spring is coming

PhotoGrid_1454781238108ちょっと散歩にでかけたところ、海辺の公園で桜に似たような花が咲いているのを見つけました。たったの1本だけですが、このところ15度を超える日が数日続いたり、また5度まで下がったりと三寒四温のような日々の繰り返しが、春を徐々に招いてくれているようです。はたまたネコヤナギ(?)のようなぷっくりした花芽をたわわに抱えた枝もみつけ、まだまだ2月が始まったばかりで気が早いようですが、春を待つ楽しみを感じるこの頃です。

PhotoGrid_1454781386213そんな今日、私が毎日のように眺めている海鳥たちを間近で観察する機会があったので、写真におさめたうえで調べてみました。カモメっていろんな種類がいるんですね。

ウミネコとカモメの違い(海と写真とウェブログと より)

主なカモメの見分け方

ひと通り眺めて、アシの色とくちばしの色から判別するのがポイントと学習。したものの、日本にはいない色のコンビネーションだと気が付き、アシ・くちばし黄色とくちばしの赤い点から、キアシセグロカモメ(黒海に生息というので確信)と判明。さらに、若干茶色を帯びた黒いくちばしのコは誰?と思うと、こちら、同じセグロカモメながら成鳥前の冬羽バージョンだそうです(ミツユビカモメと仲間たち より)。世の中いろいろ観察してウェブ共有してくださる方がたくさんいらして助かります。勉強になります。サイズは成鳥と同じなので、けっこう大きいので、コドモだったのか…と、逆にびっくりです。ただ、成鳥だけが、遠出して海岸から徒歩20分程度のエリアにも飛んできてるので、そういうことかと今さら納得。

さて、ちょいちょい不定期に書き続けているこちらのブログも、ようやく200ネタつもりました。いつも読んでくださっている皆さまに、ここであらためて感謝の気持ちをお伝えしたく。どうもありがとうございます。引き続きお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

Roadwork in Varna, Bulgaria

PhotoGrid_1449432857374ブルガリア ヴァルナの街、シーズンオフのせいなのか、年末だからなのか、街中のいたる所で工事が進行中です。

目下、自転車専用道路を設置しようとしているそうで、歩行者用ゾーンの一部を掘り返して自転車用の舗装を整えています。少し残念なことに、あまり計画的に進んでいるようには思われず、ところによって巾50センチ程度だったり、1メートル程度だったり、直線に延びてると思えば途中からグネグネだったりと、眺めていておもしろい状況になっています。

そして、街中をネコ、イヌ、カモメ、その他ハトやらカラスやらがうろうろしているので、舗装のコンクリにも足跡がくっきり残るしまつ。なんだかのんびりとした空気感が伝わるでしょうか。

PhotoGrid_1449580346071街中のネコちゃんたちを、見つけ次第かたっぱしから写真におさめてみたところ、あっという間にこれだけ集まりました。たいてい最初は警戒した視線を投げてますが、その後こちらが撮りなおしたりで敵意のないことを認めると、寄ってくるコもいました。

犬については、野良犬?と思われるほどに、街中をふらふらしていたり、道路脇で眠っていたりする姿をみかけますが、なにげに耳にクリップをつけていて、きちんと登録されているコばかりなのだそうです。きちんと飼い主につれられて散歩する犬も多々見かける一方で、この自由奔放ぶりは、どんな飼い方なんだろう、と首をかしげるばかりです。

そして、ビーチから徒歩30分ほど離れている街中でも、カモメが飛び交う様は、なかなかユニークです。東京でみかけるカラスと同じかもう少し大きいかもくらいの大きさですが、翼が白いだけで、カラスに対する感覚よりも好意的な感情を覚えるのは、不思議なものです。