KOSOAN, Tokyo Jiyugaoka

PhotoGrid_1442194404312しばらくblog更新をサボってました。。。東京滞在日数を増やしている昨今です。つい先だってまでのうだるような夏の暑さはどこへやら、少し秋めいた風や空、虫の声がちらほら聞こえてきました。

さて、自由が丘 古桑庵を訪ねた備忘録です。こちらは桑の古材をつかって昭和29年(1954年)に建てられた茶室で、平成11年から茶房&ギャラリーとしてオープンしているのだとか。スイーツの街 自由が丘にして、店構えからして、かなりおもむきのある空間です。

自由が丘は実家が近いおかげで、相当前から、かなりの頻度で足を運んでいました。が、たいてい独り歩きなこともあり、古桑庵の存在こそ知りつつも、スルーしていたのが正直なところ。この度はじめて足を踏み入れて、いい感じにしっくりくる空気感がいいなぁ、としみじみ思ったのでした。コーヒーを頼んだら、一口ケーキがついてきて、ちょっと嬉しくなりました☆

気が付けば、ブログを始めて1年が経過、頻繁にちょいちょいサボっているので、ココロをあらためて、書き続けることを頑張らねばと思います。ケイゾクはチカラなり、自分の気持ち次第でどうにでも頑張れることをひとつでも増やしていきたいと思います。

etc. Moscow

PhotoGrid_1436515786473モスクワ訪問、メイン観光以外のおまけいろいろ。

1.鉄道交通

過去の仕事がらみで注目してしまった鉄道事情。モスクワ空港と市内中心部が適度に離れているので鉄道を利用(後で調べたら、タクシーの方が安いらしい)。観光客用に空港~市街往復+メトロ2回パック券をゲット。外は紙でしたが光にかざすと中の回路が透けて見えました。改札以外に残高(回数?)確認用の端末がホームに置いてありました。サンクトペテルブルグに比べ、モスクワの気温がはるかに高いのがよくわかったのが、メトロの車輛が冷房完備だったこと。車内の電光表示もついていて、豊かなんだな~と無邪気に感心してしまいました。

PhotoGrid_14361015395962. 丸亀製麺

何年も前に、丸亀モスクワオープンのニュースを見た記憶がありましたが、実際店舗に足を運ぶことができました。「釜揚げ」「かけ」「ぶっかけ」&天ぷらあたりの常連メニュー以外に、ラーメン風?と思われる「みそ」「とんこつ」、そして丼もの、スシがメニューに並んでいました。良心価格でお味も通常。ダシに飢えていた自分に気づかされました。すでにモスクワ内5店舗展開中とのこと。さすが首都モスクワです。

そして会計時にビールも購入できます。しかもアサヒが並んでいるのには驚き。街中、割と頻繁にアサヒビールを飲んでる方々がいて、流通事情に感心しました。

PhotoGrid_14365222487923. 貸自転車

個人的に自転車でふらふらするのが好きなので、気に留めたもの。モスクワ市内、けっこうなポイントで貸自転車ネットが敷かれているようです。電話番号を入力すれば比較的簡単に使えるようです。登録作業キライの連れのおかげで利用は断念。1日利用料さえ支払えば、30分都度に上手にポイントで乗り換えついでいけば、かなり格安で移動が可能のよう。使ってみたかった。。。

PhotoGrid_14365164665464. ウズベク料理店 チャイハナNo.1

テラス席も含めてほどよく席が埋まっていて、グルジア料理っぽくておいしそうだったのでトライしたお店ЧАЙХОНА No.1(チャイハナNo.1)。お店オリジナルの食器がかわいくて気に入りました。料理もハズレなしで満足。

PhotoGrid_14365174818255. アルバート通り

赤の広場の北西部に延びる通り。旧アルバート通りと新アルバート通りがある。旧の方は歩行者天国になっていて、音楽、踊り、絵描き、その他パフォーマーと観光客でにぎわっています。歩いていて楽しいです。プーシキンの家があったり、Hard Rock Cafeがあったり。昔の名残の「ドル払いお断り/ルーブル限定」の看板も。が、着ぐるみを着た人は、写真を撮らせて小銭を稼ごうとしているので要注意です。一方の新アルバート通りは、カフェや飲み屋街といった風で、夜のライティングこそきれいで華やかですが、個人的には歩いて楽しい空間ではなかった。。

