Mt. Mitake

PhotoGrid_1464428478518日露交流協会のイベントに参加して、御岳山(みたけさん)にいってきました。東京都内にある標高929mの山です、長野の御嶽山(おんたけさん)とは違います。

以前、澤井酒造見学に行きましたが、今回はもうひと足伸ばしてみた感じです。JR青梅線の御嶽駅を下車、ケーブルカー(モモンガプリントがあってかわいいです)に乗ってちょっと楽してしまいましたが、七代の滝をみてきました。ここでは自力で、がっつりウォークを楽しみました。

滝を見る前には、齢1000年という神代欅をおがみ、御岳神社をお参りし、長尾平でお昼をいただきました。参道に宿坊がたくさんあることにもおどろきましたが、犬を連れた方々も多くて驚きました。ヤマトタケルのみことの犬を、守り神の「おいぬ様」として祀る神社なのだそうです。神社の狛犬の獅子は、たいへん立派で、ちょっとユニークでした。ちょっと記念写真を撮りたくなる感じ。阿吽のペアなのは普通ですが、凛々しい具合に魅力を感じたのは、山の空気の効果もあるかもしれません。

滝の大きさは、比較的こじんまりしていますが、修験道の滝行にも使われるそうで、神聖な空気感のある美しい空間でした。長尾平から片道30分程度、歩きやすく道がならされて、階段等つくられてはいますが、アップダウンがしっかりしているので、こちらを往復しただけで、十分山歩きをした気分を満喫できました。5月末、ちょっと歩くのには、とてもよい季節です。いい機会に恵まれたことに感謝です。

現在、御岳山でみられる植物は、ビジターセンターサイトで確認することができます。ちょっと見たところアジサイに見える、ガクウツギの白さが、私には絶対的な魅力でした。いい一日を過ごせたことに、あらためて感謝です。

ロシア語学習もっとがんばらなきゃ、というモチベーションもいただきました。がんばります!!!

参考:御岳山散策

Imperial Palace, Tokyo

PhotoGrid_1458985691200この度、皇居の東御苑ガイドいただく機会に恵まれました。

江戸城があった頃、今は皇居庭園として散策できる空間のどのへんが松の廊下でどのへんが大奥だったのか、百人番所が24時間勤務だったこと、石垣の石について、庭園の木々などなど、いろんなトリビアを浴びるようにちょうだいして、すこぶる楽しい時間でした。たいへんクオリティの高いガイドでありがたかったです。そして、桜を愛でることのできるこの時期は、プラスアルファの魅力があるかと。東御苑内、45種の桜が植わっているそうで、かなり長い時間、桜を楽しめる空間なのだそうです。三の丸尚蔵館では、「古典再生」と題した展覧会を開催中。はじまったばかりのところへ訪れることができてラッキーでした。

PhotoGrid_1458984465626せっかく皇居まできたその足で、皇居・桜通り抜け(3/25~3/31)にも行ってきました。ソメイヨシノが多い「坂下門~乾門」、3/26時点では一~二部咲程度で、少し物足りない感ありでしたが、こちらへの訪問は初めてだったので、十二分に楽しめました。坂下門も乾門も、通常OPENしていないので、門そのものや宮内庁庁舎だとか、レア感満載の空間を間近に見れて、楽しかったです。しかし警備がハンパなく厳重でびっくりです。

PhotoGrid_1458985076761乾門を抜けた後は、さらにおまけで千鳥ヶ淵へ。こちらでは千代田さくらまつり開催中(3/25~4/3)。ソメイヨシノはまだまだこれからといった感ありでしたが、すでにお花見モードの空間でした。

ちょうど小腹の空いたタイミングでインド大使館のさくらまつりと称したイベントへ飛び込むことができました。AHILYAの屋台で、チャナパプリチャート(ひよこ豆とインド風クラッカーのおつまみ)とインドビール King Fisherをいただき、飢えをしのぎました。久しぶりのインド料理、美味しかったです。

花より団子ってわけでもないんですが、この締め方はまさしくそういう感じになりますね。花見を理由に出かけて美味しいものにも巡りあうチャンスが増えそうな予感。ウキウキです☆