Camp around Mt. Fuji

PhotoGrid_1462265195155富士山のふもとにある田貫湖でキャンプを楽しんできました。

キャンプマスターと一緒だったのでおかげで、大船に乗った気分での一泊二日。大満喫できました。今年初のスイカ(熊本産)を楽しむこともでき、なかなかホクホク☆ 幸いほどよくお天気に恵まれ、ギラギラのお天気でもない中で、常時富士山を拝みつつのありがたやの時間を過ごせました。

タヌキコ、実はこの度初めて知りました。タヌキに関係あるのかなと、田貫湖のいわれを調べてみると、その昔、この辺が沼だった頃、ここを開墾して一財築いた方がいたおかげで「長者が池」と呼ばれていたものが、14世紀、富士山本宮の神主である田貫氏がこの地に隠居したために、田貫沼と呼ばれるようになり、灌漑工事の後、田貫湖になったのだとか。ふーん、な顛末です。

田貫湖キャンプ場は予約ナシ当日受付だそうです。思い立ったが吉日タイプの方々には向いてるキャンプ場です。

PhotoGrid_1462260258272田貫湖の近く、車で30分程度のところに、白糸の滝があります。帰りの道すがら、立ち寄ってみると、けっこうな観光地で、駐車場から土産物屋から、遊歩道まで、しっかりした空間でした。

音止の滝と白糸の滝の二つの滝を楽しめる展望空間があります。白糸の滝の方は、幅広く垂れる複数の滝のしぶき&マイナスイオンを全身で楽しみながら、けっこう近くまで寄れるので、観光客の人数もハンパないものの、横幅が広いおかげで、適度に分散してくれるのがいいところともいえます。

駐車場(有料:500円)から、音止の滝→白糸の滝と遊歩道+階段を進むと、最後にお鬢水と呼ばれる、頼朝が鬢をなでたという言い伝えのある、湧き水スポットに行き当たります。本当に澄んだ水たまりで、水面は静かながら、その先へコンコンと水が流れ落ちていくので、湧き水だということがよくわかります。

なにげに立ち寄ったものの、あらためて富士山も拝むことができ、滝行を彷彿とさせるせいか、ちょっと気持ちの改まるような、不思議な気分を味わえたひと時でした。

camping at Yellow Bay

PhotoGrid_1432329884501アウトドア企画ふたたび、今度はキャンプです。みんなでキャンプに行くんだけど一緒にどう?との誘いにのってみました。
行先はБухта Желтая、Yellow Bayという意味です。USにも同じ名前の場所があるようですが、こちらはロシア、サンクトペテルブルグから車で2時間ほどのところです。フィンランド湾につながっているそうです。
PhotoGrid_1433135444775ビーチに松が植わっていて、ちょっと見、日本国内っていっても通じそうですが、海の潮の香りが薄くて若干物足りなかったです。とはいえ、まず、寒い。聞けば、東京はこの頃30度周辺が当たり前の日常とのこと。私は火のそばを離れることができませんでした。。

海岸沿いを散歩して見つけた貝殻で、海を実感したものの、波に打たれてビーチにそそぐ水をなめてみてもしょっぱくはなく、大きな湖といわれても信じてしまいそうでした。

ここ5年ほどで、キャンプ人口が激増しているらしく、お友だち彼らのキャンプ場は年々北上を続けているとのこと。シーズンONだと、テント設営場所のせめぎあい、すぐ隣が別の団体になってしまうくらいなのだとか。寒さに文句は言ったものの、広々とした海原を眺めながら過ごせたこのひと時は、なにげに貴重だったことをあらためて学びました。感謝です!