the 50th Anniversary of the Yamatane Museum of Art

PhotoGrid_1470907960776広尾にある山種美術館をたずねてきました。

ただいま開館50周年記念の特別展第3弾、「江戸絵画への視線ー岩佐又兵衛から江戸琳派へー」のテーマで江戸時代作品の山種コレクションの選りすぐりを展示しています。会期は今月8月21日までです。

山種常連さんであれば、見たことあるな~的な作品がちらほらしています。が、山種美術館ならでは、作家・作品それぞれについてのしっかりした解説のサポートがあり、展示会トータルとして楽しむことができます。ここが、こちらの美術館の味わい深いところと思います。きもの割引(団体割200円引きです)があるのも魅力です☆

今回は、会場内4点の屏風の写真撮影がOKとのことでしたので、撮影してきました。とはいえガラスの中なので、キレイに撮るのは難しかったです(映り込み複数…)。若冲好きですが、「伏見人形図」は何度も見たなの感ありでして。今回展示では、上村松園《蛍》が気に入りました。蚊帳を張る中ホタルをみつめる女性の空気感が秀逸でした。

詳しくないながら、美術鑑賞は楽しいです。暑い日差しの中も、足を運ぶ価値のある時間です。

PhotoGrid_1470908115544そして、アタマを使った後は山種美術館~恵比寿駅の中ほどにあるビストロ・シロにてランチ。魚介が得意のビストロで、山種美術館を訪れるたびに、よく訪れています。今回は3人で訪れたので、3人前のお皿をバシバシ写真撮影。おいしそうなコラージュができあがりました。

PhotoGrid_1470908171456山の日、祝日の今日は、ちょっとリッチなランチコース。付け出し的なスープにはじまり、前菜(4種から選ぶ)、メイン(7種から選ぶ)、デザート(2種から選ぶ)、コーヒーor紅茶です。パンがついてきます。お値段はメインディッシュ依存。機会があれば、ブイヤベース(2人前~)を頼んでみたくなりました。

ドリンクは特段オーダーしなかったので、さわやかな香りのジャスミン茶をご提供いただきました。フレーバーティーはあまり得意でないですが、こちらは何杯もいただいてしまいました。

どちらのお皿もたいへん美味しく、お腹いっぱい楽しみました。

街路樹の中に、ちらほらと夏のお花が咲いていたので記念撮影。名前のわからないお花が多数ですが、可愛らしくてほのぼのしました。

Soba Godai, Komazawa, Tokyo

PhotoGrid_1457251257824駒沢のお蕎麦やさん「五大」へランチに訪れました。駒沢大学駅と桜新町駅、どちらからも10分弱の距離のようです。

1Fにある蕎麦打ち空間を眺めつつ、階段をあがった2Fが食事スペースです。ディナータイムは炭火焼メニューもあるようで、店内各机には、炭火焼用の煙突(?)がついています。

蕎麦は自家製粉の手打ち江戸前そば。ランチは日替わり88円から、定食的セットにそば(or うどん)がついてきます。単品そばには、つけ汁各種から選びます。いずれもお腹いっぱい美味しくいただけます。

ちょっと洒落た雰囲気の内装、ディナータイムは香ばしいかおりも交えてステキな飲ん処になりそうです。

こちら五大がおさまったビル、1Fからかき氷オイスターラーメン、2Fそば、3F焼肉と各種食事の楽しめる空間です。

Plum-grove park, Okurayama, Yokohama

PhotoGrid_1456485011453ひと足のばして梅見にでかけてきました。行先は大倉山公園の梅林です。

大倉山の駅から急な坂をのぼった先にそびえる大倉山記念館を過ぎた先に広がる梅園には、青空のもと、お弁当持参で梅見になごむ方々がたくさんでした。一緒にほのぼのと梅見を楽しみました。今週末はこちらで「大倉山観梅会」が開催されるそうです。

