etc. Moscow

PhotoGrid_1436515786473モスクワ訪問、メイン観光以外のおまけいろいろ。

1.鉄道交通

過去の仕事がらみで注目してしまった鉄道事情。モスクワ空港と市内中心部が適度に離れているので鉄道を利用(後で調べたら、タクシーの方が安いらしい)。観光客用に空港~市街往復+メトロ2回パック券をゲット。外は紙でしたが光にかざすと中の回路が透けて見えました。改札以外に残高(回数?)確認用の端末がホームに置いてありました。サンクトペテルブルグに比べ、モスクワの気温がはるかに高いのがよくわかったのが、メトロの車輛が冷房完備だったこと。車内の電光表示もついていて、豊かなんだな~と無邪気に感心してしまいました。

PhotoGrid_14361015395962. 丸亀製麺

何年も前に、丸亀モスクワオープンのニュースを見た記憶がありましたが、実際店舗に足を運ぶことができました。「釜揚げ」「かけ」「ぶっかけ」&天ぷらあたりの常連メニュー以外に、ラーメン風?と思われる「みそ」「とんこつ」、そして丼もの、スシがメニューに並んでいました。良心価格でお味も通常。ダシに飢えていた自分に気づかされました。すでにモスクワ内5店舗展開中とのこと。さすが首都モスクワです。

そして会計時にビールも購入できます。しかもアサヒが並んでいるのには驚き。街中、割と頻繁にアサヒビールを飲んでる方々がいて、流通事情に感心しました。

PhotoGrid_14365222487923. 貸自転車

個人的に自転車でふらふらするのが好きなので、気に留めたもの。モスクワ市内、けっこうなポイントで貸自転車ネットが敷かれているようです。電話番号を入力すれば比較的簡単に使えるようです。登録作業キライの連れのおかげで利用は断念。1日利用料さえ支払えば、30分都度に上手にポイントで乗り換えついでいけば、かなり格安で移動が可能のよう。使ってみたかった。。。

PhotoGrid_14365164665464. ウズベク料理店 チャイハナNo.1

テラス席も含めてほどよく席が埋まっていて、グルジア料理っぽくておいしそうだったのでトライしたお店ЧАЙХОНА No.1(チャイハナNo.1)。お店オリジナルの食器がかわいくて気に入りました。料理もハズレなしで満足。

PhotoGrid_14365174818255. アルバート通り

赤の広場の北西部に延びる通り。旧アルバート通りと新アルバート通りがある。旧の方は歩行者天国になっていて、音楽、踊り、絵描き、その他パフォーマーと観光客でにぎわっています。歩いていて楽しいです。プーシキンの家があったり、Hard Rock Cafeがあったり。昔の名残の「ドル払いお断り/ルーブル限定」の看板も。が、着ぐるみを着た人は、写真を撮らせて小銭を稼ごうとしているので要注意です。一方の新アルバート通りは、カフェや飲み屋街といった風で、夜のライティングこそきれいで華やかですが、個人的には歩いて楽しい空間ではなかった。。

PhotoGrid_14365253903026. ほかにもいろいろ

この2月末(2015-02-28)に射殺されたロシア野党指導者のネムツォフ氏の追悼ポイント。ロシア国旗、写真や花が飾られ、昼夜問わず、誰かしらが居ます。この橋の名前に彼の名前を入れよう!なんて活動も起こっているのだとか。

この度初めて覚えたロシアの国営通信社 TASS(TASS Russia News Agency イタルタス通信)の本社ビル。連れには、知らなかったことに驚かれました(すみません。。)。ロシア語のSはCと表記するので、看板はTACCになってます。

他にもいろいろと、これは!と思われる写真をパチパチしてきましたが、長くなりすぎたのでこのへんで。

 

along Rhine River

Rhein-River2014とある週末の午後、ランチついでにライン川沿いドライブの旅日記。

地球の歩き方をはじめ、数々の観光ガイドにあるとおり、アルプスから流れ出たライン川は、ドイツを縦断し、オランダのロッテルダムで北海に入るまで、全長1320km。その中流、マインツ~コブレンツ間は古城やハイネの詩にあるローレライ、ブドウ畑などなど、美しい風景を展開しています。ユネスコ世界遺産にも地区として登録されているそう。

10月のこの時期は、気候もいいし、いつもどこかでワインフェスティバルをやっているせいか、高速道路もたいへん渋滞していました。よって、ライン川クルーズの代わりに、川沿いドライブを少し。グーテンベルグ(15世紀活版印刷技術発明者Johannes Gensfleisch)博物館のあるマインツ Mainz にはじまり、ライン川とモーゼル川の合流点、ライン川クルーズ終着点のコブレンツ Koblenz まで。ところどころで教会や古城がそびえ、観光にはもってこいの空間です。

途中、ボッパルト Boppard に立ち寄り、ワインフェスティバルと花火を楽しむことができました!ボッパルトは、ライン川が大きく蛇行するポイントにあり、チェアリフトでその蛇行ぶりを含めたライン川をながめることができるそうです。今回は時間の関係で断念でしたが、次の機会には、ぜひチャレンジしたいです。お祭り中のせいもあって、可愛らしい街並みと、バンドステージや人の賑わいに、ウキウキしました。花火は20分程度ながら、けっこうな迫力で、満喫できました。こちらの花火、21:00開始とたいへん遅くて、地元の方々の体内時計感覚にちょっとした驚きを覚えました。。。

コブレンツは夕方到着だったので、暗がりのみのお楽しみでしたが、川向うの要塞 Festung Ehrenbreitstein のライトアップと、川の合流点ドイチェス・エック Deutsches Eck を眺めながら、観光向きな街並みの散策を楽しみました。コブレンツ、あらためてゆっくり歩いてみたい街です。

途中、たくさんのクルーズ船およびクルーズ客を拝見し、オープンエアも同時に楽しめるクルーズのゆったり時間の楽しみ方も、次のお楽しみとしてリストに入れました。ライン川途中、いろんな街に立ち寄ってくれるので、自身の都合に合わせてアレンジもさまざまできるようなのでお勧めです。川の流れに従って、マインツ→コブレンツ方面でアレンジすべきようです。戻りの足には、鉄道が夜までしっかり走っているので安心です。川沿いの街にもしっかりホテルがあるので、滞在しながらライン川クルーズという計画もOKです。