PhotoGrid_14365253903026. ほかにもいろいろ

この2月末(2015-02-28)に射殺されたロシア野党指導者のネムツォフ氏の追悼ポイント。ロシア国旗、写真や花が飾られ、昼夜問わず、誰かしらが居ます。この橋の名前に彼の名前を入れよう!なんて活動も起こっているのだとか。

この度初めて覚えたロシアの国営通信社 TASS(TASS Russia News Agency イタルタス通信)の本社ビル。連れには、知らなかったことに驚かれました(すみません。。)。ロシア語のSはCと表記するので、看板はTACCになってます。

他にもいろいろと、これは!と思われる写真をパチパチしてきましたが、長くなりすぎたのでこのへんで。

 

Cafe “HAPPY”

PhotoGrid_1435312967137サンクトペテルブルグでお気に入りのカフェ紹介。お店の名前はСЧАСТЬЕ、ロシア語で幸福、HAPPYという意味です。

内装外装、そのメニューに至るすみずみまで愛らしいのが気に入りポイント。白を基調とした内装で、至る所に天使がいます。天井から下がった小さなライトの先には天使の翼が施してあって、胸キュンです。テーブルに着くと、ランチョンマットの紙と鉛筆を案内してくれます。こちらの紙シートには、数字の1から600以上の数字とドットがプロットしてあり、ヒマにまかせて点をつないで絵が浮き上がるのを楽しめます。今回はエンジェルが傘を持っていました。日本の梅雨時を連想できて、つい微笑み。

お店のサイトによれば、サンクトペテルブルグに4店舗、モスクワに2店舗展開しているようですが、個人的にはイサク聖堂の目の前にあるСЧАСТЬЕ У ИСААКИЯ店が立地ともども好きです。ショッピング通りのネフスキー通りにも店舗があり、こちらの入り口のデザインも愛らしさ秀逸です。この度訪れた際には、マカロンをいただきました。6個で270 RUB。バニラ、チョコレート、ピスタチオ、マンゴ等、どれもおいしかったです。

Munich, Germany

PhotoGrid_1429887007060ダンナさんのオーストリア出張にひっついて出かけた帰り道、ミュンヘンへ寄り道してもらいました。出張中の交流でミュンヘンおススメビール情報などもいただいたので、ワクワク。

ミュンヘンWiki情報によれば・・・

ドイツの連邦州であるバイエルン州最大の都市で州都である。イーザル川河畔にあり、バイエルンアルプスの北側に位置する。ベルリン、ハンブルクに次いでドイツでは3番目に大きな都市で、市域人口は140万人近くに達する。ミュンヘンでは1972年にミュンヘンオリンピックが開催された。

(中略)ミュンヘンは歴史的な建築物や印象的な建築物により魅力を与えており、戦災による歴史的な建築物の復興だけでなく新しいランドマークとなる建築物も建てられている。

ミュンヘンといえばここ、と思われるマリエン広場と新市庁舎をおさえたうえで、聞いたおススメにしたがって、Augustinerbrauへ一路。ミュンヘン6大ビール醸造所があると聞きます(Spaten-シュパーテン-、Loewenbraeu-レーベンブロイ-、Paulaner-パウラナー-、Augustiner-アウグスティナー-、Hofbraeu-ホーフブロイ-、Hacker-Pschorr-ハッカープショール-)、が、飲み比べるとどうなんでしょう。オクトーバーフェストなどもあるミュンヘンですから、歴史、味、コマーシャル、いろんな要素で勝負が展開しているのではないかと。現地で各社の戦略を見るのも面白いんでしょう。

PhotoGrid_1429895899870で、アウグスティナーのビールを、ヴァイスヴルスト(白ソーセージ)Weißwurstと甘いマスタード süßer Senf、プレッツェルBrezelとともに、いただきました。古典的な楽しみ方すぎて逆に面白味がないかもしれません。。月並みに、美味しかったです、としか表現できないのがつまらないですね。