大倉山公園梅林には、32種類、約200本の梅の木があるそうで、ただいま見ごろです。こちらの梅林は昭和6年公開、当初は東急電鉄が東横線を開通した直後の乗客誘致目的の空間だったそうです。最盛期の昭和12年ころには白梅を中心に14種1000を超える梅林だったとか。昭和62年に現在の梅林の大部分を売却された横浜市が整備を行い、いまに至るとのこと。

PhotoGrid_1456482037884せっかくなので、大倉山駅界隈で食べ処さがしの後、 トラットリア ピッツェリア ピレウス Pireus でランチをいただきました。石窯でピザを焼いてくださるステキなお店です。

ランチBコース 1500円(サラダ・前菜盛り合わせ・ピザorパスタ・ドルチェ・コーヒー)。3人でいただいたので、メインのピザ・パスタをシェア。お店にしらすのピザが秀逸♪

前菜盛り合わせ、いろんなものをちょっとずつ、こういうのってゼイタクだとつくづく思います。そして、メニューを自分で読める&わかるってシンプルに嬉しいです。

十二分にお腹いっぱいになりました。美味しかったです。ありがとうございます☆ ぜいたくに楽しめた一日でした。

MAREDO, Frankfurt, Germany

PhotoGrid_1455909762323フランクフルト食事どころ紹介、ステーキハウスのMAREDOです。ドイツに来たのにシュニッツェル Schnitzel をまだ食べてない!と気が付いたので、ステーキハウスに入って、シュニッツェルを注文しました。

シュニッツェルは要するにカツレツです。が、とんかつとは食感が違うし、「ビールとシュニッツェル」という絵面を体験したかったというのが、正直なところです。

期待を裏切ることなく、どっかり2枚のシュニッツェルと山もりポテトがやってきました。メニューには300 g と書き添えてありましたが、きっと肉の重さなのでしょう。若ければ、わーいと喜んだところですが、近ごろは、若干ため息が出るようになりました。

仕上げにアプフェルシュトルーデル Apfelstrudel まで注文してしまったのは、やり過ぎですが、バニラアイスと甘くないホイップクリームが添えてあって、こちらも食べ応え満点でした。

MAREDOはフランクフルトセンターの目抜き通りに2店舗あります。赤い看板で目立つので、ステーキモードのお腹具合の折には、ぜひ訪れてみてください。

PhotoGrid_1455910037823おまけにショッピングモールMy Zeil でやっていた #welovefrankfurt の紹介。フランクフルトを撮ったフォトコンだそうです。サイトはこちら

性分から写真を撮る方ではありますが、構図とか撮り方を学んだ方がよいのかな、と、こういう時に考えることがあります。先延ばしにしがちです…

Wurzburg, Germany

PhotoGrid_1455623759563ドイツ・ヴュルツブルグ Würzburg を訪れた備忘録です。フランクフルトから車で1時間程度でアクセスできるマイン川沿いの街で、Wikipediaによれば、ロマンチック街道 Romantische Straße の起点、フランケンワイン世界遺産レジデンツ Würzburger Residenz を有することで有名だそうです。日本人としては、鎖国中に医師として活躍したシーボルトの生誕地と聞いた方が親しみがわくかもしれません。実際、こちらの観光ガイド日本語版は、シーボルトが案内する手書きの絵入りで構成されていました。

街そのものは比較的こじんまりとしていますが、大司教の邸宅レジデンツ、たくさんのきれいな教会、丘の上には要塞、あちこちに広がるブドウ畑、と、目に美しい愛らしい街でした。

