Plum-grove park, Okurayama, Yokohama

PhotoGrid_1456485011453ひと足のばして梅見にでかけてきました。行先は大倉山公園の梅林です。

大倉山の駅から急な坂をのぼった先にそびえる大倉山記念館を過ぎた先に広がる梅園には、青空のもと、お弁当持参で梅見になごむ方々がたくさんでした。一緒にほのぼのと梅見を楽しみました。今週末はこちらで「大倉山観梅会」が開催されるそうです。

大倉山公園梅林には、32種類、約200本の梅の木があるそうで、ただいま見ごろです。こちらの梅林は昭和6年公開、当初は東急電鉄が東横線を開通した直後の乗客誘致目的の空間だったそうです。最盛期の昭和12年ころには白梅を中心に14種1000を超える梅林だったとか。昭和62年に現在の梅林の大部分を売却された横浜市が整備を行い、いまに至るとのこと。

PhotoGrid_1456482037884せっかくなので、大倉山駅界隈で食べ処さがしの後、 トラットリア ピッツェリア ピレウス Pireus でランチをいただきました。石窯でピザを焼いてくださるステキなお店です。

ランチBコース 1500円(サラダ・前菜盛り合わせ・ピザorパスタ・ドルチェ・コーヒー)。3人でいただいたので、メインのピザ・パスタをシェア。お店にしらすのピザが秀逸♪

前菜盛り合わせ、いろんなものをちょっとずつ、こういうのってゼイタクだとつくづく思います。そして、メニューを自分で読める&わかるってシンプルに嬉しいです。

十二分にお腹いっぱいになりました。美味しかったです。ありがとうございます☆ ぜいたくに楽しめた一日でした。

Ume Grove in Ikegami

ikegami_ume2015東京滞在の振り返り。

池上本門寺の一角(大田区が管理する別の敷地です)にある池上梅園を訪問。一昨年リニューアルしたそうで、歩きやすく、花見を楽しみやすい空間になっていました。この度うかがったのは2月27日(金)。入り口に7分咲きの看板あり。十分に楽しめる空間ながら入園料が100円というのもありがたかったです。梅が見ごろの頃だからか、甘酒やお汁粉の販売も行っていて、ちょっと小腹を満たすこともできました。

以下、池上梅園紹介(大田区ホームページ)より引用

池上梅園は丘陵傾斜を利用した庭園で、都内屈指の梅の名所です。園内には30種、紅白約370本の梅が植えられています。
毎年2月から3月にかけて梅の花が見ごろを迎え、可憐な花と春の芳香が楽しめます。
また、珍しい水琴窟やこの季節ならではの雪吊りもご覧いただけます。
平成25年2月に見晴台へつながるデッキが新たに設置され、より梅の花を楽しんでいただきやすくなりました。

それぞれの梅には梅の名前の入った札が下げてあり、ちょっとした勉強にもなりました。梅は香りがあるから余計に楽しいです。梅は大田区の花なのだそうです。大田区生まれの自分には、なにげに初めて知る事実でした。これを機会に、余計に梅に対する愛着が生まれました。