ミュンヘン散策、少し時間に余裕のある方へおススメです。アウグスティナーの少し裏手にある「アザム教会(Azamkirche)」、ゴシック様式で飾られた、写真で見ればごちゃっとした雰囲気の教会ですが、実のところとてもこじんまりした空間で、好ましいです。すぐお隣に、Azamhofという小道(建物ブロック内を通じるパス)があって、こちらにBriceltaというたいへんかわいらしいカフェがあります(ほかにも可愛いカフェがいくつもあります)。ちょっとメイン通りの人混みに疲れた際には、少し脇道に逸れて休憩するのもよろしいかと。

ミュンヘンのシメは、市庁舎地下のRatskellerでゴハン。とってもお腹がすいてたわけでもないので、またもやソーセージとビール(これが安心チョイスになってる時点でナゾ)。たいへん広い空間なので、お客もたくさんなのですが、外国人客が多いように感じました。一方で、地元のお客様もおられるようで、なんだろう?60代の男女の同窓会みたいな(なぜか女子過半数)のテーブルがあったり、独り客があったり、と、短時間ながら、多様なありざまを目にしました。

ゆっくりできなかったものの、楽しい経験のできたミュンヘンステイです。BMWの博物館、オリンピック公園、その他美術館等々、未踏エリア多数。機会をみつけて、またゆっくりしに来たい街です。ありがとうございます。

Doitsu News Digest Nr. 1000

PhotoGrid_1429295632325フランクフルトのロシア領事館へVISAの受け取りに行くついでに、フランクフルトの街にもちょっと寄り道。。

個人的に本日の目玉は、ドイツニュースダイジェスト1000号(2015年4月17日発行号)です(左肩)!先日デュッセルドルフでゲットした版から、間もなくキリ番発行が近いことを知り、入手の機会をナニゲに待ち望んでいたところへ、今日のフランクフルト立ち寄りがあって、ラッキーでした。本誌によれば、1994年4月創刊、21年目を迎えたところとのこと。

フルフル日本語で多様なドイツ情報満載、そして無料!特に紙媒体が好きな私には、馴染み短いながら、とてもありがたいコンテンツだと思って感謝もひとしおです。今日は日本文化言語センター(Japanisches Kulturzentrum)にて、こちらドイツニュースダイジェストをゲットいたしました。ありがとうございます。

お昼は和食レストラン「いろは」で寿司うどん定食、午後のお茶は「Cafe Libretto」でコーヒーとケーキをいただきました。いろはで出されたお茶の茶碗にあった「健康十訓」にはグッときました。「少肉多菜、少塩多酢、少糖多果、少食多噛、少衣多浴、少言多行、少欲多施、少憂多眠、少車多歩、少憤多笑」とのこと。心がけたいものです。

このたび、旦那さんの母国ロシアに入国するためのVISAを取得したわけです(左端上から2段目がロシアの国章 双頭の鷲、領事館の壁面にあります)が、日本人の私がドイツという第三国でVISA申請するのは、レアケースらしく、若干手間がかかりました。日本で申請した際には無料だったのに、こちらでは有料でしたし。窓口のお兄さんが横柄だったのもマイナスポイント。次の手続きは日本でできるといいなぁ、とつくづく思ったのでした。

Dusseldorf, Germany

3月29日午前2時を境に、ヨーロッパの夏時間が始まりました。これからしばらく、日本との時差が7時間です(東京の午後2時がドイツの朝7時)。
PhotoGrid_1428169393278

イースター休暇を利用して、一泊二日でデュッセルドルフを旅してきました(2015/04/03-04)。

デュッセルドルフは、ドイツの西側、街中をライン川が流れています。人口約60万人、うち在留邦人は約6000人(2009年)、ヨーロッパではロンドン・パリに次いで3位の規模の日本人街を持つ街なのだそうです。日本企業の進出数もかなりのものらしく、日本人ビジネスマンが生活するための環境がかなり整っている風な点が、たいへん興味深くのぞみました。

以下、ドイツニュースダイジェストからの引用

陸、水、空のインフラが充実し、企業にとって理想的なビジネス環境が整うこの街には、約450社の日本企業が進出しており、日本企業や日本レストラン、スーパーマーケット、本屋などがずらりと建ち並ぶ中央駅前のインマーマン通りは、まさしくリトル・ジャパンの様相を呈している。また、常に流行のファッションを発信し続ける瀟洒な通りケーニヒス・アレー(通称「ケー」)や、ドイツに古くから伝わる風習で街の大イベントであるカーニバルなど、経済面だけでなく文化や娯楽面でも発達している。

