Prague, Czech Republic.

prague20142014年5月に訪れた振り返り旅行記。
チェコの首都プラハ、古い街並み、建物がたくさんで、中世ヨーロッパに迷い込んだような感覚を楽しめる、これでもかというほどに美しくて魅力的な街です。2泊したものの、観光時間実質1日だったせいか、記憶が凝縮されて、たいへんお気に入りの街にエントリーしています。

プラハは、千年の歴史を持つ都市であり、第一次・第二次世界大戦の被害にも、また、その後の資本主義の高度経済成長にも巻き込まれなかったことで、ロマネスク建築から近代建築まで各時代の建築様式が並ぶ「ヨーロッパの建築博物館の街」になり、ユネスコの世界遺産にも登録されている(Wikipediaより) そうです。

プラハ城Prazsky hradとカレル橋Charles Bridge と旧市庁舎、メジャーポイントを踏破。モルダウ川(←ドイツ語/チェコ語:ヴルタヴァ川)を挟んで両方の高い塔から、街の眺望を堪能しました。赤茶色で統一された家並みが整然と見えて美しく、ため息ものです。城内の聖ヴィート大聖堂St. Vitus Cathedralの塔は、287段のらせん階段からなっています(城に入るのは無料、聖堂は有料)。一方の旧市庁舎の塔内(有料)は、エレベーターが設置済です。なお、大聖堂はミュシャのステンドグラスで有名らしいです(未達)。

城に対して川を挟んで向こうの旧市街広場Old Town Square (Staromestske namesti)の一番大きな塔が旧市庁舎です。この壁面に有名な天文時計がついています。1時間ごとにからくり時計が動きます。応じて人垣もできます。広場は、けっこうな広さで、行き交う人だけでなく、大道芸人などもいて、ただただその空間にいるだけでも楽しめます。夕方には、建物がライトアップされるので、また違った味わいのある景観が広がります。

事前学習なしにのぞんだことと、世界史の知識も乏しいことから、ただただ美しい景色にため息をつくばかりでしたが、こうして事後に調べながら旅行記をつづると、けっこういい勉強になります。次に訪れる時に備えて・・・みたいな感覚も手伝って、ちょうどいいです。

なお、プラハでは、Hotel Three Storks という、 14世紀に修道院の醸造所として建てられた歴史ある建物を利用したホテルに滞在しました。大使館などが近隣にあるため、たいへん静かです。内装はモダンに改装されているので、きれいで居心地の良い空間でした。3羽のコウノトリのロゴがホテル内のアメニティはじめ、いろんなところに施されていて愛らしいです。

宿泊も含め、トータルで満喫したプラハ旅行でした。また行きたいと思うほどにおススメです。

Wien, Austria

20140802-Wien2014年8月にオーストリア・ウィーンを訪れた際の振り返り旅行記。

一路ブルガリアへ、と進む長い道中の立ち寄りスポットとして往路復路それぞれで一泊しました。

ちょうどFILM FESTIVAL 2014の開催期間中で、市庁舎前に大きなスクリーンと観覧席が設置され、その後ろには、いくつもの屋台が軒を連ね、まさにフードコート状態。夏の日差しに恵まれる中、レストラン要らずな空間が広がっていました。夜に立ち寄った際には、オペラを上映中、真っ暗な空間にスクリーンの映像と大音量の音楽、静かに見入る観客に、さすが音楽の国!と関心しました。

さて、市庁舎を過ぎると、そこから広い庭を挟んでHofburg(王宮)、美術史博物館が続いていきます。Hofburgは、扇状にひろがった建物で、13世紀から増改築が重ねられ、今や約2,000の部屋があるそうです。中に入れば、屋内装飾や数々の貴重品たちを見れるそうですが、今回は時間切れで省略。とはいえ、美しい建物を大切にした景観が、絶え間なく展開していて、ウィーンの街歩きには飽きることがありません。ちょっと歩いてみただけで、一気に好きな街にランクインしました。

たいていの街の見どころ&繁華街は、旧市街の城壁だった「リング」と呼ばれる環状道路の中にあるので、観光しやすいのもありがたいポイントです。そして、リングの中央にステファン寺院がそびえています。こちらは、地下に歴代皇帝の内臓が眠るゴシック寺院だそうで、屋根のモザイクがたいへん美しかったです。

20140809-Wienリングから外れて、ひとつだけ訪れたのが、ベルヴェデーレ宮殿 Belvedere Palace。対トルコ戦の英雄オイゲン公の夏の離宮として18世紀に建てられた、上宮と下宮からなるバロックの代表建築だとか。どうしてもクリムトのコレクションが見たくて、上宮だけ訪ねました。クリムトの画って、土産品やその他、いろんなところにコラージュされていますが、オリジナルがどんなサイズなのか、たいへん興味があったので。そして実物、特に「接吻」、意外に大きくて驚きました。クリムトの画だけを集めた部屋だからなのか、ちょっとエキゾチックなため息が出そうな、独特の空気感のある部屋でした。面白いことに、クリムトの部屋だけ、厳重にカメラ禁止の規制(監視)がありました。不思議なものです。

さらにたまたま訪れた夜が、Hard Rock Cafe VIENNAの開店初日でした。お祝い気分に便乗して初日の空間をエンジョイさせてもらいました。この夜にゲットした、Hard Rockパイントグラス、現在も大活躍中です。