Transport in St. Petrsburg

Wikipediaによると、サンクトペテルブルグは面積1400平方キロメートル(東京都23区 約700㎢の倍)、人工500万人(2013年時点 福岡県相当)。1703年にピョートル大帝が拓いた人工都市、モスクワに次ぐロシア第二の都市として栄えています。市街中心部を川・運河が縦横に巡る美しい街並みから、「北のヴェネツィア」と称されることもあるそうです。

今日は、そんなサンクトペテルブルグの交通手段についてです。

大まかに街を巡る手段としては、車、タクシー、バス、地下鉄(メトロ)。いわゆる鉄道は街の外へのアクセス用途です。乗用車以外、一般庶民の足は、バスかメトロ(トラムもありますが、未挑戦なので今回は省略☆)。

連れ曰く、東京でいうところのJRがメトロ、地下鉄がバスみたいな感覚だそうです。

バスは街中を縦横無尽に走っています。バス停と必要な路線番号さえ覚えれば、利活用は簡単のようです。ただ、驚くのは時刻表がないこと。5分も待てば次が来るので問題ないですが。。。また、同じ路線番号でも市営と私営のバスがあり、一律ながら運賃も違います。市営は各駅停車。私営は速いのがウリなので、乗車意思表示なければ停車しない徹底ぶり。乗車意思表示は、タクシー同様、バス停で手を挙げます。

metro03metro01
一方のメトロ、市内を5路線70近い駅で運営されています。ひと駅区間は長め、これまた時刻表ナシながら、いい頻度(次は2~3分で来る)で走っています。が、先の列車が去ってからどれだけ経過してるかを、電光掲示でリアルタイムにカウントしてくれてるので、たいへん便利です。意外とせっかちなんでしょうか。。

列車は5両編成くらい?どれも連結部は完全切り離しで、車両間の行き来ができません。走行中に車両間を渡り歩く人はいないのかもしれません。いずれも吊皮なしで、立ってるみなさんは、パイプにつかまります。

metro02サンクトペテルブルグ、川が多いので、地下鉄の駅のホームは、半端なく深いところにあります。駅の改札とホームをつなぐエスカレーターの長いこと。あまりの長さのせいなのか、どこの駅でもホーム側にエスカレーターの運行を見張る女性が座っています。

駅構内は外気から完全に守られているおかげで、たいへんあたたかいです。そして、構成にある程度のスタンダードがあるせいなのか、シンプルキレイ。ホームも広くエスカレーターも長いのに、広告も多くありません。

運賃一律28ルーブル(2014年末時点)でMマークのついたトークンを購入、これを改札に入れる方式。出口では無論検札なし。エスカレーターを上がり切ったら、思い思いの出口に向かいます。通勤ラッシュこそありますが、特に物騒なこともなく、きわめて安定した移動手段のようです。

バスもメトロも、日照時間の長短にかかわらず、早朝から深夜まで、ばっちり稼働しています。かなりあっぱれな働きぶりに驚いています。

若干尻切れ的ではありますが、本日はここまで。

Darmstadt Sights

darmstadt201409

フランクフルト中央駅からSバーンで40分程度でアクセスできるDarmstadt。街の観光案内によると、Research & Science を誇る街だそうです、工科大学が集まっているので当然ではありますが、観光案内で主張されても・・・なので省略。

主だった観光ポイントは、街の中心ルイーゼン広場 Luisenplatzから15分以内に集まっています。Luisenplatzの中心には、高さ39mのルートヴィヒ塔がそびえ、塔の先端には19世紀中頃のヘッセン大公ルードヴィヒ1世像。この広場周辺に、市庁舎・城(現在は博物館)・郵便局・教会・大学と中枢機能があります、ショッピングセンターも然り。このエリアをセンターと呼びます。センターには、常に人がいます。カフェもたくさんあるので、天気の良い日には、テラス席はお茶やビールを傾ける人でいっぱい。センターには、マクドナルドもスターバックスもありますが、ローカルなファストフードやカフェもたくさんあるので、グローバルチェーンに人がたかることはないようです。同じくセンターのスクエアにある、旧市庁舎は、現在ビアホールとして運営され、地ビールを提供するレストランとして地元のみなさんに愛されています。

センターから少し東に行ったところに、芸術家村の中心地 マチルダの丘 Mathildenhoheがあります。まるまった5つ屋根の塔が目印です。こちらは、ヘッセン・ダルムシュタット大公国最後の大公エルンスト・ルードヴィヒが、19世紀末~20世紀初めにドイツ各地から芸術家を招へいし、芸術家村を形成した場所だそうです。塔は、ルードヴィヒ大公とマチルダ妃の結婚記念に建てられたもの(1908)。5つの丸屋根は宣誓時の手がモチーフだとか。この界隈には、招へいされた芸術家たちのアールヌーヴォー様式の家が残っていて、散策に楽しい空間です。

また、センターから北方面に少しあがったところに、フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー設計の集合住宅ヴァルトシュピラーレ Waldspirale があります。ドイツ語で森の渦巻きという意味だそうで、非常にユニークなビジュアルをたたえています。

街ゆく皆さんの交通は、自転車もかなりの数が行き交っていますが、トラムやバスも活用されています。ドイツ語が話せないので、怖くてまだチャレンジしていません。一日乗り放題6ユーロ、2日で9ユーロというチケットがあるようなので、そのうちチャレンジしてみたいと思います。

どんぐりや栗の実が転がっているシーンが当たり前のこの頃、ちょっと歩いて行ける手ごろな公園が近くにあるこの街は、住む人にありがたい空間です。街でいちばん大きな公園は、Herrengarten、お城併設の公園です。公園部は芝生が広がり、ジョギングする人、犬を散歩する人、思い思いの楽しみ方をしています。また、英国式にガーデニングを施した空間もあり、季節の花をめでることができます。