Cerisier, Kagurasaka, Tokyo

神楽坂スリジエを訪れた備忘録です。

牛ハラミステーキとポテトフライ・生ハム3種盛り合わせ・タルトフランベ とワイン!がっつり食べて飲んだ夜でした。ビジュアル良しな写真を並べることができて満足です。

本当はビールをいろいろとりそろえていらっしゃるお店です。

ちょっとこのところ溜めがちだったこともあり、愚痴っぽい言葉をたくさん並べてしまったことを反省。気持ちが傾いていては、美味しいものも美味しくなくなるのでいけません。

美味しいものを美味しいと笑顔で楽しめる自分であるよう、律していきたいと思います。

 

Yebisu beer museum, Tokyo

PhotoGrid_1457248249757エビスビール記念館を訪れました。エビスビール発祥の地、現在の恵比寿ガーデンプレイスの一角にあります。

ガイドツアー(40分)に参加すると、エビスビールの歴史紹介+テイスティング2杯を500円で楽しめます。完全予約制ですが、館内窓口で予約できます。

エビスビールは今年で生誕126年を迎えたそうです。なかなかのご長寿ブランドです。ガイドツアーでは、エビスビールのブランド名が恵比寿駅をつくり、地名として浸透した話、エビスビールを広めるべくして銀座にビアホール第1号が生まれた話、ビールの王冠のスカートひだの数の話、映画「第三の男」のテーマソングがすでにエビスビールの音楽として少なくともエビス界隈では市民権を得つつある話などをうかがいました。ちょっとした時間ですが、興味深いトピック満載でした。

続いてテイスティングタイム、ビアサーバから丁寧に注がれたエビスビールを供されました。美味しいビールの泡の下にあるフロスティミストという極細かな泡状の層ができるのだとか。上手に注がれたビール、笑顔のこぼれる美味しさでした。

そして、この3月15日、エビスビールがクオリティアップ&デザイン一新するそうです。ひと足お先に新エビスビール、いただいてきました☆ 恵比寿さまを掲げたエビスビール、名前からしておめでたいのでちょっとずるいくらいですが、美味しく飲んだ時に沸きあがる笑顔はホンモノです。ツアーの最後に缶ビールを美味しく楽しむ3度注ぎという注ぎ方を伝授してくれます。

  1. 適度に冷えた缶ビールときれいに洗ったグラスを用意。
  2. 高いところから一気に注いで、30秒待つ。粗い泡が落ち着いて細かい泡だけにする。
  3. グラスの肩から丁寧にゆっくり、グラスの9割まで注ぎ、泡が収まるのを待つ。
  4. 仕上げの注ぎ、再び丁寧に、泡が立ち上がっても驚く必要ナシ→ 準備完了。

ガイドツアー参加の是非にかかわらず、別途テイスティングコーナーとミュージアムショップを単独で楽しむこともできます。今はジョエル・ロブションと共同開発した 「エビス with ジョエル・ロブション」がイチオシのようです。

MAREDO, Frankfurt, Germany

PhotoGrid_1455909762323フランクフルト食事どころ紹介、ステーキハウスのMAREDOです。ドイツに来たのにシュニッツェル Schnitzel をまだ食べてない!と気が付いたので、ステーキハウスに入って、シュニッツェルを注文しました。

シュニッツェルは要するにカツレツです。が、とんかつとは食感が違うし、「ビールとシュニッツェル」という絵面を体験したかったというのが、正直なところです。

期待を裏切ることなく、どっかり2枚のシュニッツェルと山もりポテトがやってきました。メニューには300 g と書き添えてありましたが、きっと肉の重さなのでしょう。若ければ、わーいと喜んだところですが、近ごろは、若干ため息が出るようになりました。

仕上げにアプフェルシュトルーデル Apfelstrudel まで注文してしまったのは、やり過ぎですが、バニラアイスと甘くないホイップクリームが添えてあって、こちらも食べ応え満点でした。