PhotoGrid_1455620194930せっかくなので世界遺産訪問と、レジデンツへ(€7.5/人)。ちょうど始まったガイドツアーへ合流、ガイドツアーでないと入れないエリア(部屋)があります。通常は鍵がかけられています。こちらの建物、第二次大戦で大方焼けてしまって、今は修復したものが大半らしいですが、タペストリーや調度品などは焼けずに残ったオリジナルだそうで、なるほど豪勢な見栄えのものばかりでした。修復作業の写真なども飾られていて、かなりの時間と労力を注いで仕上げた今の姿であることがうかがえました。

wuerzburg-treppe-small中での写真NGなので、圧巻の天井画を観光サイトから引っ張ってきました(ご参考まで)。約 20 x 30 m の本当に大きなフレスコ画で、4つの世界を表してるのだとか。当時の画家が想像力を駆使して描いたものも複数あるとかで、興味深く拝見しました。出口方面から入れる教会も、内装がたいへん雅なので、訪れた際にはぜひのぞいてみることをおススメします。庭園は常時無料で入れるようです。暖かい季節には、彩も美しく単に散策だけでも楽しめそうでした。

PhotoGrid_1455624245008おまけの食事どころ紹介。パンケーキが食べれるお店 Martinz です。夕飯時間に訪れましたが、朝食時間から深夜まで営業しているらしい、ステキでオシャレな空間です。カマンベールのパンケーキとフランケンワインを楽しみました☆

お向かいにSUMO SUSHI BARという名の回転すし屋さんがあって、興味深く外からのぞきました。どこでもスシは有名なのを、あらためて実感します。

Facebook: Martinz

Bratwurstherzl, Munich, Germany

PhotoGrid_1455546147769ミュンヘン訪問時の食事どころ紹介ふたたび。今日はヴィクトリアンマルクト Viktualienmarkt の中にある Bratwurstherzl 。「焼いたソーセージ・ハート」みたいな意味だそう、お店のロゴにハートが入ってるのがポイント。Hacker-Pschorr ハッカープショールを置いてる=飲めるのが理由でのチョイスです。

昨晩いただいたSPATEN と Hacker-Pschorr ならば、Hacker-Pschorr の方がコクがあって好みの味わいです。ビールひとつが500 mlで提供されるので、ランチのこの折は1杯でおしまい。おかずはソーセージ以外、と、豚の舌に挑戦したのは冒険しすぎでした。コンソメでよく煮てありますが、それでも臭みが若干、マスタード大盛りでいただきました。店名を尊重してソーセージをいただくのがベストです。ハート形のかわいいお皿に盛られて供されます。

こちらのお店、写真付き&複数語(日本語はありません)でメニューを扱っていて、オーダーがたいへん楽でした。こういう点が、さすが観光地です。

Spatenhaus an der Oper, Munich, Germany

PhotoGrid_1455520740025ドイツ・ミュンヘンを訪れています。例によって食事どころ紹介。

ミュンヘンの6大ビール醸造所のひとつであるシュパテン SPATEN のビアハウス Spatenhaus を訪れました。オペラのすぐお向かいにあります。ビアホールっぽさ控えめの、レストラン的な空気感がただよう空間です。SPATENは、ピルス1本のラインアップを誇っているそうで、辛口すっきり系の透き通ったビールです。シャベルのロゴが目印。ただ、ビールメニューに、Franziskaner (ヴァイスビール)と Loewnbraeu も掲載あり。2杯目はSpten-Franziskaner Hefe-Weisbier をチョイス。2杯で合計1リットル。ソーセージの盛り合わせをつまみに、当然ながら満腹になりました。

PhotoGrid_1455521006741メニューからうかがえたビール会社事情に興味を覚えてちょっと検索したところ、こんな一文を発見(ビール好きのためのミュンヘン ビール&パブ ガイド より)

ちなみに、Paulaner と Hacker-Pschorr はグループ会社でオランダのハイネケン傘下、Spaten-Franziskaner と Loewnbraeu もグループ会社でこれらはつい最近(2003年9月)ベルギーのインターブルーに買収されました。Hofbraeu はバイエルン州所有、Augustiner は今やミュンヘンで唯一の独立したファミリーブルワリーです。

