St. Petersburg Pulkovo Airport

PhotoGrid_1452418735921お楽しみの休暇もあっという間、サンクトペテルブルグともしばしのサヨナラです。

零下20度以下の毎日から解放されるのは、ちょっとほっとするかもしれませんが、年末年始にかけて、たくさんのお楽しみを享受させてもらいました。心から感謝します、ありがとうございました!

ここでひとつ、サンクトペテルブルグ、プルコヴォ空港をご紹介。プルコヴォ空港が新しくなったのは2013年のこと。空港そのものの建築は、イギリスのグリシャム建築事務所の仕事だそうです。雪の重みにも耐えうるデザインを凝らした天井と、サンクトペテルブルグの島と橋で結ばれた街をイメージしたレイアウトがポイントだとか。

新ターミナル開設を折に近代芸術を空港設置するプロジェクトを開始したそう。

私が興味を惹かれたのは、出発フロアに飾られた4つの飛行機の羽根をもった天使の像。Dmitry Shorinの’I Believe in Angel ‘という連作の一部だそうです。こちらのDmitryさん、ロシアの近代芸術家10選に入る方とのこと。サンクトペテルブルグの街の芸術に触れるのが、この街を訪れる一番の目的とは思いますが、空港の中で楽しめる芸術があることも知っていただければ幸いです☆

PhotoGrid_1452446499434サンクトペテルブルグを旅立って、ブルガリア・ヴァルナへ戻ってきました。気温16度、たいへんあたたかいです。それでも、聞くところによれば、元日まわりに大雪が数日にわたって降ったそうで、たいへんな寒さだったとのこと。ようやく暖かさが戻ったところへ舞い戻ったようす。

ブルガリアのクリスマスは12月末なので、とっくにクリスマスモードは片付いているかと思えば、空港のクリスマスツリーはそのままで、ショップにはクリスマスグッズがまだ並んでいました。日本の街中のイベント装飾の切換えが極めてきっちりしている一方で、ヴァルナのゆるさになんとはなしに安堵感。

帰路の経由地モスクワでは、大雪マイナス14度。空港除雪活動が盛んにおこなわれていました。搭乗した飛行機の窓に雪が積もってる様をみたのは初めてです。大雪にもかかわらず、大量の飛行機の離発着を運営している北国の空港に、あらためて天晴れの念を覚えました!

Merry Christmas, St. Petersburg

PhotoGrid_1452192175647今日、1月7日はロシアのクリスマス
かなり冷え込んで、昼間でも零下20度を下回る寒さでした。それでも太陽は見えていて、周りの木々は凍結、霜で飾られます。基本的にどこを見渡しても白い世界で、寒さを度外視できれば、たいへん美しいです。凍った窓にユニークな形の(морозный узор, frosty pattern)がおりて、ちょっとした天然アートみたいで楽しいです。

PhotoGrid_1452191802027そして1月第一木曜日でもあったので、王室陶磁器博物館(?)Museum of the Imperial Porcelain Factory(Wikipediaはこちら)を無料でおじゃましてきました。通常は、単館訪問300ルーブルだそうです。エルミタージュ美術館と連携したご利益にあずかりました☆ エルミタージュ美術館からは徒歩圏ではなく、メトロに乗っていかなければというほど、ちょっと距離があるのでご注意ください。ロシア語大丈夫の方は、オリジナルのサイトでどうぞ。

PhotoGrid_1452191440971こちらの博物館、工房(工程等)が見れるのかと思いきや、基本的に過去の遺産(資産)の陳列です。焼き物がお好きな方ならば、飽きることなく楽しめるはずですが。なにげに建物の1階入口、4階の1フロアだけが展示場なので、アレレな感は否めませんので、過大な期待を寄せませんように。すごく焼き物が好きな方や、時間に余裕のある方向けです。
一部、海外からの作品を置いたコーナーがあり、マイセンや中国からのものもある中に、有田焼の大きな壺があって、ちょっと興奮しました。日本からのものというだけで、嬉しくなるのは、国民性なんでしょうか。
こちらの工房、1744年創業で、2年前に270周年を迎えたところだそうです。王室御用達を経て、今に至るようですが、今も愛されるブランドの地位を確かにしている様子。変化の激しい世の中ではありますが、永く愛され続けるモノづくりは、絶えず続いて欲しいと願うばかりです。
PhotoGrid_1452190930402おそらく、工房でのお買い物が直近できるわかりやすい貢献と思われますが、現時点、働かざる者の私ができる情報発信で、微力ながら支援していきたいと思います。言い訳臭くなりました。。