MAREDOはフランクフルトセンターの目抜き通りに2店舗あります。赤い看板で目立つので、ステーキモードのお腹具合の折には、ぜひ訪れてみてください。

PhotoGrid_1455910037823おまけにショッピングモールMy Zeil でやっていた #welovefrankfurt の紹介。フランクフルトを撮ったフォトコンだそうです。サイトはこちら

性分から写真を撮る方ではありますが、構図とか撮り方を学んだ方がよいのかな、と、こういう時に考えることがあります。先延ばしにしがちです…

Bratwurstherzl, Munich, Germany

PhotoGrid_1455546147769ミュンヘン訪問時の食事どころ紹介ふたたび。今日はヴィクトリアンマルクト Viktualienmarkt の中にある Bratwurstherzl 。「焼いたソーセージ・ハート」みたいな意味だそう、お店のロゴにハートが入ってるのがポイント。Hacker-Pschorr ハッカープショールを置いてる=飲めるのが理由でのチョイスです。

昨晩いただいたSPATEN と Hacker-Pschorr ならば、Hacker-Pschorr の方がコクがあって好みの味わいです。ビールひとつが500 mlで提供されるので、ランチのこの折は1杯でおしまい。おかずはソーセージ以外、と、豚の舌に挑戦したのは冒険しすぎでした。コンソメでよく煮てありますが、それでも臭みが若干、マスタード大盛りでいただきました。店名を尊重してソーセージをいただくのがベストです。ハート形のかわいいお皿に盛られて供されます。

こちらのお店、写真付き&複数語(日本語はありません)でメニューを扱っていて、オーダーがたいへん楽でした。こういう点が、さすが観光地です。

Spatenhaus an der Oper, Munich, Germany

PhotoGrid_1455520740025ドイツ・ミュンヘンを訪れています。例によって食事どころ紹介。

ミュンヘンの6大ビール醸造所のひとつであるシュパテン SPATEN のビアハウス Spatenhaus を訪れました。オペラのすぐお向かいにあります。ビアホールっぽさ控えめの、レストラン的な空気感がただよう空間です。SPATENは、ピルス1本のラインアップを誇っているそうで、辛口すっきり系の透き通ったビールです。シャベルのロゴが目印。ただ、ビールメニューに、Franziskaner (ヴァイスビール)と Loewnbraeu も掲載あり。2杯目はSpten-Franziskaner Hefe-Weisbier をチョイス。2杯で合計1リットル。ソーセージの盛り合わせをつまみに、当然ながら満腹になりました。

PhotoGrid_1455521006741メニューからうかがえたビール会社事情に興味を覚えてちょっと検索したところ、こんな一文を発見(ビール好きのためのミュンヘン ビール&パブ ガイド より)

ちなみに、Paulaner と Hacker-Pschorr はグループ会社でオランダのハイネケン傘下、Spaten-Franziskaner と Loewnbraeu もグループ会社でこれらはつい最近(2003年9月)ベルギーのインターブルーに買収されました。Hofbraeu はバイエルン州所有、Augustiner は今やミュンヘンで唯一の独立したファミリーブルワリーです。

美味しいビールを楽しみ続ける中にも、オトナの事情が見え隠れするものだなと、わけのわからないことを覚えた夜でした。

Black Sheep, Varna, Bulgaria

PhotoGrid_1454228417190ブルガリア・ヴァルナのビアハウス「Black Sheep」のご紹介です。

ヴァルナのセンターにあります。以前ご紹介した「Red Canape」「Happy」などのすぐ近くです。

カフェやバーが多くみられる中、ビアハウスと看板を掲げるお店は初めてで、興味を覚えて入ってみました。ヴァルナの地ビール(Craft beer)「Glarus」を提供しているお店でした。残念ながら、ヴァルナの地ビールであることを知らなかったばっかりに、ベルギービール Tripel Karmeliet に手を出してしまいましたが、次の機会には、ぜひ地ビールの味わいに挑戦したいものです。

サイトによれば、Glarus Dubbel/ Glarus London Porter/ Glarus Premium Pale Ale/ Glarus Special English Ale と4種類あるそう。カウンターの方々が手にしていたアンバーカラーの飲み物がそれっぽい感じでした。期待大です。

