kawaii

brussels-kawaiiベルギー、ブリュッセルを、一日散策して巡り合った、かわいらしいものたちを写真におさめ、ひとつのコラージュを仕立てました。私の感覚においては、美味しいベルギービールもかわいらしいものの仲間です。

かわいいという言葉、すでにオックスフォード辞書に[kawaii]という英単語として掲載されています。名詞・形容詞どちらでも使えるようです。一方の、かわいいという表現を意味する英単語は、cute, sweet, nice, gentle, charming, darling, precious, lovable, adorable などなど、数々あげられ、状況によって使う単語も変わるようです。なかなか難しいです。

平安中期に活躍した清少納言も、春はあけぼの・・・にはじまる随筆「枕草子」にかわいらしいものをあげていました。以下その冒頭を抜粋:

うつくしきもの。瓜にかぎたるちごの顔。すずめの子の、ねず鳴きするに踊り来る。二つ三つばかりなるちごの、急ぎてはひくる道に、いと小さきちりのありけるを目ざとに見つけて、いとをかしげなる指にとらへて、大人などに見せたる。いとうつくし。頭は尼そぎなるちごの、目に髪のおほえるをかきはやらで、うちかたぶきてものなど見たるも、うつくし。

現代語訳)かわいらしいもの。瓜に書いた幼い子供の顔。すずめの子が、人がねずみの鳴きまねをすると跳ねてやってくること。2、3歳ぐらいの子供が、急いではいはいしながらよってくる途中で、とても小さなほこりがあったのを目ざとく見つけて、とてもかわいらしい指でつかまえて、大人などに見せた様子。髪型をおかっぱにしている子供が、目に髪がかぶさっているのにそれを払いもせず、首を少しかしげて物など見ているのも、かわいらしい。

かわいらしい、という感覚を刺激するツボは、ひとそれぞれだと思います。が、たいてい、視覚から入って、その記憶などともリンクしながら、嬉しい感覚を湧き起こすもの、と、定義できるように思われます。ここについては、時代も国境も、言語のカベも、大きく影響しないのではないでしょうか。日常、かわいらしいものを見つけて、心豊かに過ごしたいものです。

ベルギービールについて備忘録:

MORT SUBITE – LAMBIC: 通常フルーツビールで愛されているビール、A la Mort Subiteで生ビールを楽しめる。LAMBICはフルーツ抜き、若干濁ったブロンド。思いの外甘味が強い。alc. 5.0%

RODENBACH: フルーティというのか、甘味の強い香りのダークカラービール。新旧ビールを混ぜてつくる製法らしい。alc. 5.4%

Tripel Karmeliet: トラピストビール。トリプルならではの、うっすらとした麦の味わいを持ちつつ薫り高いブロンドビール。alc. 8.4%

 

Moules Frites

機会があって、ベルギーに行ってきました。住まいから車で4時間程度でたどり着けるのでmussles、とてもありがたいです。

さて、今が旬だから、というおススメに従って、ムール貝をいただきました。いまやベルギーではムール貝は一年中食べられるそうですが、シーズンは7月中旬からイースターまで。とくに秋から冬(9月~12月ころ)が最もおいしいのだそうです。牡蠣と一緒で、Rのつく時期がベストのようです。なお、ベルギーで食べられているムール貝は、北海産。おもにオランダのゼーラント州(Zeeland)で獲れたものが輸入されているそうです。街を歩いていると、あちこちのレストラン店頭の看板に「Moules」の文字が。白ワイン、クリーム、ビール、カレーなど、基本の蒸し煮スタイルへ、のせる味付けをチョイスできます。

今回は、縁あって、ベルギー在住のお友だちのお宅を訪問、そちらでポットいっぱいのムール貝をごちそうになりました。セロリや玉ねぎなどの香味野菜で蒸し煮にした、スタンダードなもの。基本1~1.5キロ1人前なんだそうです。貝の重みはあるものの、正味どれくらいなんでしょう。。。付け合わせには、アツアツのフライドポテト。マヨネーズをつけていただくのがベルギー風だそうで、至極贅沢です。そしてお供には白ワイン、笑顔がこぼれます。

地元の人の食べ方お作法も教わりました。身をとったムール貝の殻を使います。右手に殻、左手にムール貝を持って、ピンセットを使う要領でつまみあげて食べます。終わったら殻をどんどん重ねます。シルバー要らず、片づけ上手、食べ方の工夫も要領がよく、冴えてます。むっちりしたムール貝、お腹いっぱいいただきました。ごちそうさまでした!!!