、機会あれば銭湯オフロに入りたい方です。自宅風呂経験しかない方には、一度入ってみることをおススメします!!!

なお、改正湯では、銭湯ヨガや落語イベントを開催中とのこと(詳細はホームページでご確認ください)、多彩なイベントを企画しているので、月次ホームページでご確認&参加ください。

ちなみに改正湯は、現在四代目、創業は昭和4年といいますから、なかなかの老舗です。改正湯のイロイロのインタビューが掲載されているのはこちら(日本お風呂倶楽部インタビュー)です。なお、風呂デューサーとして実績を積んでいる、番頭さんの毎川さんがいます。

東京都の単位でみると、入湯料460円が一般化しているようです。昭和40年にあった銭湯総数2,641が平成25年には706と、笑顔になれない推移をみせています。一家庭にはたいていお風呂が常備される昨今、銭湯需要は銭湯ファンに支えられているもよお。これもひとつのカルチャーかもしれません。たまたま身近に銭湯のある身だからこそ、接点のありうる切り口かもしれません。

が、やはり、銭湯未経験の方には、ぜひ一度お試しいただきたいです。

お風呂、銭湯、温泉、似たようで異なる用語ながらも、やはり個人的な好き嫌い・好き嫌い等思いのかかる項目かも、あなどりがたし、と、数字等ながめつつ、認識を改めた本日でした。

2nd time Banya

PhotoGrid_1452358143037昨夏に続いて、2度目のバーニャ(Баня)体験をしました。今回は、身体の芯から暖をとろうというテーマです。

前回とは別の空間でしたが、4階建てのビルの4階が女性用。他の階は男性用のようす(読み取れず)。1階にカフェとバーニャグッズを扱うお店があり、バーニャにつきものの白樺等の木の葉を束ねたヴェニクを購入してのぞみました。

4階入口を入ると、受付の先は個室で区切られていて、中に私物を置いて着替えをする形式。やっぱり部屋に鍵はかけません。ただ、受付では、バーニャ(ロシア式サウナ)の鍵をもらいます。本日のこちら、料金は時間制(300ルーブリ/時間)、2時間滞在しました。

浴室の先は、ミストサウナのトルコ式サウナ、高温じゃないロシア式サウナ、この2つはどちらも比較的小さいです。人が4人入ったらいっぱいな感じ。その先に洗い場があり、シャワーが4つ。ベンチが4つ+椅子がいくつか。そして水風呂プールとぬるいお風呂プール。ハシゴをのぼって浸かりにいく背の高いプール空間です。この洗い場+プール空間の先ロシア式サウナ(鍵がないと入れません)。よくある階段状が4段のサウナ空間と、サウナ炉の真上の特別空間(90度ほどあるとか)の2つでレイアウトされています。みっちり座れば20人以上入れそうですが、寝そべる人、ヴェニクで叩きあう人、それぞれの楽しみ方で出たり入ったり。ヴェニクはお湯に浸して柔らかくしてから使います。葉の薬用効果も手伝って、叩くと血行促進やマッサージ効果があるそうです。

前回より広いからか、冬だからか、人気があるからか、理由はわかりませんが、けっこうな人の入り。コトバの理解度は低いながら、文字通りのハダカのお付き合いを満喫しました。バーニャのスペシャリスト?みたいなお友だちがご一緒してくださったおかげで、上がった後、数時間単位でカラダがポカポカでした。専門家に聞けってほんとだな、と思います。上がった後に1階カフェに立ち寄ったところ、バーニャから来たのであろう腰巻ひとつでビールを求める豪気なオジサマがいらしたので、後ろから記念撮影してしまいました(断りもなくごめんなさい)。

日本の銭湯も、家庭のお風呂に比べると、温まり方が格段に上ですが、お風呂とサウナとの違いからか、「銭湯→繊細・バーニャ→豪快」という雑感を覚えた今日でした。現地の方々のお楽しみに参加できる身の上に感謝です!