まずはお友だちから勧められたラインタワー Rhine Tower (Rheinturm)へ。高さ234mとのことですが、展望フロアは168m。360度見渡すことができるので、デュッセルドルフの街のつくりがよくわかります。この展望フロア、窓ガラスが斜めに設置してあって、足元がいい感じに見えます。高所恐怖症の方は、あまり嬉しくない構造かもしれませんが、展望写真を撮るにはもってこいです。

続いて旧市街’(Altstadt)。タワーから見下ろせるライン川河畔に立ち並ぶカフェバーを横目に見ながらほどなくして到着します。旧市街は約260軒ものレストランや居酒屋が集まることから、「世界で一番長いバーカウンター」という異名を持っているんだそうです。デュッセルドルフご自慢の?アルトビールの醸造所も集まっていて、観光地らしい賑わいを楽しみました。個人的には、アルトビールはあまり好きではなかったです。一杯試した後、ピルスで通しました。ごめんなさい。。

PhotoGrid_1428171296760旧市街の中、ユニコーンのロゴを冠したかわいいカフェをみつけました(Zum Goldenen Einhorn)。ケーキのホールのサイズがばかでかくてびっくりでしたが、一人分は、1/20くらいの程よいサイズで提供されたので安心しました。

目抜き通りのケーニヒスアレーは、イースター休暇でお休みなので、高級ブティックのショーウィンドーを横目に通過。日本人街とウワサのインマーマン通り(Immermannstr. )へゴハンを食べに行きました。

PhotoGrid_1428105564002日本人街と聞いて、私がイメージしたのが横浜中華街の和風版だったのですが、さすがにあそこまで観光モードに徹底しておらず、それでも十二分に日本人に親しみのあるサービスを提供してくれるゴハンどころを堪能しました。

匠 Takumi Düsseldorf二代目匠-TAKUMI-豚骨 Takumi 2nd Tonkotsu。どちらもラーメンがメインのお店ですが、入りたかった串亭 Kushitei という居酒屋が予約満席だったり夕方営業オンリーで入れずにこちらを利用。どちらもけっこうな人の入りでした。東洋人と現地人と半々くらいでしょうか。意外とみなさんラーメン的なゴハンも召し上がるんだな、と、逆に感心しました。メニューは日本語メイン、オーダーも日本語歓迎で、嬉しかったです(やはりドイツ語をちゃんと勉強しないといけません)。そしてお店にドイツニュースダイジェストをはじめ、日本人のためのドイツ語講座やら数々の支援アイテムが配されていたことに感動しました。

二日目はイースター休暇中とはいえ、ありがたいことに普通の土曜日でお店は営業していて、日本食材を扱う松竹 SHOCHIKUというスーパーに立ち寄りました。別に通常家で日本食材の食事をしてるわけでもしたいわけでもないのに、ブルドックソースだとか焼肉のたれだとかが商品棚に並んでいることに興奮してる自分がいました。ビョーキです(笑)。しかし、日本の酒類(サケとか焼酎とか)が関税の影響か、どえらい高価でびっくりしました。

日本を懐かしがってばかりいないで、そろそろ何か、こちらで私ができることを始めないと、と、思いつつある今日この頃です。

The Städel Museum in Frankfurt

PhotoGrid_1427553154938お友だちから、「印象派に興味があれば、おススメだよ」と聞いたので、フランクフルトのシュテーデル美術館を訪れました。

フランクフルト中央駅から、マイン川を越えて間もない川沿いにある立派な美術館で、フェルメールの「地理学者」を置いていることで有名らしいです。が、本日のお目当ては、こちらの創設者であるシュテーデルさんが、ご自身のコレクションを寄贈して200年を記念した企画展 “MONET und die Geburt des Impressionisms” です。モネの作品を中心に、印象派の作品を多数、楽しんできました。