ビアハウスならではで、Fish and Chips を頼んでしまいました。ついてきたディップが、ひとつがタルタルソース、もうひとつの緑のがピスタチオ?みたいなナゾのペーストで驚きでした。チップスのカラリ感も物足りず。ちょっとフードのチョイスに失敗したようす。次はローカル度の高いフードを選択してみます!アイスエイジのリス(スクラット)の絵柄で宣伝していたドングリ、ちょっと興味をそそられます(連れはただのナッツだと思うと言ってましたが)。

Facebook: The Black Sheep

Shannon’s Irish Bar

PhotoGrid_1452419470756先日、モスクワ空港乗り継ぎ待ちの中、’Shannon’s‘ というアイリッシュバーに立ち寄りました。

東京・大崎にも同じ名前のアイリッシュバー Shannon’s があります。過去、大崎勤務だった時代にゲートシティ大崎(通称GCO)でよく通った日々を懐かしく思い出したので備忘録まで。

窓の外の景色はまるで違いますが、せっかくの機会なので、ギネスをいただきました☆

大崎のShannon’sサイトによれば、アイルランド島を東西に分けるアイルランド最長の川がRiver Shannon(シャノン川)だそうで、その名前を持つパブは、アイルランドの各町に必ず1軒はあるのだとか。川の全長360㎞、リバークルーズもあるようです。シャノン川沿いにある世界最古(紀元前900年創業)のアイリッシュパブ ‘Sean’s Bar‘ も興味深いです。ちょっとしたトピックですが、アイルランド未踏の身には、よい勉強になりました。

Craftsman, Gotanda Tokyo

PhotoGrid_1442535678721懐かしい顔ぶれに誘われて、五反田のクラフト麦酒ビストロ クラフトマンへ行ってきました。

ビールの棚ぞろえ31種類。日本全国から集まったビールたちが、壁の蛇口から注がれます。たいへん親切なメニューをご用意くださっていて、ラガー、ホワイト、フルーツ、アンバー、ブラックなどのジャンル分けしたメニューの裏には、重軽甘苦の軸で味わいマッピングもつけてくださっており。興に載って、飲み比べセットでいろいろ試し、好みの飲み口を探りながら、お楽しみ三昧の夜をすごしました。

ビールがウリだと、おつまみは?と思いがちですが、こちらのお料理はしっかりしていました。ビストロ飯へのこだわりがあるとのこと。お魚、お肉、お野菜、どれをとってもハズレナシ。大満足の宵でした。

五反田でお店探しされていたら、ぜひトライしてみてください。おススメです!

クラフトマン 東京都品川区西五反田2-18-3 グレイス五反田1階 050-7534-7688 (17:00~25:00)

Munich, Germany

PhotoGrid_1429887007060ダンナさんのオーストリア出張にひっついて出かけた帰り道、ミュンヘンへ寄り道してもらいました。出張中の交流でミュンヘンおススメビール情報などもいただいたので、ワクワク。

ミュンヘンWiki情報によれば・・・

ドイツの連邦州であるバイエルン州最大の都市で州都である。イーザル川河畔にあり、バイエルンアルプスの北側に位置する。ベルリン、ハンブルクに次いでドイツでは3番目に大きな都市で、市域人口は140万人近くに達する。ミュンヘンでは1972年にミュンヘンオリンピックが開催された。

(中略)ミュンヘンは歴史的な建築物や印象的な建築物により魅力を与えており、戦災による歴史的な建築物の復興だけでなく新しいランドマークとなる建築物も建てられている。

ミュンヘンといえばここ、と思われるマリエン広場と新市庁舎をおさえたうえで、聞いたおススメにしたがって、Augustinerbrauへ一路。ミュンヘン6大ビール醸造所があると聞きます(Spaten-シュパーテン-、Loewenbraeu-レーベンブロイ-、Paulaner-パウラナー-、Augustiner-アウグスティナー-、Hofbraeu-ホーフブロイ-、Hacker-Pschorr-ハッカープショール-)、が、飲み比べるとどうなんでしょう。オクトーバーフェストなどもあるミュンヘンですから、歴史、味、コマーシャル、いろんな要素で勝負が展開しているのではないかと。現地で各社の戦略を見るのも面白いんでしょう。

