Costa Coffee in Varna, Bulgaria

PhotoGrid_1449577628155ヴァルナでいちばん美味しいコーヒーと連れが言い張るコスタコーヒーのご紹介。

コスタコーヒーUK大手のカフェチェーン店だそうですが、ヴァルナでは老舗ホテル(1978年開業)のインターホテル・チェルノ・モレ Interhotel Cherno Moreの1階にお店を構えています。クッションの効いたソファ席、テラス席もあって、居心地のよい空間です。内装だけでなく、テイクアウト用の紙カップまでクリスマス仕様になって、ちょっと愛らしい雰囲気になっていました。

写真にカップがふたつありますが、ひとつはエスプレッソ、もうひとつはアメリカンMサイズです。エスプレッソの5倍ぐらいあると思いますが、3杯のエスプレッソが入ってるっていってたっけな?コーヒーの味についてウンチク語れるほどの舌を持ち合わせておらず、説明不足ですみませんが、普通においしいコーヒーです。サイトを拝見するとフラットホワイトというコーヒーがピカイチらしいので、今度試してみたいと思います。

ヴァルナにはスターバックスがないようです。個人的には困りませんが、ちょっと意外でした。ブルガリア首都のソフィアには4店舗も展開しているそうです。都市によってのばらつきってあるものだなぁ、と変なところに関心を払ってしまいました。

tea

tea-goodsドイツで暮らすようになって、連れの影響から、お茶を飲んでいます。東京にいる頃は、がぜんコーヒー党だったので、大きな変化です。

お茶と一口に言っても、紅茶・緑茶・日本茶・中国茶など、さまざまで、色も味も異なります。個人的な好みからいうと、ジャスミン茶が好きで、よく飲みます。

過去、日本の文化をたしなむならば、簡単な茶道のイロハくらい学びたい、と、月に一度半年間の計6回、東京ミッドタウンのThe Cover Nipponの茶道ワークショップに通ったことがありました。去年の秋のことだったかと。テーブル着席での、比較的気軽なスタイルでの作法で、超初心者の私には、とても親しみやすいものでした。マスターするには、ハードルが高いことを痛感したものの、美味しいお茶を入れる技術があること、そして、作法に従っていただく「お茶」へのリスペクトと楽しみ方も学びました。気持ちと時間の余裕を持つことの重要性もしかり。

そこから派生して、手に取った本が『一億人の茶道教養講座 (淡交新書) 岡本浩一 』。茶道に興味を持った人、まさに私のような初心者でも、理解しやすく幅広い茶道関連の知識をまとめていて、その頃のマイブームを深めてくれました。

お茶とお花が、花嫁修行の一環のように言われるように、やはり、茶道と聞くと、やまとなでしこの画がうかびがちですが、歴史を紐解くと、鎌倉時代に、栄西が中国から茶の苗木を持ち帰ったところから始まり、茶の湯の作法が確立され、武士など支配階級が愛好していた様子がうかがえます。お茶を楽しむことが、特に殿方の手によって、文化として発展していった事実そのものが興味深いです。

ワークショップを通じて初級者程度になったものの、茶道の作法については、いまだ礼儀作法の観点で敷居の高いものを感じます。簡単なお茶道具一式持ってきたのに、眠りっぱなしです。そんな一方で、街のお茶屋さん(無論、紅茶等の茶葉を売る店です)では、どこでも茶筅や抹茶茶碗など茶道具を置いています。ドイツでも消えない需要があるんでしょうか、わかりません。

思い出したかのように、あらためてお茶のまねごとから始める、いい機会かもしれません。ん、抹茶の再手配からかも・・・

後日編集)

日本では、お茶について、日本茶、紅茶、中国茶とが、別々に専門店として存在することを思い出しました。一方、ドイツでは、すべてのお茶を専門店で一括に扱っています。よって、日本の茶道具もついでで扱っているのかもしれません。とはいえ、たいへん特殊な飲み方である抹茶を楽しむ茶道具を、ついでとしてながらも、そろえてしまうほどに、抹茶文化がジワジワと浸透しているようで、面白いです。