帰り道、とっぷり陽も暮れたものの(4時には暗くなります)、まだクリスマスの香る空間をみつけたので、立ち寄ってみました。青空スケートリンクをなめらかに滑って遊ぶ子どもたちがいたり、いわゆるクリスマスマーケットのお店をはしごする人々がいたり。空の暗さと寒さから、ついつい尻込みしそうになる外のお楽しみですが、単に時計の針だけみれば、午後7時のわりと健全な時間。思い込みは要注意です。楽しまないと♪

New Year 2016

PhotoGrid_14516722412512016年、あけましておめでとうございます

昨年同様、ロシアで年明けを迎えました(去年はクリミアでした)。連れの友人宅でのパーティに参加。プーチン大統領のスピーチを聞き、12時の鐘とともにシャンパン(スパークリングワイン)で乾杯しました。このシャンパンを、願い事を書いた紙の灰とともに鐘のなっている間に飲み干すと、その願い事がかなうと聞いて、ちょっとトライしてみました。向こう一年が楽しみです☆

12時をまわると同時に、クリスマスツリーの足元に置いたプレゼントの開封がはじまりました。そのあとは、外で花火。マイナス10度以下のはずですが、楽しさ余って寒さもなんのその。日本の花火は夏に楽しむと話したら驚かれたのには、ちょっとびっくりでした。花火は新年か誕生日のお祝いに使うものだとの認識なんですって。ところ変わればですね。

ともあれ、大人も子どもも一緒になって、家族で新年の瞬間を祝うロシアの習慣、健康的でいいなぁ、と感じた次第です。

思いつくままに、身のまわりのことなどを書き綴ってきていますが、今年も引き続き同様にフリースタイルにやっていきます。

どうぞよろしくお願いいたします!

3D light show, St. Petersburg

PhotoGrid_1451425213958サンクトペテルブルグ、エルミタージュ美術館前のPalace Squareでプロジェクションマッピングを見てきました。

今回もアエロフロート協賛、12/23-31 18:00-23:00の期間限定とのこと。年始にかけてもやってくれるのかと期待したらそうではなく、ちゃんと調べてよかったです。間に合った感。。

30分ほどの音楽を交えたちょっとクリスマスのおとぎ話っぽい展開のある映像、真っ暗&零下の空間もなんてことなく、楽しみ切ってしまいました。もちろん無償。夕方から夜までこれを絶え間なく繰り返し再生してくれてるのだから、ありがたいことこの上ないです。感謝。

プレスリリースを見ると、ロシアの他の都市でも展開中とのこと、映し出される背景が違うと、また見栄えも違っているんだろうと思うと、興味深いです☆

私は青い電飾のついたクリスマスツリーと一緒になったこの景色が気に入っています。

 

東京ディズニーランドのワンスアポンアタイムを見たりして、プロジェクションマッピングってかなり一般化している感がありましたが、費用的にはどんなもんだろうとググってみると、当然と言えば当然の、けっこうな金額がかかることがわかります。

プロジェクションマッピングの費用の抑えかたのコツまとめ(NAVERまとめ)

プロジェクションマッピングにかかる費用はどれくらい?(役立つ情報ブログ)

そして、ここ最近ホットになったものの、技術そのものは、かなり古く1960年からあったとの事実にも驚きでした。

Christmas in St-Petersburg

PhotoGrid_1451212263135年末年始の休暇を過ごすべく、連れの実家 ロシア・サンクトペテルブルクへやってきました。

ヴァルナに比べて5~10度ほど気温が低く、何より日照時間が短いことに驚いています。朝、外が明るくなるのが9時半過ぎですから。夕方4時半にはほとんど暗いです。

ヴァルナでは12月25日のクリスマスを祝うべく、街中がにぎわっていましたが、ロシアのクリスマスは1月7日。クリスマスよりも、新しい年、2016年が来ることを祝うべく、街の中心部周辺は、いたるところで電飾が飾られて、キラキラしていてたいへん美しいです。クリスマスツリーやサンタ風のジェットマロース、雪だるま等がある一方で、ところどころに来年の干支のサルが飾られたりしているところが、おもしろいです。寒さをカクゴして、ちょっと街へ出かけてみたくなります。