PhotoGrid_1429895899870で、アウグスティナーのビールを、ヴァイスヴルスト(白ソーセージ)Weißwurstと甘いマスタード süßer Senf、プレッツェルBrezelとともに、いただきました。古典的な楽しみ方すぎて逆に面白味がないかもしれません。。月並みに、美味しかったです、としか表現できないのがつまらないですね。

ミュンヘン散策、少し時間に余裕のある方へおススメです。アウグスティナーの少し裏手にある「アザム教会(Azamkirche)」、ゴシック様式で飾られた、写真で見ればごちゃっとした雰囲気の教会ですが、実のところとてもこじんまりした空間で、好ましいです。すぐお隣に、Azamhofという小道(建物ブロック内を通じるパス)があって、こちらにBriceltaというたいへんかわいらしいカフェがあります(ほかにも可愛いカフェがいくつもあります)。ちょっとメイン通りの人混みに疲れた際には、少し脇道に逸れて休憩するのもよろしいかと。

ミュンヘンのシメは、市庁舎地下のRatskellerでゴハン。とってもお腹がすいてたわけでもないので、またもやソーセージとビール(これが安心チョイスになってる時点でナゾ)。たいへん広い空間なので、お客もたくさんなのですが、外国人客が多いように感じました。一方で、地元のお客様もおられるようで、なんだろう?60代の男女の同窓会みたいな(なぜか女子過半数)のテーブルがあったり、独り客があったり、と、短時間ながら、多様なありざまを目にしました。

ゆっくりできなかったものの、楽しい経験のできたミュンヘンステイです。BMWの博物館、オリンピック公園、その他美術館等々、未踏エリア多数。機会をみつけて、またゆっくりしに来たい街です。ありがとうございます。

Hagenberg, Austria

PhotoGrid_1429703785152ダンナさんの出張についてちょっと海外旅行を。って、幼いころどこかで聞いて、オシャレだなーと思った記憶がありまして、この度、自身で体験することができました。
出張先は、オーストリアのHagenberg、こちらのHagenberg im Mühlkreisという大学で開催されたカンファレンスです。
たいへん失礼ながら、聞いたことのない街なので、どんなかなーと思っていたら、緑が大きく広がった眺めのいい丘だったり、こじんまりとしたお城や教会があったり、すばらしい田園風景を堪能できる空間でした。2日間のカンファレンス、登壇者のスピーチを聞くスタイルで展開するようですが、カンペキ専門外、および半分以上がドイツ語で語られるので、部外者な私はもっぱら散策。とはいえ、参加者250人ほど、けっこうな規模で驚きました。
Austrian-beer大学まわりは、学生寮があるものの、そこを外れるとほとんどが一軒家。しかも、庭、車庫、家そのものの明り取り具合など、随所に個々のこだわりを埋め込んだようなお宅ばかりで、散策してても楽しかったです。こういうところに住むと、暮らし方そのものが違うんだろうなーと思いました。街の地図にNFCマークが3つもあったことに興味を惹かれましたが、街そのものの外れもいいところだったので、触れず(すみません)。

大学隣接のお城空間を活用したレストラン「Schlossrestaurant Hagenberg」におじゃますると、今週はラムウィークだそうで、羊料理がおすすめとのこと。せっかくなので、特別メニューに載っていたこれまたなんだかわからない料理「Lammbeuschel mit Serviettenknodel」なるものを注文。直球で言ってしまうと、羊さんの肺を使ったものなんだとか。臓物系の食感を存分に楽しみました。

カンファレンス会場で、参加者アンケートに答えるともらえるというビアグラスをゲット。カンファレンスロゴ入り、さすがです。せっかくなので、近所のスーパーでオーストラリアビールをいくつかゲットして帰りました。

旦那さんの仕事姿も見ることができ、おまけながらも、ここまで付いてきてよかったな、と思った旅でした。片道600km、なかなかです(笑)。