目玉は、モネの大型作品なんでしょうか。正直、日本人が喜ぶモネ作品は少なかったように思いました(すみません)。とはいえ、いくつかの主だった時代背景とテーマで括って展示してあって、企画者の趣向をふまえて、モネ、ピサロ、ルノアール、ドガなど、数々の印象派作品を満喫できました。

ただ、日本国内の美術展に行き慣れているからなのか、展示札(作品名・作者・作成年等を示したパネル)が、ドイツ語・英語で書かれていて、字も細かくて読みづらく、ちょっとがんばって読んでしまったが故に、企画展エリアを出ただけで、どえらい疲労感でした。。。

土曜日のせいなのか、10時オープンの直後に入ったにもかかわらず、けっこうな人、お昼近くには、さらにヒトひと人でした。ドイツ語availableな皆さんは、オーディオガイドを持った方がやたら多かったです。企画展内のドイツ語、英語ツアーガイドなどもあるようで、ほかの観光地の有名な美術館よりは、ずいぶんと混み合ったイメージを受けました。企画展のチケット(常設展込み)大人2枚で14ユーロ、まずまずの価格感です。この企画、2015年6月21日までやってるそうですから、フランクフルトでストップオーバー等、時間つぶししたい方には、もってこいのチャンスかと。

せっかくなので、常設展も拝見(企画展とフロアが異なります)。宗教画が大量にある中に、フェルメール(Johannes Vermeer)の『地理学者 (Der Geograph)』があったり、ボッティチェリ(Sandro Botticelli)の『女性理想像 (Weibliches Idealbildnis)』があったり。けっこう広い大量なコレクションの中で、個人的にヒットな作品を見つけるのも宝探し感覚で楽しかったです(その分、疲弊もします)。館内マップもあるのですが、これがまた、非常に不案内なので(美術館のカタログの表紙にフェルメールの地理学者を使っているのに、館内マップに載せないって、意味不明ですよね)、使いませんでした。

ランチは、近くのSchweizerstrでみつけた、イタリアン『Trinco』にて。小さなお店ながら、気さくなお兄さんが手早く美味しいピザやパスタを出してくれました。珍しさに任せて、Pizza Tandori(タンドリーチキンの乗ったピザ)をいただきました。その後、ちょっと散歩してCafe 『La Maison du Pain』でコーヒーブレイク。マジパン入りのクロワッサンとコーヒー、ご想像どおり、簡単に満腹になります。

朝から活動して、芸術堪能、舌も堪能、お腹いっぱい楽しんだ一日でした。東京は桜も開花、20度くらいでぽかぽか陽気だそうですが、こちらはまだ昼間でも10度程度。お日さまのおかげで若干ぽかぽか気分も味わえますが、まだ冬のコートは手放せません。それでも、桜に近いバラ科と思われる木々が力いっぱい花開いている姿をみかけることができるようになりました。嬉しいです。タンポポも見つけた!春本番は近いです。

観光当日にブログアップできるなんて、ほんとうに稀。今後も、時間の上手な使い方を心がけたいです!

BAKE CHEESE TART

bake-cheese-tart2014自由が丘に2014.11.01オープンした”BAKE CHEESE TART“のチーズタルトをいただきました!

自由が丘の駅からすぐの立地で、いつ見ても行列のお店。しばらくはありつけないだろうと思っていたら、嬉しい偶然でした。

週末日曜の夕方、18時台、30分程度ならんでゲットできたとのこと。ありがたいです。

肝心のチーズタルトのお味、若干塩味の効いたタルト地がカリっとしている一方で、チーズクリーム地がふんわりしています。

こちら、北海道 札幌の人気洋菓子店「きのとや」の姉妹店的存在だそうで、カフェも併設です。人気があることは知ってましたが、このたびあらためてお店のホームページを拝見したところ、こちら作り置きしない方式で、出来立て提供するのがウリなのだそう。

チーズタルト1個200円(税抜)らしいので、なかなかのコスパかしらと思います。

自由が丘店ではソフトクリームも提供しているそう、今後の楽しみが広がります☆

Frankfurt am Main, Germany

20140726-Frankfurt2014年7月下旬、フランクフルト観光、振り返り旅行記。

フランクフルト、空港もあり、金融街も有する都会。まるで競争しているかのように、高層ビルが林立しています。マンハッタンをもじって「マインハッタン」と呼ばれることがあるそうな(ほんとかどうだか)。