PhotoGrid_1451212081379やはり、ネフスキー大通りがいちばんきらびやかです。通りをまたぐように掛けられた電飾、街灯の電飾、通り沿いの建物の電飾、ただただ通りを歩いているだけで、ワクワクします。

どうやら私たちの到着と冬将軍の到着が同じだったようで、急に気温がグンと下がりました。聞けば、ここしばらくは曇天&雨天続き、だいたい5度程度だったそうですが、今は0度周辺、空は晴れていて風が強いです。これからは足元の心配は不要のようですが、本気の防寒対策をして出かける必要があるようです。

どこへいっても冬本番、みなさま、お変わりありませんようにご自愛ください☆

Shopping Mall in Varna

PhotoGrid_1450026866229ブルガリアはヴァルナの2大ショッピングモール、Grand Mall Mall Varna のご紹介です。

この二つのモールは、ヴァルナの中心部、かなり大きな墓地を挟む立地でそびえています。いつも車でアクセスしてるので、地図を見て初めて知りました…。場所はさておき、クリスマスを控えたこの時期、ツリーをかざってサンタと写真を撮ろうイベントを企画して、というのは、どこでも共通、キラキラしています。

2つを比較すると、Grand Mall の方が大きくて新しいです。人の入りも多少比例するような。。どちらのモールも映画館を備えていますが、この度はGrand Mall のシネコンで「007 SPECTRE」をみてきました。原語版ながら、ブルガリア語字幕付き、ところどころの英語以外の言語もブルガリア語字幕で統一されていて、第3言語はムリでした…。そもそも私の英語力もさほどでないので、理解不能箇所多数。それでもさすがは007、楽しめました。いつかは、困惑することなく英語の映画を楽しめる日が来ますように。さて、映画鑑賞のお値段ですが、9レバ(lv)/人。ブルガリア通貨1 lv = 約70円ですから、600円ちょっとで楽しめます。映画フル理解できるまで、通っちゃおうかと思える価格帯です。

PhotoGrid_1450026995988そして映画を楽しんだ後は、ゴハン!サラダとピザとズッキーニのフライ。そしてブルガリアワイン☆ この日は何年かぶりにロゼワインをいただきました。ブルガリアワイン、いまのところ赤白ロゼ、どれをとってもハズレなしです。

さてさて、もう一つのモール、Mall Varnaについて。こちらには、連れの行きつけロシア物産品店「берёза(ベリョーザ)」があるので、しばしば足を運びます。берёзаはロシア語で白樺の意味、連れ曰く、ロシア人の郷愁を誘うコトバなのだそうです。日本人にすると、富士山とかサクラとかいったものでしょうか。お店には、ウォッカ、キャビア、ペリメニ、クワス等、ロシアのスーパーで見かけたもの、食材メインでいろいろ。東京にも北海道ショップとかあるのと同じだよ、と説明されましたが、ところ変わればそういう見解のようです。言語こそ似通っていても、国も通貨の差も越えて、実現されているマーケットには、あらためて感心しました。

Christmas Decoration in Varna

PhotoGrid_1449578001727さすが12月とあって、ヴァルナの街中もクリスマスのライティングがきれいに施されています。

写真におさめてしまうと、白か青かよくわからない状態ですが、白が基調のところが多いです(色補正しながらご覧ください)。公園の中ほどに、サンタクロースのような風貌のジェット・マロース(マロース爺さん)スネグラーチカ(雪娘)がペアで立っていて、ロシアっぽい!と妙な興奮を覚えました。

ちょっと調べてみると、ブルガリアでは8割がたブルガリア正教会、つまりキリスト教を信仰しているのだそうです。が、一方で、たいていのオーソドックス系とは異なり、カトリックのように12月25日にクリスマスをお祝いするのがならわしのようです。各国の文化・風習は本当にそれぞれのようです。

まだまだ年末までしばらくあるので、街中がどんなふうに盛り上がっていくのか、またはそうでもないのか、見守っていきたいと思います。

 

Christmas Arrangement in Tokyo

PhotoGrid_1447338356307どうやら本日、11月12日(木)は首都圏界隈クリスマス・イルミネーションの点灯スタートだったようです。たまたま立ち寄った丸ビルでは、たまご型のデコレーションとアイススケートリンクがセットアップされていました。この冬のキャラクターは羽生結弦選手のようで、オブジェも座ってます。

調べてみると、リンクのオープンは明日11/13からだそうです。クリスマス当日までのようなので、お時間許す方はこの界隈散策してみてはいかがでしょうか。

聞いた話によれば、この冬の東京ミッドタウン・イルミネーションは、同じく本日11/12~。東芝さん協賛だそうです。

毎月5日に発刊しているメトロガイド、12月号の特集は、「A VERY MERRY XMAS」としゃれてます。首都圏のケーキやイルミネーションがとりあげられていて、見ているだけで、ちょっとお出かけしたくなります。たくさん載っているので、ちょっとしたココロの賑わいに、でかけてみたくなりました☆

Christmas in St. Petersburg

PhotoGrid_1419425829355メリークリスマス!

