» travel » Peter and Paul Fortress

Peter and Paul Fortress

PhotoGrid_1436514468962サンクトペテルブルグの中心部、ネヴァ川の中の小さな島にある、ペトロパヴロフスク要塞。ロシア語で「ペトロとパウロの要塞」という意味なので、英語名はPeter and Paul Fortress。いつも外からトンガリを眺めるばかりで、なかなか近づかなかったのですが、ようやく足を踏み入れました。

地図を見れば一目瞭然ですが、五稜郭みたいに星形にトリデが築かれています。トリデの周りに砂浜エリアもあり、トリデの中も建物に入らなければ無料なので、よい散歩ができます。要塞の中、ところどころにウサギの像があります。この要塞は「ウサギ島」とも呼ばれていて、ピョートル大帝が最初に見た動物がウサギだったためだとか?

過去、牢獄として使われた歴史もあるそうですが、今は造幣局もあり、皇帝の眠る背高金色に輝くペトロパヴロフスク聖堂もあり、なかなかの観光名所です。お時間が許せばぜひ散歩コースに組み入れてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です