Kachidoki, Tokyo

PhotoGrid_1457852326202先日、勝どきの友人宅を訪問しました。

タワーマンションの高層階に住んでいるので、ベランダからの眺めが素晴らしくて、訪れるたびに写真撮影させてもらっています。ちょうど隅田川を見下ろすことができ、左に東京タワー、右にスカイツリーがのぞめます。なんとかとケムリは高いところが好きといいますが、例にもれず高いところが好きでして☆ 写真で一目瞭然ですが、東京の夜景は本当に美しいです。

20160312-kachidokiそんな勝どき、埋め立て地であることは有名ですが、勝鬨橋がかつて橋を開くことのできた橋であることは、もう若い人たちはご存じないかもしれません。

中央区の歴史によると

勝鬨橋は、昭和15年(1940年)に隅田川河口部に築造されました。橋の中央部分を「ハ」の字型に開いて、1,000t級の大型船舶を通すことができました。勝鬨の名は、明治38年(1905年)の日露戦争の勝利を記念して、築地と月島間に新たに設けられた渡し場である「かちどきの渡し」に由来。
戦前は、1日5回開閉。戦後の昭和22年(1947年)からは1日3回、昭和36年(1961年)からは1日1回。可動部は70°まで70秒で開きました。船が通る間、晴海通りは約20分間通行止めになりました。
 生活物資などを運搬する交通手段は、昭和30年(1955年)に入ると船や鉄道から自動車に転換してゆきます。このた め、隅田川を航行する船が減少し、また勝鬨橋が渡している晴海通りの交通混雑が激しくなり、昭和45年(1970年)11月29日を最後に中止していま す。

と、隅田川の使われっぷりが、過去&現在、かなりのギャップをもって感じられる歴史を覚えることができました。

今年の11月には築地→豊洲へ魚河岸が移転する話もありますが、そんなイベントも、歴史としてどういった形で後世に刻まれるのだろうと、半分楽しみ、半分心配な状態で見守るばかりです。

こちらは2020年のオリンピック選手村と勝どきタワーマンション計画(といっても2013年の記事なので、すでに建築済のものも多数かもしれません)。

友人由来で親しみを感じた勝どき、なかなか興味深い話題が豊富で、いい勉強になります☆

Sakura Festival in Sumida Park, Tokyo

PhotoGrid_1459673817605桜の盛りといわれたこの週末、隅田公園桜まつりにいってきました。

出発点は日の出桟橋。Tokyo Cruise の水上バスに乗って吾妻橋まで行きました。この桜の時期は、吾妻橋を通り過ぎて、隅田公園沿いをおまけに上って桜を見せてくれるサービスコースです。隅田川の数多の橋をくぐり抜け、水辺の風情の楽しめるこのコース、季節を問わず、私のお気に入りのひとつです。真っ赤な吾妻橋からのぞむ、アサヒビールの本社ビルスカイツリーのコンビは、いつも写真におさめてしまいます。

しょっぱなは、雨交じりで心もとなかったものの、お昼を過ぎると軽く陽射しが見え隠れするほどに。あいにく青い空を拝むことはできませんでしたが、満開の桜を浴びるほど楽しむことができた一日でした。

川沿いのパネルを引用すると、隅田川堤の桜は、江戸時代から桜の名所の中でも、一、二とうたわれてきたそうで、はじまりは徳川第二将軍秀忠とも第四将軍家綱ともいわれるとか。第八代・吉宗が、庶民の行楽の場所にと、王子飛鳥山、品川御殿山、小金井堤などとともに、現在の向島あたりの墨堤に本格的に植樹したことから桜の名所となり、その後何度も補植、延長が行われ、隅田川両岸に咲き競う今に至ったとのこと。隅田公園の桜は現在、640本もあるそうです。

PhotoGrid_1459673167726せっかく隅田公園まで行ったので、浅草寺方面にも足をのばし、伝法院の庭園公開(期間限定)を楽しんできました。ピンクのしだれ桜がきれいでした!

回遊式の庭園、ぐるっとまわりながら、いろんな顔が楽しめます。庭園は3700坪(12,216.6m)の広さがあるそうです。多様な草・木・花あり、五重塔やスカイツリーなど背景とのコンビネーションあり、5月初旬までの公開、複数シーズンのお楽しみがありそです。これからはツツジやシャクナゲが見ごろになるまで楽しめるようで、期待高☆です。

なお、お休み処では緑茶のサービスもあり、ほっこりできます。今は、企画展も同時開催で絵馬の展示あり。300円の拝観料ですが、十分に楽しみました。ちょっと保存状態をもう少しがんばってほしい感のある絵馬でしたが、今後に期待です☆

おやつに舟和2Fの喫茶に立ち寄りました。芋ようかんで有名な舟和、ちょっと面白そうなメニューに目をとめ、「焼き芋ようかんとお抹茶セット(890円)」をいただきました。芋ようかんを焼いて、バターを添えて出すあたり、なかなか斬新でした。

雨&気温上昇、桜の長持ちにはネガティブ一方の天気予報がみられるこの頃ですが、できれば上手にハズレて桜の長持ちするこの春であってほしいものです。

Sumidagawa Terrace, Tokyo

PhotoGrid_1442387802072隅田川沿い勝どき橋のあたりをちょっとお散歩した備忘録。秋を思わす草花とたわむれる虫たちに、ついつついついついついたくさんシャッターを切ってきました。
陽射しのギラギラ感がとれた昨今、ちょっとお散歩が楽しくてありがたいです。

なにげにWikipediaによれば、昭和60年以来、スーパー堤防等整備事業の一環として、隅田川両岸のほぼ全域、総延長46.9kmの計画で東京都が順次整備を進めているのだそうです。

水上には水上バスや屋形船、川沿いには散歩やジョギングを楽しむ人々、そして草花と虫たち。ふとした散歩ながら、ふとほっこりできる空間に出会うことができて、掘り出し物を見つけたような、ゴクお得な機会に出会った気分を堪能できました。