The mosaics museum in Devnya

PhotoGrid_1455272159205ヴァルナから車で30分ほどのデブニャ市 Девня にあるモザイク博物館 Музей на мозайките を訪れました。なにげにデブニャ市庁舎の目の前にあります。

古代ローマ時代、紀元前3-4世紀の邸宅跡らしい遺跡を守るように博物館が建っています。よって、展示内容物としては、それほど大量ではないものの、発掘された姿が状態良く残されている点、それをかなり間近に見ることができる点で、優良な博物館と思われます。

ここでもまた館内カメラに×がついていましたが、パシャパシャしてしまいました。すみません。

ポスターにも使っているメデューサのモザイクは、それほど発色はよくないものの、かなりきれいに見ることができました。写真用に濡らして撮影したそうで、なるほど発色がいいわけです。メデューサの他にもゼウス、ガニメデといったギリシャ・ローマ神話に登場するキャラクタが描かれています。神話や歴史に詳しくないと、名前聞いたことあるかも~くらいでスルーしがち。知識は多い方がなにごとも倍以上に楽しめるだろうと思います。

こちらの博物館、メインのモザイク画については、上から全体像、ヨコからその広さを眺められるように2階層構造につくってあったのが、とても秀逸に感じました。Wikipediaに展示詳細が書かれています(英語です)。

PhotoGrid_1455271699497そして、ヴァルナへの帰り道、Stone Forest (Pobiti Kamani Побити камъни) に立ち寄って写真だけ撮ってきました。13キロ平米の砂原に岩や石の柱が建っている、ちょっと不思議な空間です。遠い昔には海底にあった空間だそう。

一般道に隣接しているので、車でのアクセスは悪くないものの、入口の看板があまり目立たないので、スピードを出して走っていると、見過ごしガチなポイントです。たいへん感じの良いワンコが出迎えてくれましたが、写真のみの目的だったので、ちょっと申し訳ない気分になりました。。

こちら、公道に垂直方向に、かなり深く広がっているようす。多様な形状をヒトや動物などに見立てて写真を撮って過ごすのも楽しそう。気候のいい頃に一日散策へ訪れるのも悪くなさそうです。ただ、夏は日よけスポットが皆無なので、要注意です☆

Festival of the Ethnic groups

PhotoGrid_1453645252618ヴァルナ・モールでイベントがあると聞いて、行ってきました。1月24日(日)1日限りのイベントで、タイトルは«Мозаика этносов»、近隣各地(?)の方々が地元のモノを紹介しあう、民族物産展のような空間でした。モールのサイト情報によれあ、ブルガリア域内の13のグループが参加されているとのこと。

PhotoGrid_1453647499522民族衣装を着飾って、ダンス・歌・楽器の演奏が披露される一方で、食べ物・飲み物・土産物の店も並び、提供者側・参加者側どちらもたくさん、イベント空間は人がごった返していました。

こう寒い日が続くと、モールのように外気をシャットアウトしてくれる空間はありがたく、そんなわけでの人の入りっぷりかな、とも思われるほどの賑わいでした。

PhotoGrid_1453646577409披露していたダンスのいくつかが、適齢期の男女のフィーリングカップル(死語かな…相手探し)みたいなものだったのが、印象深く、同時に興味深かったです。このイベントでは、踊り手さんが衣装を変えて、いろいろ踊っていらしたようですが、地元では今でも大勢で踊る慣習が大切にされているのかな~、とか、フシギな期待を込めて眺めていました。

PhotoGrid_1453647782574地元のテレビ等媒体も参加していたりで、一種、ナンデモ交流会のような風景でした。

一日集中型のイベントだからこそ、ヒトも密集して、中身の濃いイベントにできるのかもしれません。見るからにガイジンだったせいか、あまり話しかけられることもありませんでしたが、いち観光客ながらも、楽しく参加できました。

感謝です!

Wien, Austria

20140802-Wien2014年8月にオーストリア・ウィーンを訪れた際の振り返り旅行記。

一路ブルガリアへ、と進む長い道中の立ち寄りスポットとして往路復路それぞれで一泊しました。

ちょうどFILM FESTIVAL 2014の開催期間中で、市庁舎前に大きなスクリーンと観覧席が設置され、その後ろには、いくつもの屋台が軒を連ね、まさにフードコート状態。夏の日差しに恵まれる中、レストラン要らずな空間が広がっていました。夜に立ち寄った際には、オペラを上映中、真っ暗な空間にスクリーンの映像と大音量の音楽、静かに見入る観客に、さすが音楽の国!と関心しました。

さて、市庁舎を過ぎると、そこから広い庭を挟んでHofburg(王宮)、美術史博物館が続いていきます。Hofburgは、扇状にひろがった建物で、13世紀から増改築が重ねられ、今や約2,000の部屋があるそうです。中に入れば、屋内装飾や数々の貴重品たちを見れるそうですが、今回は時間切れで省略。とはいえ、美しい建物を大切にした景観が、絶え間なく展開していて、ウィーンの街歩きには飽きることがありません。ちょっと歩いてみただけで、一気に好きな街にランクインしました。

たいていの街の見どころ&繁華街は、旧市街の城壁だった「リング」と呼ばれる環状道路の中にあるので、観光しやすいのもありがたいポイントです。そして、リングの中央にステファン寺院がそびえています。こちらは、地下に歴代皇帝の内臓が眠るゴシック寺院だそうで、屋根のモザイクがたいへん美しかったです。

20140809-Wienリングから外れて、ひとつだけ訪れたのが、ベルヴェデーレ宮殿 Belvedere Palace。対トルコ戦の英雄オイゲン公の夏の離宮として18世紀に建てられた、上宮と下宮からなるバロックの代表建築だとか。どうしてもクリムトのコレクションが見たくて、上宮だけ訪ねました。クリムトの画って、土産品やその他、いろんなところにコラージュされていますが、オリジナルがどんなサイズなのか、たいへん興味があったので。そして実物、特に「接吻」、意外に大きくて驚きました。クリムトの画だけを集めた部屋だからなのか、ちょっとエキゾチックなため息が出そうな、独特の空気感のある部屋でした。面白いことに、クリムトの部屋だけ、厳重にカメラ禁止の規制(監視)がありました。不思議なものです。

さらにたまたま訪れた夜が、Hard Rock Cafe VIENNAの開店初日でした。お祝い気分に便乗して初日の空間をエンジョイさせてもらいました。この夜にゲットした、Hard Rockパイントグラス、現在も大活躍中です。