いよいよサンクトペテルブルグにも冬が来ました。気温が零下10度近くまで下がり、毎晩(昼間も)雪が降り、街中にしっかり雪が積もり始めています。車道こそ除雪されているものの、そのほかは真っ白、白銀の世界です。踏み荒らされていない早朝の景色が(暗いですが)きれいです。一方で除雪された雪山が路肩にでき始めました。そして街中、雪そりを持った奥さんたちをみかけるようにもなりました(子どもを乗せて引っ張るらしい)。

さて、本日のお題は、ロシアのクリスマス。ロシアにおいては、ロシア人をはじめ多くの民族がロシア正教の信徒なこともあり、日本人の考える「12月25日がクリスマス」は当たりません。12月25日はキリスト教国が祝う祭日(グレゴリオ暦に基づく)。ロシア正教のクリスマスは、1月7日。1917年の社会主義革命前のロシアで用いたユリウス暦を重んじてのこととか。クリスマス、お正月、と、バタバタとお祝いしていく日本とは違って、ロシアでは年始(大晦日~新年)を盛大に祝うのが通常なのだそうです。夜通しガッツリ飲み食いするんですって。
街中には12月半ばあたりから、電飾、ツリー、サンタの飾りつけ、と普通にクリスマスモードが広がっていくので、カトリック同様と思いきや、サンタはサンタにあらず・・・。サンタの風貌は、ジェット・マロース(厳寒おじいさんの意味)と呼ばれるロシアオリジナルのキャラクター。冬を連れてくる妖精みたいな存在だそうです。この時期、子どもたちにプレゼントを持ってきてくれるあたり、サンタの要素とずいぶんかぶってます。孫娘のスネグラーチカと一緒にいるのも特徴だとか。
クリスマスツリーは、ヨールカと呼ばれ、街中いろんなところで見られます。もちろん年内に限らず、新年を迎えるまで飾られ、クリスマス(1/7)過ぎに徐々に片づけられるのだそうです。そんなこんなで、ロシア語でのメリークリスマスに相当するフレーズは、「新年おめでとう」と書かれているものが多いようです。

smartbandtalkここで、話は転じて自分の話。今年、クリスマスプレゼントでSmartTalk Band SWR30(ソニー製)をもらいました!ルーブル暴落がきっかけ:p。こちら、夫婦でおそろいです。基本的には時計としての利用ですが、目下、専用アプリ「Lifelog」で歩数、睡眠、その他自分の活動時間観察をエンジョイしています。楽しみつつも、スマホにたまった自分の多様な情報をサーバ管理されてしまうことに安易に慣れてしまうことへの違和感を、どう咀嚼したものか、考え中です。。。

参考:マダムリリー「ロシアのクリスマスは何だかスゴイ!」、オソロシ庵「ロシアにいるサンタクロースにそっくりなマロース爺さんを紹介します!

3D art in Tokyo, Shibuya

Shibuya-3D渋谷ヒカリエにて、クリスマス期間イベントの一環でオランダの路上3Dアーティスト、Leon Keer(レオン・ケール)の3Dポップアートが、渋谷Hikarieに出現しました。

B3Fにできあがった絵の実践を2Fでやっている中通りかかりました。ほほぉ~な眺めにしばし釘づけ。平面を立体視にもっていく絵のつくりざま、なかなか面白く拝見しました。

B3Fできあがりには、”View Point”なる写真撮影ポイントが設定されていて、そちらへ行列がしばし。実践中シーンでは、中心点から線を引いて描いているシーンもありました。決められた空間とテーマに対して何をどう描くかって、どう決めて順序立てて進めてるんだろう?とぼんやり疑問を持ちながら、せっせと描くアーティストを眺めるひとときでした。

作成風景って、あんまり眺める機会のない昨今なので、なかなか楽しかったです。

ステキな企画をありがとうございました。