美味しいビールを楽しみ続ける中にも、オトナの事情が見え隠れするものだなと、わけのわからないことを覚えた夜でした。

The Sea Terrace, Varna, Bulgaria

PhotoGrid_1455035115856ヴァルナのビーチ沿い、センターからのアクセスが抜群な展望付レストラン「The Sea Terrace」のご紹介。

建物自体は古くからあるようで、改装して今はレストランとして営業しているようす。入口はホール状になっていて、1920年、90年以上昔のヴァルナの姿をおさめた写真が飾られています。もちろん夏の写真ですが、ハンパない人の賑わいだった日々がうかがえます。レストランはホールの階段をのぼった2階です。

PhotoGrid_1455034817062屋内部は水色を基調にした内装で、さわやかな雰囲気、水色のグランドピアノも置いてます。そのまま展望デッキ部につながっているので、潮風を楽しみながら食事・お茶を楽しむこともできます。この日はお茶メインでの訪問なので、お茶とデザートのみ。ぽかぽかの陽気を浴びつつ、甘いひと時を楽しみました。

他の席では、時期外れながらムール貝を楽しんでいる方々も見えました。黒海名物ムール貝は夏が旬なのだとか。季節外れでも、ポットに盛られた貝の山は、魅力に映ります。少し北に行ったDobrudzhaには、ムール貝を養殖しているところもあるようで…。まだまだヴァルナのお楽しみがたくさん待っているようです。

Facebook: The Sea Terrace

Fratelli, Varna, Bulgaria

PhotoGrid_1454876602548ブルガリア・ヴァルナの食事どころ紹介ふたたび。今日はイタリアン・ファミリーレストラン「Fratelli」です。

パスタやピザ各種も置いていますが、この度はイタリアンから離れたお料理を複数チョイス。ブルガリアのサラダといえばの「ショプスカサラダ」。夏に好んでいただくサラダ「スネジャンカ」も試しました。スネジャンカは白雪姫という意味だそうで、ヨーグルト由来の白さからその名がついているそうです。昨今、日本でも水切りヨーグルトが流行っているようですから、日本でも白雪姫サラダ(スネジャンカ)が流行るかもしれません。

そして、この度こちらで初めて、ブルガリアの固有種(ブドウ)Mavrud のワインをいただきました。Todoroff という、ホテル併設のワインセラーをもったワイナリーのものです。赤黒い色味で、タンニンが効いた濃い味わいながら、後味すっきりの飲みやすい赤ワインです。これまで Cabernet Sauvignon や Merlot といったおなじみの品種のワインばかり手にしてきましたが、こういう冒険もしてみるべきだと反省。美味しい学びでした☆

今回のネタ検索で出会った Radev Trade.com カナダ西部にブルガリアワインを卸しているブルガリア出身のご家族で営む企業だそうです。ブルガリアワインに関する情報が豊富です(英語のみ)。ブルガリアのワイナリー情報(サイト情報込)もそろっているので、ブルガリアを訪問してワイナリー巡りを計画する際には、大いに参考にできると思います。個人的にもそんな日が早く来ることを期待します!

Bodega, Varna, Bulgaria

PhotoGrid_1454450985569ブルガリアのスペイン料理レストラン「Bodega」の紹介。先に紹介したFestival and Congress Center の目の前にあります。街の中心部でアクセスのいい立地のせいもあり、夏は観光客でたいへんにぎわうそうです。

外から見た店構えはスペイン料理とわかりづらいところですが、内装はまずまず。フラメンコ衣装の女性の絵がかけられていたり、ハムがぶらさがっていたり、ギターがあったり。メニューのアタマにタパスがいろいろ。メニューの表記もブルガリア語・英語併記で写真つきとたいへん親切で助かります。

勢いに任せてタパスを色々、カヴァで乾杯。完食できないほどにお腹いっぱい美味しく楽しみました。

Bodega は、スペイン語でワイン醸造所やワインセラーの意味があるそうです。が、ニューヨークでは、ラテン系の方が営む街角デリを意味するとか。こちらヴァルナのお店はニューヨーク語源ではなさそうです。

Facebook: Bodega