Spatenhaus an der Oper, Munich, Germany

PhotoGrid_1455520740025ドイツ・ミュンヘンを訪れています。例によって食事どころ紹介。

ミュンヘンの6大ビール醸造所のひとつであるシュパテン SPATEN のビアハウス Spatenhaus を訪れました。オペラのすぐお向かいにあります。ビアホールっぽさ控えめの、レストラン的な空気感がただよう空間です。SPATENは、ピルス1本のラインアップを誇っているそうで、辛口すっきり系の透き通ったビールです。シャベルのロゴが目印。ただ、ビールメニューに、Franziskaner (ヴァイスビール)と Loewnbraeu も掲載あり。2杯目はSpten-Franziskaner Hefe-Weisbier をチョイス。2杯で合計1リットル。ソーセージの盛り合わせをつまみに、当然ながら満腹になりました。

PhotoGrid_1455521006741メニューからうかがえたビール会社事情に興味を覚えてちょっと検索したところ、こんな一文を発見(ビール好きのためのミュンヘン ビール&パブ ガイド より)

ちなみに、Paulaner と Hacker-Pschorr はグループ会社でオランダのハイネケン傘下、Spaten-Franziskaner と Loewnbraeu もグループ会社でこれらはつい最近(2003年9月)ベルギーのインターブルーに買収されました。Hofbraeu はバイエルン州所有、Augustiner は今やミュンヘンで唯一の独立したファミリーブルワリーです。

美味しいビールを楽しみ続ける中にも、オトナの事情が見え隠れするものだなと、わけのわからないことを覚えた夜でした。

Black Sheep, Varna, Bulgaria

PhotoGrid_1454228417190ブルガリア・ヴァルナのビアハウス「Black Sheep」のご紹介です。

ヴァルナのセンターにあります。以前ご紹介した「Red Canape」「Happy」などのすぐ近くです。

カフェやバーが多くみられる中、ビアハウスと看板を掲げるお店は初めてで、興味を覚えて入ってみました。ヴァルナの地ビール(Craft beer)「Glarus」を提供しているお店でした。残念ながら、ヴァルナの地ビールであることを知らなかったばっかりに、ベルギービール Tripel Karmeliet に手を出してしまいましたが、次の機会には、ぜひ地ビールの味わいに挑戦したいものです。

サイトによれば、Glarus Dubbel/ Glarus London Porter/ Glarus Premium Pale Ale/ Glarus Special English Ale と4種類あるそう。カウンターの方々が手にしていたアンバーカラーの飲み物がそれっぽい感じでした。期待大です。

ビアハウスならではで、Fish and Chips を頼んでしまいました。ついてきたディップが、ひとつがタルタルソース、もうひとつの緑のがピスタチオ?みたいなナゾのペーストで驚きでした。チップスのカラリ感も物足りず。ちょっとフードのチョイスに失敗したようす。次はローカル度の高いフードを選択してみます!アイスエイジのリス(スクラット)の絵柄で宣伝していたドングリ、ちょっと興味をそそられます(連れはただのナッツだと思うと言ってましたが)。

Facebook: The Black Sheep