Christmas in St-Petersburg

PhotoGrid_1451212263135年末年始の休暇を過ごすべく、連れの実家 ロシア・サンクトペテルブルクへやってきました。

ヴァルナに比べて5~10度ほど気温が低く、何より日照時間が短いことに驚いています。朝、外が明るくなるのが9時半過ぎですから。夕方4時半にはほとんど暗いです。

ヴァルナでは12月25日のクリスマスを祝うべく、街中がにぎわっていましたが、ロシアのクリスマスは1月7日。クリスマスよりも、新しい年、2016年が来ることを祝うべく、街の中心部周辺は、いたるところで電飾が飾られて、キラキラしていてたいへん美しいです。クリスマスツリーやサンタ風のジェットマロース、雪だるま等がある一方で、ところどころに来年の干支のサルが飾られたりしているところが、おもしろいです。寒さをカクゴして、ちょっと街へ出かけてみたくなります。

PhotoGrid_1451212081379やはり、ネフスキー大通りがいちばんきらびやかです。通りをまたぐように掛けられた電飾、街灯の電飾、通り沿いの建物の電飾、ただただ通りを歩いているだけで、ワクワクします。

どうやら私たちの到着と冬将軍の到着が同じだったようで、急に気温がグンと下がりました。聞けば、ここしばらくは曇天&雨天続き、だいたい5度程度だったそうですが、今は0度周辺、空は晴れていて風が強いです。これからは足元の心配は不要のようですが、本気の防寒対策をして出かける必要があるようです。

どこへいっても冬本番、みなさま、お変わりありませんようにご自愛ください☆

Nevsky Prospect

PhotoGrid_1434051327506ロシア、サンクトペテルブルグの目抜き通り、ネフスキー大通り(Не́вский проспе́кт)を紹介します。

ロシア語で「ネフスキー」は「ネヴァ川の」という意味で、ネヴァ川に沿ってまっすぐ延びています。また、ネフスキー大通りを散歩しているとネヴァ川の支流の川をいくつも見ることができます。サンクトペテルブルクは「北のヴェネチア」と呼ばれるのだとか。

もともとピョートル大帝の命でつくられたものだそうで、現在はエルミタージュ美術館近くの旧海軍省、アレクサンドロフスキー公園からモスクワ駅のある蜂起広場(Ploshad Vosstaniya)を経て、アレクサンドル・ネフスキー大修道院に至るまで、全長4.5km。1番地から192番地まで通りの左右へ偶数番地と奇数番地に分かれて並んでいます。その中でも観光のメインとなるのは、旧海軍省からモスクワ鉄道駅までの約2kmほど。歩ける距離です☆ 四季を問わず、いつ訪れても、ひとでいっぱいです。いまは白夜中なので、24時間といっても不思議ないくらいかもしれません。

ネフスキー大通りの観光スポットをいくつか(写真にあるものです):

血の上の救世主教会 Church of Our Savior on Spilled Blood 外壁とドーム屋根がポップで愛らしい、見たら写真を撮りたくなる教会です。教会自体は通りから離れていますが、通りから川と一緒のショットが撮れます。

・ドム・クニーギ アール・ヌーヴォー様式の美しい建物の本屋さん。絵はがきやお土産も売っています。2階にЗингерь(Singer)というカフェがあって、ここからのお向かい「カザン大聖堂 Kazan Cathedral」の眺めが抜群です。

PhotoGrid_1433506332311ゴスチーヌィイ・ドヴォール(Гостиный двор) “Gostiny Dvor” 18世紀のショッピングセンター、土産物、ブランドショップ、衣服・アクセサリー、飲食、いろいろ。ぶらぶらするにはもってこいの空間。モチモチしたドーナツみたいな пышкы (ピィーシュキ)という格安!スイーツやさんあって時間を忘れる空間です。2階建てです。お向かいには、パサージュ百貨店(The Passage)もあって、この界隈は濃いです、ご注意ください。

PhotoGrid_1433876794765エリセーエフスキー商店 Eliseevskiy 美しい外観と内装をもった高級食料品店。店内中央にパイナップルがあり、そのまわりがカフェテーブルというアレンジ。ウキウキする空間です。 この店の脇道「マーラヤ・サドーヴァヤ通り」は、歩行者専用通りで、銅像がいくつかあって、観光客を楽しませています。

アニチコフ橋 The Anichkov bridge ファンタンカ川にかかる橋で、4つの馬の銅像があります。この銅像を作った彫刻家の名前「アニチコフ」が橋の名前なんだそうです。

ストックマン stockman モスクワ駅の目の前にあるフィンランド資本のデパート。地下には大きなスーパーマーケットがあり、輸入食材も豊富なので滞在中の食料品調達などが可能。上階にはフードコートもあって、買い物好きの方なら、時間を忘れること必至です。ネフスキー通りを若干外れますが、近くに「ガレリア Garelia」もあるので、買い物には困らないかと。

力いっぱいネフスキー大通りの宣伝をしてしまいましたが、よかったら、ぜひサンクトペテルブルグをたずねてみてください。いろんな新しい発見があることをお約束します!