たいていフランクフルトで語られるものの、Frankfurt am Mainと呼ばれるのはなぜかと思ったら、am Mainは「マイン川沿いの」を意味するのだとか。事実、フランクフルトはマイン川下流にあります。なお、ドイツにはオーデル川沿いのフランクフルト Frankfurt (Oder) もずっと東、ポーランドとの国境あたりに存在するそうで、そちらの界隈では、無論、フランクフルトといえば・・・になるそうです。

さて、そんな高層ビル群を抜けて、街中へ足を踏み入れていくと、まず出会うのがハウプトヴァッヘ(The Hauptwache) もと警察官の詰め所を、戦後再建したものだとか。ここから東方向へ歩行者天国 Zeil が延びていて、ショッピングセンターが立ち並んでいます。「ガレリア・カウフホーフ」「カールシュタット」「ツァイルギャラリー」「マイ・ツァイル(My Zeil)」、たいていの買い物は済ませられる空間です。中でもMy Zeilはガラス張りのど真ん中に穴が突き抜けたデザインで、中がどうなっているのか、確かめに足を運んでしまうような興味深いつくりです。この界隈、屋上テラスに出られる空間もあって、ちょっとした眺望を楽しむこともできます。

こちらのZeil、週末は人だらけです。人が集まるところなので、ミッキー&ミニーの着ぐるみがいたり(一緒に写真を撮ってくれますが、チップが必要みたいです)、何かの署名活動をしていたり、ストリートパフォーマンスでダンスや音楽を披露していたり、暇つぶしにはもってこいです。そして通りのどんつきの空間では定期的にBauernmarkt Konstablerwache 市場が開かれています。

Zeilを離れてマイン川方向へ降りていくと、旧市街に入ります。いちばん目を引くのが市庁舎のあるレーマー広場Frankfurter Roemerです。おもちゃのような、可愛らしい建物がぎゅっと連なっています。この旧市街界隈に、日本とフランスのパンとケーキのお店イイモリがあります。お茶を飲みに入ったのですが、アンパンとメロンパンを見つけて、何やら妙にうれしくなっている自分がいました。意外と菓子パンにも国境ってあるものだな、と学びました。

Hessisches Landesmuseum

hesse-museumDarmstadtにてリニューアルオープンをとげたばかりのヘッセ州博物館 Hessisches Landesuseum、オープン初日の9/13(土)・翌14(日)は、無料招待日。ありがたく、無料招待にあずかってきました。通常は大人6ユーロ、子ども4ユーロだそうです。

地上4階+地下1階、古代エジプトの美術品にはじまり工芸品や宗教画、現代アートまで、さまざま(おまけ:日本の工芸品として、甲冑と鏡がありました。甲冑についてた顔があまりにラブリーだったのでつい写真におさめてしまいました)。

展示説明は無論ドイツ語なので、ほとんどわからないものの、見ているだけでも十二分に興味深く、時間を忘れました。いまどきの博物館ならでは、デジタルツールを活用した見せ方の工夫も多数見受けられ、違った観点での関心もあり、正味3時間ほど滞在、休憩時間ゼロでした。

博物館内にはカフェも併設していて、軽食も楽しめるようです。

表示言葉がわからない口惜しさまぎれに、たまたま最初に入った古代エジプトの美術品の中に、ネックレス・腕輪・指輪・イヤリングなどの宝飾品、櫛まであったことを受けて、中世絵画の中に、どんな形で宝飾品が描かれているのかを、見てみることにしました。すると、宝飾品をまとって絵画に登場するのは、富裕層。男性でも、ネックレスや指輪、ブローチなどを普通につけていました。さすがにイヤリングは女性のみ、でも、かなり稀。工芸品そのものの展示もあるので(地下階です)、宝飾品の技術が格段に精度を上げていく様子も見受けられ、本当に楽しかったです。職人さんは、何を思いながら、モノづくりにのぞんでいたんでしょう。

感激ひとしおで博物館を後にしたところで、汽笛の音が聞こえて振り向くと、通常トラムが走っている道を、蒸気機関車風?トラムが走っていました。レア三昧を堪能した一日です。

ごちそうさまでした。